「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

信州広域小旅・part6.2 


この1ヶ月なんやかんやとありまして、、またもがっちり更新空いてしまいました
長く引っ張って来た信州広域小旅の締めがまだ残っていましたので、そこからまず押さえておこうと思います


小旅の最終日、下伊那での山中探索からですね

展望開けた下栗の里、お昼は上村謹製の揚げパンとコーヒー
信州広域小旅

下栗の里、そろりと辺りを歩いてみると茶畑もやっていましたし
信州広域小旅

蜂蜜もやっていました、、狭小傾斜地ながらなんでもやっていそうです
信州広域小旅

ここは「東洋のチロル」なのだそうですが、ワタシにはネパールそのものとしか思えませんでしたよ

地産ものだけを提供する良さげな食堂には次回寄ってみましょう
信州広域小旅

南アルプス最南端にある3000m峰聖岳がカタチ良く望めるのもここの楽しみ
信州広域小旅

付近には超の付く展望景勝地が点在していますが、、そのひとつが「しらびそ峠」
信州広域小旅

望む景色は南アルプスの兎岳、大沢岳を中心に据えて
信州広域小旅

3000m峰の荒川岳も頭をのぞかせています
信州広域小旅

にしてもこの日は本当によく展望が利きました
この辺りは幾度も描きに来てますが、これだけクリアで抜けよく見えたのは初めてかもしれません

時にガスが抜けるのを待って数日テント泊待機することもありましたが
ここは天文系星空マニアの方々にも轟く聖地、夜になると気合いの入った天体望遠鏡がズラッと並ぶんですよ

この日は遠く北アルプスの穂高連峰、槍ヶ岳まで見通せましたし
信州広域小旅

御嶽山から中央アルプス、目の前には南アルプスとまさに1級展望地と呼ぶに相応しい展観でありました

信州広域小旅の終わりにと大鹿村へ向かいます
信州広域小旅

今回の小旅では白馬、安曇野、木曽路、南信伊那路と通い馴染んだ展望地を確認して巡ることになりました
信州広域小旅

どこも趣が違ってそれぞれやっぱり素晴らしかったです

大鹿村赤石荘の展望露天です
信州広域小旅

それでもどうでしょう、中でも南信が肌に合うように感じたのは、、、たぶんきっとその通りなのだと思います
素朴でかつ自然のスケールもでかく、都市資本特有の嘘っぽい匂いが少ないのも良いです。

信州広域小旅

帰路入り前の腹ごしらえは駒ヶ根明治亭のソースカツ丼
信州広域小旅

駒ヶ根と言えば明治亭と言うほどの有名店かつ店構えも大きいので
なんとなく今まで避けて来てしまいましたが

不覚でした、、とっても美味しゅうございました
次回もぜひ寄らせていただきたいと思います   了


(E-5 ZD11-22mmF2.8-3.5 ED50-200mmF2.8-3.5 E-PL6 G20mm/F1.7}

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/442-b98b1de5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)