「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

湖東小旅・ひこにゃん 


春が来ました。長かった冬眠期も明けてやっと活動の季節です
ということでまずはジャブ的にひとつ体慣らしの小旅に出てみました

湖東小旅・ひこにゃん

車に軽く装備を詰め込んだらいつも通り高速深夜割引時間帯に出発一路西へ
なんとなく春はぼんやり琵琶湖かなぁ〜?ということにして滋賀県琵琶湖の東岸あたりを目指してひた走り

仮眠を終えて「彦根城」から始めてみるといきなり「ひこにゃん」の登場でした

湖東小旅・ひこにゃん

ゆるキャラブームの火付け役だったでしょうか、、、「生ひこにゃん」がおやつの海苔煎餅抱えて踊っていました

湖東小旅・ひこにゃん

2006年の彦根城築城400年記念イベントキャラクターとして誕生したそうですね
当時メインの築城400年記念イベントの認知度をはるかに超えた人気を得てしまった「ひこにゃん」

そんなひこにゃんは今も変わらずとっても人気!

湖東小旅・ひこにゃん

まるでモデル撮影会です、皆さん写メや動画をスマホで撮ってFBやツイッターにその場でどんどん配信拡散
これでは人気は衰えませんね、呼んだ人気がさらに人気を呼びます

湖東小旅・ひこにゃん

喜ぶ観光客を前にひこにゃんは愛嬌振りまき続けていましたが、いかんせん重いその着ぐるみ
「ひこにゃんは疲れて限界が来ました〜、おやつに帰りま〜す」そんな係員の声と共に去って行きました、、、

ひこにゃん、実は出会いのタイミングはレアなようで決まった出現は日に30分ずつの3回のみ

湖東小旅・ひこにゃん

しょっぱなからラッキーだったようですね (^^ )

さてさて彦根城、いまや12城しか残っていない現存天守の1つ
桜の名所でもあるのですが日本海性気候が入り込んだこの辺りでは桜はまだ咲き始めでした

湖東小旅・ひこにゃん

三分から五分咲き程度の花の中、湖東流紋岩が積み上げられた石垣の径を登ります

湖東小旅・ひこにゃん

石垣は築城された際越前衆が積んだという伝承がある自然石をそのまま用いた「野面積み、牛蒡積み」
嘉永7年(1854)の修理で積み直しされ、石の接合面を加工して積み上げる「打ち込みハギ、落とし積み」

湖東小旅・ひこにゃん

防御に優れた山の斜面を登るように造られた「登り石垣」敵の斜面横移動を防ぐ「竪堀」などなど

石垣スタイル色々を横目にしつつ国宝天守を目指して登っていきます、、、お城編続きます(^^ )


(写真/Olympus E-5/Olympus E-PL3/ZD 11-22mm F2.8-3.5/G20mm F1.7)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/293-4775f9d1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)