「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

湯治de小旅・芳ケ平 


湯治de小旅で万座に来たよ、ということでさらに続きです

お湯に浸ってはゴロ寝を決め込み、最も動いて至近の散歩、、本来湯治客たるものこうあるべきでありますが
天気はいいし気分も良いので思わずひと歩きしてしまいました


噴火警戒レベル2の草津白根山標高2,171mの火口が間近です

芳ヶ平

国道292号線、標高2,172mの日本国道最高所地点から谷を見下ろして見ると

芳ヶ平

高所故盛りはやや過ぎていましたが木々は黄色く染まって

芳ヶ平

さらに見下ろすと標高約1800mに広がる芳ヶ平湿原が谷の底に見えています

芳ヶ平

ということで、芳ヶ平までひと歩き、、否、ひと下りですね

近く渋峠の駐車場に車を停めて標高差370m、谷へ向かって一気に下っていきます

芳ヶ平

歩き始めは樹林帯でゴロタ石も多く急下降、中頃のダマシ平辺りから開けてきて木道が多くなります

芳ヶ平

一気に下り降りて、帰路の全登りを考えるとうんざりしますが、、、谷底に見えた芳ヶ平に到着しました

芳ヶ平

湿原らしく地糖が点在していて夏はワタスゲやモウセンゴケなどの湿原植物が繁る楽園

芳ヶ平

秋はナナカマドの真っ赤な紅葉で知られていますが、そちらの方はすでに終わっていました

芳ヶ平

これまで何度か歩いた芳ヶ平ですが、今までは草津白根の山頂駐車場起点に山に入っていました
それが噴火警戒レベル2騒ぎで火口1キロ範囲内は立ち入り禁止、、、という事でこのルートは使えなくなりました

荒涼とした火口付近の山肌を巻くように硫化水素臭の中を進む登山路、、良かったんですけどもね、残念です

芳ヶ平

おかげで気分良く湿原をひとまわり散策したら復路は標高を真っ直ぐ上げる登りが待っているのです

湯治気分で出だしが遅れたこともあって帰りしなには影が伸びて日は傾いていました

芳ヶ平

眼下には芳ヶ平ヒュッテの赤い屋根が見えます

御岳噴火から続く噴火警戒騒ぎの中ですから、この辺りの人出も随分と少なくなっていることでしょうし
この機会に抜群なロケーションを狙って次回はヒュッテ泊まりにトライも良いかもしれませんな

芳ヶ平

えっちらほっちら登って標高2,172mの渋峠に戻ってくるとすっかり日は暮れて

夕闇覆い始めた白根の山頂火口は1日終わりの姿を昼間と違う色あいに見せていました


(写真Olympus E-5/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD/ED50-200mm F2.8-3.5 )

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/373-dde9cbff
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)