「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

回想・パハルガム 


12月も終わりにさしかかり騒がしいなか、慌ただしくも大忙しという方も多いことかと
聖夜を祝う云われもないので卒して久しく、お正月もそろそろもういいかなぁ〜、と思いはじめたこの頃

我関せずで淡々と過ごしましょう、、ということで続くポジフィルムをスキャンした旅の回想


パハルガムはスリナガルからさらに高度を上げ、バスに揺られて3時間ほどにあるヒマラヤの入り口

パハルガム

英国統治時代、貴族階級が避暑に使ったであろう英式木造建築が立ち並んでいる

パハルガム

表面的修理を重ねた年代物の木造建築に水平垂直はもはや無く、味わいだけが際立って崩して描いた絵画風情

借りた英字ガイドブックロンリープラネットにパハルガムはトレッキング基地である旨書かれていたけれど

パハルガム

それらしきトレッカーはおろか旅人すらほとんど見かけることも無く
酷暑期を過ぎてモンスーン季に入り、避暑客はすっかり姿を消した後だったのだろう

パハルガム

仲の悪い中国、パキスタンと国境を有する地域故チェックポストがやたらと多く
当時インドはまだオンライン化前、役人や軍人が分厚く巨大な台帳を開いてのったり手書きで対応していた

パハルガム

チェックポスト通過にはたいていの場合恐ろしく時間が掛かったけれど
赤い日本パスポートの評判が極めてよろしく、これには随所で助けられていたのを思い出す

インドは広大かつ多様でこれもインドなのか、というどこか欧州アルプスを思わせる景色が広がっていた

パハルガム

周辺は馬文化である

外製品を禁じていた当時のインドTATA社製自動車の壊れっぷりはすでに伝説となっていたし
険しく崩落もままある山の道である。車より馬が使いやすい上、土地にも似合っていた

パハルガム

パハルガムはイスラム地域なのでヒンズーの神である牛は見かけず、同じく神である猿も見ない

郊外をひたすら行くと道は険しさを増してここがヒマラヤの端っこであることを思わせてくれる

パハルガム

この山をいくつか越えるとアーリア属からモンゴロイド属となり高地にはチベッタンが暮らしている
イスラム圏からチベット仏教圏に入れば文化もがらり様相を変える

パハルガム

長逗留したハウスボート暮らしにほとほと飽きてスリナガルから一週間ほどの小旅行
インドの山奥はパハルガム、すでに四半世紀前を超えてしまった旅の回想

(写真/Nikon F3/Zoom-Nikkor 35-105mm f/3.5~4.5)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/335-da33262b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)