「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

旅ログ・ボーダー通過 


タイ側でのWi-Fi環境はまあ良好、しかしラオスに入ると劇重になって、、予想通りですが
ネットの閲覧は出来ても画像などアップロードできない程度の速度となりました

まめに更新などとも思いましたが叶わぬようで、、、とりあえず国境越えなぞをお伝えします

早朝タイ側ボーダーの街ウボンラチャターニ郊外にあるバススタンドまで向かったら


タイラオス国際バスのチケットを求めます、、予約の効かないチケットだそうで先着順完売までです


こちらがタイラオインターナショナルバス、、ベンツのエンブレムはご愛敬 (^ ^)


車内はこんな感じ、ヨーロピアンにタイ人に少々の中国人にベトナム人の満席多国籍バス

日本人はワタシタチの他、定年退職後自由にアジアを廻り続けてる電脳パッカーオジサマが一名

インターナショナルですからイミグレーションカードも車内で配られて


2時間ほどでタイ出国パスポートコントロールです、南国特有の緩さの中でもシャンとしていました


パスポートチェクを終えると細い地下トンネルへ導かれ、、トンネル抜けたらラオスです


しかしそこはラオス、入国早々イミグレーションの表示がこれ、、判り辛いったらありゃしない


入国者はずらずらと表示もわからない建物の裏手へいざなわれてゴニョゴニョとパスポートコントロール

さらに謎の共産主義国ラオス、役人はニッコリパスポートチラつかせつつニッコリお布施の要求

謎の100バーツ札をパスポートに挟んでみると、、無事ラオス入国スタンプ、ポンッ!!

タイの田舎から来ましたが国境またぐとググッと田舎指数が増します

ということで久しぶり5年ぶりのビアラオで乾杯!

ビアラオはラオスの誇ると言うか数少ない国内生産品の雄、サッパリしながらコクを感じる旨いビールです

ということで
現在ワタシタチはカンボジア国境間近にある楽園と呼ばれているシーパンドンまで辿り着きました
シーパンドンには老若男女世界各国のバックパッカー達が押し寄せています
それだけの魅力ある島(大河メコンの中州)ですが、この調子だと開拓されここもあと数年で終わりかもしれません
次は無いのかもしれないと、、、ココロして大いなる田舎っぷりを見て廻っています

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/346-38301df1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)