「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

にわで見たムシ・June2 


相変わらずのにわにいるムシたちです

ヒカゲチョウ
↑はヒカゲチョウ、その名の通り日陰を好んで花には寄りません、、キズも無くきれいな個体でした

動きモノにピント合わせて止めるのも、衰えつつある視力では難儀難儀の数打ちゃ当たる方式

↓はクロヒラタアブ、ヒラタアブとしては大きめといっても1センチ弱
マクロ域、対象追いかけマニュアルでグリグリピント合わせ〜の体を前後させつつ撮り続け
クロヒラタアブ
ちょっとひと汗、運動気分

↓はハネまでイイ感じで止まったなと思っても、、フレームアウトで残念
クロヒラタアブ
次に期待です

↓はムラサキシジミが産卵中
ムラサキシジミ
にわ廻りで今まであまり見かけなかった種かもしれません

本来このチョウの押さえどころはハネを開いたときの鮮やかな群青コバルト色
ムラサキシジミ
ですが、この日ハネオモテ面はちょい見せのみとなりました、、、

肉食系ハチ類も俄然増えてきて、いろんなのが相当数飛び回ってます
ということは彼ら肉食系の餌となる生き物総数がにわでどんどん増殖中ということです
↓のキアシナガバチも含めてこの時期のハチは滅多に刺すことはありませんし

キアシナガバチ

にわ観察者としてはにわの生物が増えるのは楽しいばかり、、なのですが困るのはスズメバチ
営巣されるとやっかいなのです、、、

しかし、にわ廻りを調べてみると、、、
小さな作り始めのキイロスズメバチとコガタスズメバチの巣を3つ見つけてしまいました
以前試したようなでっかい巣に育て上げさせるわけにもいきません、、、やっかいなのです

↓はカノコガ、ハネの鹿の子模様部分は鱗粉が抜けて透けてます、ドロバチに擬態してるらしいですね
カノコガ

ということでブラジルW杯です
我が家ではこの祭典をリアルタイムで感じたいが故のブラジルタイム生活を続けて、開幕から早10日
サッカー漬けです、、楽しいとも言えますがこれは苦行の様でもあります (@_@;)

おかげで日に日に目も肥えて、いわゆるサッカー脳になりつつあります

(写真/Olympus E-5/ED 50mm F2.0 Macro/1.4x Teleconverter EC-14/FL-36)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/305-b35c70c3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)