「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

回想・スリナガル・3 


ただでさえ年末へ向けどうにも騒がしくなる上に衆議院選挙がそこに合わせて来たということ
仮想的躁状態の年の瀬を作るべくはしゃぐTVが観なくたって目に浮かびます

ここは世相関せずたんたんと、スリナガルの回想

14.12.5スリナガルシカラ遊覧-1

水の都スリナガルゆく旅人はシカラという小舟を雇ってたびたび水に遊びます

料金交渉を終えたら「適当に景色のいいところを流してくださいね」ボート漕ぎ屋にそう告げると

スリナガルシカラ遊覧

しょぼく装飾された手漕ぎ小舟は音もなく進み出します

旅人数人のシェアでシカラに乗り込み街の喧騒から離れてそれは静かな水の上、交わされるは世界中の旅話

スリナガルシカラ遊覧

個きわ立つ旅強者達から聞かされた話は驚愕を超えてただ笑うしかなく

うつらうつらとろけるような時間感覚の中、次々やってくる商売舟を冷やかし

スリナガルシカラ遊覧

チベッタン禁制品タンカにカシミヤ、香水、工芸品から石けんや歯磨きの日用品とあらゆる売り屋がやって来て

イスラムでは酒は悪魔の水ですから表立って売りませんが、外国人乗る舟見つけるとひっそり寄り来るは酒船

スリナガルシカラ遊覧

まだ外製品の無かった頃です、全インド製のそれはラムやウイスキーなど酷い出来、まともはビールでした

水辺に咲く蓮の花を摘んだ花売り娘は小舟で巡り

スリナガルシカラ遊覧

水の都の普通の暮らしを眺めてたゆとえば

スリナガルシカラ遊覧

時はしだいに引き延ばされて日本感覚は薄れ

スリナガルシカラ遊覧

世界は様々どこもかしこで違った時間が流れていることを知ります

スリナガルシカラ遊覧

シカラ、あるいは気づきの小舟だったのかもしれません

(写真/Nikon F3/Zoom-Nikkor 35-105mm f/3.5~4.5)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/333-33508c14
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)