「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し) 


にわ廻りの備忘録です
このところは暑くてまるでグダグダのボンヤリが続いて、そのまま流しちゃうとこでしたが
まれ〜に見返すとこれでも記憶の助けになったりするものです

初夏を知らせるアマリリスが今年はじつによく咲きました
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

アマリリスは真っ赤と筋入り、いただきもの2つの球根を株分けしていたらだんだん増えました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

こんなこともありました、、、例年のにわ作業で伸びきった草の刈り取りをしていると
やっぱり見つかりました、営巣初期のスズメバチの巣です

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
時期によっては草取りも注意深くすすめないと痛い目に遭うことになります

昨年はほぼ同じ場所で蔦をはぎ取っていて刺されました、、そこにフタモンアシナガバチの巣があったのです

草に隠れツツジに付いたトックリ形の巣、、コガタスズメバチ営巣初期の特徴的なカタチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

この状態のときはまだ女王蜂一匹のみで営巣中
この後働きバチが生まれるとトックリの筒状の部分が外されて、バレーボール大まで拡大
ちなみにトックリの筒部分はまだ働きバチ(兵隊バチ)を持たない女王蜂の外敵対応とされています

コガタスズメバチとは名ばかりで、個体によってオオスズメバチと同サイズの迫力ですが、性格はおとなしいです
なので営巣場所に問題なければ巣を見つけても「どうぞご勝手に」と放っておくのですが
この場所はにわ作業で刺激をあたえることも多くなりそうですので今回は撤去させてもらいました

ハチには数度刺され経験有りでアナフェラキシーショックも恐いです、、、


と、ここまで書いて、、今記事は淡々とお花並べてにわ備忘録をと用意していたのですが
ハチ話しで乗ってきてしまいましたので予定変更、、ハチ話しを続けてお花備忘録はまたの機会にします






ところで↓は上の巣のハチとは別種ですが、先日我が家に入り込んで来たヒメスズメバチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの「ヒメ」も名ばかりで最強オオスズメバチ同等サイズの迫力ですが性格は「とっても穏やか」です
なりはデカくともスズメバチ種で最もおとなしいともされてます

変にちょっかい出したり巣に攻撃等しなければ、まず怒って刺して来ることもありません
この時も迷い入って慌てている様子でしたが、撮影に付き合わされたあげく、しばらくしたら出ていきました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

↓は以前撮ったヒメスズメバチ営巣はじめの様子、トックリ状の筒は無く営巣初期の巣は下部開放型
ヒメスズメバチは見えにくい閉鎖空間に営巣しますから外敵の心配は少ない、という形状なのかもしれません

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの特徴として食性をアシナガバチのみに限定しているというのがあります
アシナガバチ達から見たら恐ろしい天敵ですが
それはまたヒメスズメバチからするとアシナガバチの居ないところでは生存出来ない、ということでもあります

うちのにわにはこの季節になるとアシナガバチがた〜くさん (^^ )
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

それはそうでしょう
チョウチョやハナバチで賑やかになるように、お花を咲かて彼らの食性に合わせた植物もいっぱい植わってます
主タンパク源となるイモムシ類(チョウやガの幼虫)を求めたアシナガバチがにわに集まるのです

アシナガバチの刺毒はスズメバチに準じて強いものの、性格はやはり総じて穏やか

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
ですから巣を作られてもヒトの生活上問題ない場所ならば「どうぞご勝手に」そうして放っておきます

昨年は目の利かない薄暮の中、疲労しつつ作業したワタシの注意散漫で
↓のかなり育った巣を刺激して刺されました、、とても腫れましたし、かな〜り痛かったです

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

で、こう書いてきて何か言いたいことがあるかというと、、そういうコトでもなくて

ただにわ管理人であるワタシはにわで遊び、相方の制作モチーフにもなりそうだということで
チョウチョやいろんな生きものを集めるためにお花も咲いてる、そんなにわをイメージしました

少しずつそれが実現してくると、チョウチョやいろんな生きものが卵を産んでイモムシがたくさん生まれ
するとイモムシは植わってるにわ植物を際限なく食べますから、花の咲くにわは弱ってしまいます
そこでイモムシ求めてにわに集まって来るアシナガバチ達の登場です


(ハチ等の画像はたいてい不評だったですね、この先はニャンコ画像で続けます、、脈絡はありませんが)

ふくちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

アシナガバチがイモムシを狩るおかげで、にわ花は壊滅せずに済んでいるとも言えますが
豊富なタンパク源を得たアシナガバチにあちこち営巣されると今度はヒト科のワタシタチが困ってしまいます
そこにアシナガバチ類の天敵である先ほどのヒメスズメバチが現れるのです

はなからビオトープ等の持つ自然な循環を思っていた、という事もありましたから
にわはそんなイメージに沿ってすすんでいます

ピノちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

つまり「ハチは刺すから恐い」刺されればアナフェラキシーショックで死んでしまうこともあると聞いてるし
だからといって、にわのハチを除外してしまったら、イモムシが大繁栄となって
きっと多くの植物が打撃を受けにわに花は咲かなくなって来ることでしょう

花の無いにわにはもうチョウチョも寄って来ません、、結局のところワタシタチはがっかりです

かっくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

そこで話しは飛んで「ヒアリ」です
ネットで大層話題だな、そう思って滅多に付けないテレビで確認するとどんだけ「ヒアリ」?という状態です
外来種をそのまま肯定する気もありませんが、いくらなんでも煽ってるようにしかワタシには見えません

「殺人アリ」とどこの見出しでも称しているようですが、、いったいどんだけの事なのか?
そのソース(情報源)等をいちど調べてみてもイイと思います、、ウソではないが大げさ、ワタシにはそう映ります

見出しは興味をそそってショッキングな方がイイ、、編集者の変わらぬ鉄則かもしれません

かたくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

殺アリ剤が急遽バカ売れというのも判らなくはありませんが、、どうして在来種と見分けられますでしょう?
都市部では関係無い話しかもしれませんがアリは大変優秀な有機分解者です
アリ=とても危ない→→→「アリを見たら殺アリ剤」、、、そう単純につながりそうで恐ろしい

またさらに、どんなとき「未知の生きもの驚異ネタ」や「疫病不安ネタ」がさかんに煽られているかと言えば、、、

なんでも好きに書くとおとがめもらって自由も取られちゃう、、そんな世になりつつありますので
わざわざ書いたりしませんが、、、

いったい、いかがなものでしょう

(Olympus E-5 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 )

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/426-53aa097f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)