「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

インド旅ログ・オームカレシュワルへ  


大聖地バラナシは思わず長居をしてしまう場所であるし
また長居しないと見えてこない事も多い土地なのだけれど、若い頃の旅と違って旅程に限りもある

ということで夜行寝台列車にて長距離大移動、、マディアプラディッシュ州のカンドワ駅に深夜着



早朝一番発の普通列車を待ってさらにトコトコ先へと進めていく



インドの普通列車は庶民の街場そのまんまで愉快この上無く、席を分け合いギュウギュウ詰めでワイワイ進む

オームカレシュワル駅に到着するもこの先の目的地まで距離も交通手段もわからず難儀していると
サブジ(野菜)満載の小型TATAワゴン車がそちらへ向かうと言うので有り難く便乗し事なきを得る



そこで、はるばるやって来たのは「オームカレシュワル」
インドの12ある重要聖地の一つでバラナシをこじんまりさせた様なトコロと聞いている



が、いかんせん情報が少なくよくわからない

地球の歩き方には載っておらず西洋人御用達のサバイバルキットにも僅かに書かれている程度
所謂ツーリストプレイスでは無く、実際見かける旅人はごくごく僅かなのである



こういった土地はやみくも散歩を重ねつつ脳内地図を作成していくが宜しい



ホーリープレイス故のシャンティな空気に溢れているのは滞在すぐに分かることだし



聖なる川とされるナルマダ川の中州の島にヒンズー寺院やガートが点在していて
いつも何処かしらから鈴や鐘の音が響いてプジャの歌声が流れて来る



まだまだ旅人の少ない土地柄故、町の人はまるでツーリストずれが無い



ネパーリーとよく間違われるが「ジャパニだ!」と告げるとみんなとても驚き喜んでくれる

そこで日本人というだけで珍しいので沢山の記念写真をインド人に求められることになる



相方なぞはもうスター並みに彼らのスマホに収められたはずなのであるし



ただブラブラ歩いているだけで「ハリ・オーム!」の声が掛かってみな笑顔なのだ

ここは優しい空気に溢れています、、、
今や貴重とも言えるだろうまごうこと無きシャンティープレイスなのであって
まったり長期滞在がオススメなんだと思います


さすがにインド田舎に入って通信状態はさらに悪化中
ちょっと写真を上げるのにも一苦労で
繋がったり切れたり、怪しい感じもままあって、かなり通信はままならない感じ、、です


関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/390-0f36dcc4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)