「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

高原で見たムシ 


高原小旅、ウォーミングアップ旅で見たムシ編です

出掛けた場所が高原過ぎて標高高く気温も低く、すでにムシ達は多くありませんでしたが
それでもぼちぼち遊べました

緑色の金属光沢を持ったツノアオカメムシは赤い脚にオレンジの触角、大型の綺麗なカメムシ
高原で見たムシ
高地では普通種だそうですが平地に住むワタシは初見でした

全身銀の光沢色につつまれたマエキツトガ、なんの模様も無くシンプルかつソリッド
高原で見たムシ

高原に咲く秋の花にはハナバチやハナアブ
高原で見たムシ
↑はセイヨウミツバチ、↓はヒメヒラタアブでしょうか
高原で見たムシ
野アザミやマツムシソウは蜜や花粉を求めるムシ達の大好物
高原で見たムシ
広範囲を飛びながら蜜集めをしつつ受粉を助けるこやつらがいなかったら
高原で見たムシ
種子もつかなくなって花も咲かずにいずれその種は滅びます

蜜に誘われ沢山の獲物が集まる花々に狩人が居ないはずありませんね
高原で見たムシ
カニグモの一種がハナアブを捕らえたようです

それにしても眼の衰え甚だしくピントを合わせるにもひと苦労、、まあ加齢ですからしょうがありませんが
高原で見たムシ

↓はウンモンテントウ、山地に居るテントウムシだそうですが凝った意匠が素敵です、初見
高原で見たムシ

↓はウラギンスジヒョウモン、湿地周辺の草地に多い種だそうですが、近年減少著しいらしい
高原で見たムシ

↓しめしめ、、テングチョウ発見。そう思ったのですが調べてみると違いました、、ガなのだそうです
高原で見たムシ
イカリモンガ、、、昼行性で羽根を閉じて留まり触角も枝分かれせず細く、、それこそチョウそのものですが
いったい何をしてガと呼ばせるのでしょうね

いつも誰かに聞かれると
学者は分類が大好きだからチョウとガを分けているけれど本来的に違いは無く同じもので分ける必要もなく
そもそも図鑑を見ればガの方が圧倒的に種が多くチョウは僅か、だからガのほんの一部がチョウチョなんだよ

そんなふうに答えています

(写真/E-5/ED 50mm F2.0 Macro/1.4x Teleconverter/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8/FL-36)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/322-41e786a9
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)