「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

湯治de小旅 ・万座を巡る 


湯治de小旅で万座に来たよ、今回でそろそろ終わりになりますが

そう、、湯治とくればお散歩ですね
カラダを休めて労って、気分静めに来ているのですから

万座廻り

無理も頑張りもいりません
暇を持てあましたらなにげにぶらぶら歩く位で丁度いい

万座廻り

万座は標高1800mで活火山の懐という土地柄、温泉街はありませんが辺りの山景には事欠かず

万座廻り

10分程度の散歩で牛池ですね。紅葉最盛期には遅れましたが、池は鏡のようで透明度の高い水を張っていました

万座廻り

しかし万座ですから、ご多分に漏れず酸性が強く魚は棲み難いそう
トンボ等は多く繁殖するということですから水棲昆虫などは酸に適応して来ている様ですね

さらに近くをぶらり歩けば火山温泉地らしい景色

万座廻り

ちょっとモノクロ気分で、、モノトーン現像してみました

万座廻り

湯治場巡りと言えば唐突ですが「つげ義春」という位その印象は強いのですが

万座廻り

彼の撮った硬質で寂しくも侘びしい湯治場写真にはどこか温泉地の緩いユーモアも潜んでいて
今となっては往時を偲ばせる上質な資料となりましたね

万座廻り

これを手始めにまた始めてみたくなった、、湯治場巡りです

湯治場と言えばやっぱり東北方面ですかね、、寒い季節の荒れた日本海側も良さそうです

万座廻り

湯治宿に入りしょっつる汁作って暖を取り、、鈍く立ちこめた雪空の下ぽちゃんと湯に浸って

万座廻り

パカンと缶詰あけてはチビリチビリ、、土地のばあちゃん話聞きつつまた湯に浸り、、、
間違いない、、、これはまた出掛ける事になりそうですね

火山性の特異な景色を眺めつつぶらぶら一周コースの遊歩道を巡って

万座廻り

やっぱり酸が強すぎて魚が棲めない川を横切ったら熊四郎洞窟です

万座廻り

先史時代の弥生式土器がこの洞窟から発掘されて云々の説明書きをなんとなく読みつつ万座温泉一廻りも終了

見どころも程ほどあって湯治客のゆらゆら散歩には丁度いい道のりでした


(写真Olympus E-5/E-PL6/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD/ZD11-22mm F2.8-3.5)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/376-6d3321ad
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)