「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

5月終わりのにわ廻り 


まるでなんのことは無い、、にわ廻り5月終わりの備忘録

玄関先のカシワバアジサイがほぼ満開、、今年ももう梅雨入り前ということを教えてくれる
五月終わりのにわ廻り

同じく玄関廻りのクレマチスは今年花が少なかったが
五月終わりのにわ廻り

同じクレマチスでも古くに渡来したらしいテッセンの方は今年絶好調、いまだどんどん咲き続けている
五月終わりのにわ廻り

花株も力を出しすぎて毎年頑張らない方がいい、、隔年咲き位のノンビリさんで丁度いいと思ったりもする

来年は休もう、そう語りかけつつシャッターを切っておく
五月終わりのにわ廻り

種蒔きから育ったカワラナデシコがやっと咲き始めたな、と思ったら一斉にウリハムシに食されていた
五月終わりのにわ廻り
にわ廻りあちこちに仕込んだナデシコ全部がこの調子、まあしょうがない、、、
もともと思ったようになんていくはずがないのだ

安売り売れ残りの球根を埋めておいたら面白い色カタチのチューリップが咲いた
五月終わりのにわ廻り
チューリップは球根なのに一年限りが多い、、きっと何か仕込んであるのだろう、そう考えるといい気分ではない

おっきなバラもたくさん咲いた
五月終わりのにわ廻り
今は部屋のあちこちで逆さに吊されドライフラワーになりかかっている

クジャクサボテンもポンポン咲いている
五月終わりのにわ廻り
プスプス土に刺しただけでどんどん増えて毎年咲いてくれている

このオペラピンクが出てくるとにわ廻りでは初夏のサインである
五月終わりのにわ廻り

初夏のサインと言えばハチの営巣というのもある
五月終わりのにわ廻り
今年もさっそく軒下に営巣中を見つけた、きっとまだ刈り取り中のにわ藪の中にいくつかはありそうである

昨年は不注意からアシナガバチに刺されてひどい目に遭った
もうゴメンだしアナフィラキーショックも恐い、、今年は特に注意していこうと思っている

しかしハチ相手でなにに注意しようかと言ったところで

・疲れたら作業をしない・暗くなったら作業をしない・頑張って急がない・目標や達成に向かわない

当面こんなこと位しか思いつかない、、、
まぁどれも自身の感覚を鈍らせる要因として共通している事柄ではある


蒸し暑くなってくるとそろそろ終わりの春花群もめっきり元気に咲き続けている
五月終わりのにわ廻り
パンジーのあちこちにはタテハ蝶であるツマグロヒョウモンの幼虫が付いているのも確認済みである

花が終わったら彼らの食草として生きて
その傍らには幼虫が育ち蛹となって飛び立つまでを観たいと思っているワタシタチがいる (^^ )

そんな相変わらずの何ごともない5月終わりのにわ廻り


(写真/E-5/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4/ED 50mm F2.0 Macro)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/397-e031dd0f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)