「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
trackback: -- | comment: -- | edit

旅回想[@2016]・マディアプラデッシュの神々 


前回のアジア旅から刻が経ってワタシの中の旅が切れて来てしまった上に
台風は来るし、この頃は選挙なんかがあるものだからさらにクサクサして来てしまって実に困ったものなのです

こんな時はせめて脳内だけでも彼の地へと飛んでしまいましょう
ということで、今回はワタシにしては珍しい神様ネタでいってみます

マディアプラデッシュの神々

インドを旅していると国名がヒンドゥーから来ている位ですから実に様々なヒンズーの神に触れることになります
とくに寺院や遺跡等に出向かずとも、ふらっとその土地を歩いていればどこでも神様が沢山なのです

土産物屋やちょっとした売店にもヒンズーの神が並んでいますし

マディアプラデッシュの神々

北インドでは下のようなポストカードや大判の印刷物がとてもポピュラー
若き横尾忠則がインドを旅して当時作風に影響を受けていたのもこのタイプの図案でしたね

マディアプラデッシュの神々

ちなみに上の神様はヴィシュヌ神
はるばる日本まで広まった仏教の開祖仏陀はこちらヴィシュヌ神の化身である
というのは、仏教の生まれ故郷インドでは定説であってよく知られたお話し
ですのでインディアにおけるヒンズーの民にとっては仏陀もヒンズー神その一部として考えられています

と、こう書きつつ今回書きたいのはヒンディー神様イロイロの考察などではなくて
前回2016年に巡ったマディアプラデッシュ州にて出会った神々のビジュアルについてなのです
インドは大変広く地方色豊かですので「美術人が見て楽しかった土地の神様」という感じでお伝えしたく思います

聖地オームカレシュワルの山のてっぺんに鎮座する金ピカ巨大シバ神です
マディアプラデッシュの神々
バラナシから喧騒を無くしたような山奥の美しい聖地にはシバ神が燦然とそびえ輝いていました

マヘーシュワルでもふと見ればヒンディー神様で、こちらはガネーシャ
マディアプラデッシュの神々
アートな雰囲気できまってます

オームカレシュワルの山上寺院にて祠に鎮座した神様です
マディアプラデッシュの神々

上の神様の前で日本で言う狛犬のような形で2体並んでいました
マディアプラデッシュの神々
獅子でしょうか?造形的にはのほほんとしてかなりユルさを醸し出していたように思います

同じくオームカレシュワルの巡礼路で見かけた神々です
マディアプラデッシュの神々
とても土着を帯びた雰囲気で、このあたりから自然石の造形を生かし見立てている事に気付き始めました

こちらの神様も自然石見立て系になりますでしょうか
マディアプラデッシュの神々
どこでも神事となると荘厳や精緻や神秘が付き物に思われますが、こちらは実にあっけらかんとして見えます

マヘーシュワルで出会ったガネーシャも素朴な見立て系に感じられましたが、いかがなものでしょう
マディアプラデッシュの神々

オームカレシュワルでのガネーシャ、もう造形として何とも言えず素敵
マディアプラデッシュの神々
プリミティブな感じがカッコイイです

こちらもガネーシャ(御存じかと思いますがガネーシャは象さんの形をした神様、日本で言う布袋様になります)
マディアプラデッシュの神々
ゆるくとろけるような造形です

マディアプラデッシュ州を旅して歩いて、出会う神々の特異さに気付き始めるともう楽しくて楽しくて
いつものインド旅以上に神様の姿を追い求めるようになってしまいました

ただインドでも旅人がかなり少なく旅人的に言えばマニアックな州となりますので
帰国後こちらの神々のいわれを調べようにもかなり情報が少なく検索かけてみてもほぼヒット無し
ですので今回は裏付けは無し、、添え文は単なるワタシの主観による感想文とお思い下さい

緻密を微塵も感じない大らかな神様造形はマヘーシュワルの散歩道での出会いです
マディアプラデッシュの神々
やりたい放題感があってどんどんのめり込んでしまいます

神々が祠に並んでおりましたが自然石見立ての原型のような風情です
マディアプラデッシュの神々
いわゆる荘厳神秘のセッティングでは無く、プリミティブかつゆるく明るくであると受けとめました

何も言うまい、、が、とても、かわいい、、、(神様に対して失礼に当たりますでしょうか、、)
マディアプラデッシュの神々
当然ですがヒンドゥーの民々は熱を帯びて拝んでいきます

もはや天真爛漫な自由さにLoveと言えます
マディアプラデッシュの神々

今回書きながらあらためてインドの奥行き懐の深さを感じずにはいられませんでした
旅人少なく荒涼とした、いにしえのデカン高原
マディアプラデッシュ州に再度入って私的調査を続行したくもなりました

おかげで日本に留まってこびり付いてくるクサクサ気分も少しだけですが晴れた気もしますし
相変わらずのベリーサンクスインディア、ということでまた次回


(Olympus E-5 E-P6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II )

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/432-c7ce23d6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。