「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

上州秋旅・温泉いろいろ 


上州群馬は温泉天国、その数、質共に申し分ありません
偉そうにせず素朴な佇まいの温泉地が多いのも群馬という土地柄でしょうか

上州秋旅前半は旅友おばさん家近旧新治村の奥平温泉に浸り、後半は旧六合村中心に点々と巡りました

温泉天国群馬

旧六合村の尻焼温泉は川の湯、車止めから温泉近くまで歩くと河原の色が変色していました↑

温泉天国群馬

ここまで車道を来ましたがこちらで川辺に下りさらに進むと小屋が見えて来ます

温泉天国群馬

で、到着しました尻焼温泉。堰き止められた川、その向こうがすべて温泉。広大な露天風呂となります

温泉天国<br />群馬

人を外して撮ったのでスケールが判りにくいですが広いです、川底に開く穴あちこちから湯が湧き出てます

洗い場があるわけも無く閉じた脱衣所すら無い、限りなく自然そのままの混浴露天風呂。入湯料は無料です

温泉天国群馬

ほぼ自然なので雨後や増水時には当然入れず湯温もまちまちなのですが
この日のコンディションは最良、川遊びをするような開放感の中で汗が出るほどの熱い湯を楽しみました

川辺の小屋には小さな湯船が設えてありますがこちらは水着禁止です

温泉天国群馬

川の湯は水着着用可ですが男性はそのまんま裸、女性は水着着用がこちらの標準なように見えました

ところ変わって隣町、温泉地東の横綱との呼び声も高い草津。その中心にあたる湯畑です

温泉天国群馬

訪れた日は台風接近中の雨降りでしたが、さすがは草津です大勢の観光客で溢れて

温泉天国群馬

王者の風格と言うべき湯量を誇っていました

群馬は草津万座をはじめとした凄い泉質の湯が連なり秘湯名湯も数多い温泉大国なのですが
プロデュース下手が功を奏してかいまだ地味なポジション、わびさび感を保っていてワタシタチには好印象です

温泉天国群馬

湯畑には草津を歩みし100人として偉人・著名人の名が刻まれていました
古代伝説の人から源頼朝、おっ良寛和尚も来ていたようですが、、、本当でしょうか?

温泉天国群馬

偉い人の名など借りずとも草津の希なる酸性白濁湯をもってすれば、それでもう大丈夫と思うのですが、、、

つぎは旧六合村に戻って沢渡温泉、草津の上がり湯と言われる鄙びた温泉地です

温泉天国群馬

草津町から旧六合村に入るとしょぼくなった道路具合でわかります、行政の懐具合もだいぶ違うのでしょうね

温泉天国群馬

しかし人の好みは様々で立派を好まないワタシタチはしょぼさで溢れた旧六合村のファンでもあります

今回もこの小さな湯船に地元民とふれあいつつ入る沢渡温泉共同湯(入湯料300円)が
一番の良湯に感じられたのもそのせいかもしれません

(写真Olympus E-5/ZD 14-54mm F2.8-3.5II/ZD 11-22mm F2.8-3.5)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/328-9262a811
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)