「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

コルカタ・ホテルパラゴン 


世相に惑うことなく淡々と過ごすには夢想に励むがいちばん (^^ )
と言うことで回想・コルカタ続きます

コルカタという街に伝説は付き物ですが
ここで伝説化している宿といえば「ホテルパラゴン」ですね

ホテルパラゴン

古参安宿コルカタ御三家は「ホテルマリア」「モダンロッジ」「ホテルパラゴン」
安宿街は昔も今も変わらずサダルストリート、良くも悪くも知られた通りです

パラゴンは綺麗ではありません、、キビシイという方もいるかもしれません
ホテルパラゴン

壁のシミや古色は味わいと化して積年世界旅する自由旅行者の汗とナミダを刻み込み、、、
ふふっ、、そんな重みは感じられます

2階から見た1階通路、、通路片隅はくつろぎ場
ホテルパラゴン

パッカーは基本自力洗濯、干し場はいつも旅人の洗濯物でいっぱい
ホテルパラゴン

部屋の天井、大部屋のドミトリーではない個室の天井です
ホテルパラゴン

装備品はベットと蛍光灯だけ、ちょっと牢獄チックで殺風景な部屋の中
住人は天井でグルグル回るファンを見つめつつペラッペラなベットに横たわります

部屋は言わずもがなパラゴン中に落書きが施されたりもします
ホテルパラゴン

ここには自称アーティストを語る各国旅人がよく集まってるようにも思いますが
なんだか描きたくなっちゃうんでしょうね、、、コルカタってそんなトコロですね (^^ )

歌ったり弾いたり踊ったりしたくなっちゃった人は↓のバルコニーというか屋上に
ホテルパラゴン
好きなように集まってワイワイ騒いでます

落書きと言えば旅人の間で語り継がれた伝説ものもありますね

ホテルパラゴン

「金の北米 女の南米 歴史のアジアに耐えてアフリカ なにもないのがヨーロッパ
 問題外のオセアニア 豊かな青春 惨めな老後」

当時バンコクの安宿街チャイナタウンにあった「楽宮旅社」の壁に書かれていたという旅者目線の落書き
いつどこぞかの長旅者が壁に残したのでしょう

ホテルパラゴン

楽宮旅社は「バンコク楽宮ホテル」ホテルパラゴンは「カルカッタ大真珠ホテル」として
作家の谷恒生が当時を書き残しています

(写真Olympus E-520/ED 14-42mm F3.5-5.6/RICOH GRD2)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/340-45150a5a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)