「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

にわのハチの巣とアライグマ 


気温が上がってくるとにわのムシ達は喜んで飛び回りますがハチ類も然り

↓のハナバチの仲間は大柄な図体で羽音も大きいので恐そうですが性格は穏やか、花蜜求めて飛び回るばかり

ハチの巣とアライグマ

にわ廻りで巣をこしらえるハチもいろいろ居て、、↓はキゴシジガバチの営巣ですね

ハチの巣とアライグマ

妙に胴体の細い単独行動のジガバチ、泥玉をくわえて来ては丹念に塗り固めて3本の育房を作り上げ
子育ての餌となる麻酔かけたクモ類を運んで来ては詰め詰めしてキッチリ蓋を閉めます

ハチの巣のカタチはどれも造形的で見惚れるものも多いのですが、、スズメバチとなるとちょっと困ります

ハチの巣とアライグマ

実際には秋になって気性が荒くなった時期に刺される危険が増すもの
他の季節は巣に直接悪さしなければ攻撃してくることはありません、、ですからむやみに敵視するのも考えものですが
気性の荒いキイロスズメバチや世界最大最強のオオスズメバチなどもいますから油断は出来ません

スズメバチの仲間は一匹の女王蜂がやって来て↓のような小さな最初期の巣作りから始まります

ハチの巣とアライグマ

↑の育房にタマゴが産み付けられていますよね、、これらが生まれて働きバチとなっていきます

↓は3年前に一度でイイから巣作りのプロセス全て観たいというワタシのワガママが実現した結果の完成形

ハチの巣とアライグマ

巣長80センチ弱、一匹の女王から2〜3千匹ものコロニーへまで育ち上がったキイロスズメバチの巣ですが
軒下にぶら下がって間近で彼らが活動してるのはど迫力過ぎ、、この観察実験は約束通りの一度切りとなり

以後はスズメバチ系の営巣を見つけると撤去させていただいてます

↓はトックリ形が特徴的なコガタスズメバチの巣、今シーズンものです

ハチの巣アライグマ

このトックリ状時期は女王蜂一匹のみの営巣期、、、外敵を防ぐためのトックリ状なのでしょうかね
そして1ヶ月ほどすると細長く伸びた入り口が取れ、働きバチが育ってみるみる巣は大きくなっていきます

ハチの巣アライグマ

↑をよく見るとすでに育った働きバチが入り口を固めて外敵に備えていますね

ちなみにこのコガタスズメバチ、コガタとは名ばかりで世界最大のオオスズメバチに引けを取らないサイズ感
なのですが性格はきわめて穏やかなんです、よほど攻撃されたりしなければ刺すことはありません

ハチの巣アライグマ

知っているだけに躊躇もしますが決めたことですから↑のメロン大ほどに育ったところで限界
申し訳ないが撤去させてもらいますよ、、、そう思っていました

が、先日、、見ると↓の状態です、、、

ハチの巣アライグマ

巣は風などで壊れるヤワな構造じゃないことは知っています
もし壊れたのなら働きバチがいっせいに集まって修復に取りかかることも知っています

巣は壊され働き蜂も居ない、、、にわ廻りのニャンコ達もハチに手を出すことはありませんし、、
さてどなたの仕業なのか?

答えは、、おそらく↓ですね、、、アライグマ

ハチの巣アライグマ

ラスカル呼ばわりして可愛がったヒトに捨てられ辺りで繁殖し、いまや問題となっているアライグマです
食性は木の実や野菜、小動物に昆虫と雑食で在来のタヌキとほぼ競合

夜行性なので見かけるチャンスは少ないのですが子供数匹連れ添って歩いていたりするととってもカワイイのですよ!
なのですが、大人になると性格はやや荒く、なにより力が強く長い爪はとても鋭い

↑の写真はまだ子供なのですが、、このあいだは育ちきった大人も見てしまいました、、、

こうなると心配になるのはうちで世話してるニャンコ達
力で太刀打ちできる相手ではないのですが、、、

ハチの巣アライグマ

縄張り意識旺盛なニャンコのオス達は毛を逆立て体を膨らませ、アライグマ相手に健気に威嚇していました、、、

それだけはヤメテクレ!!、、そう言い聞かせても判らないのがネコという生きものです、、、
もうただたいへんな事故が起こらないことを祈るばかり、、、


とまあ今回長くなりましたが、、書きながら「にわ廻りだいぶ濃ゆいぞ」そう思った次第で
ちなみにうちは山奥ということも無く、単なる三浦半島の住宅地の一角です (@_@;)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/366-1c2c08f5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)