「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

秋のオートパッカー旅・妙高4 


「道の駅しなの」は景色良く山の様子が一目で判るナイスな拠点

妙高3日目は早朝の赤富士ならぬ赤妙高からスタートです

妙高燕温泉

この日は滝と温泉巡り、その後一気に移動との予定
ちなみにプランニングはすべて相方で、、ワタシはそれに付いてくカメラ係といったところです・笑

つづら折りの道を車で上って行くと鉄分含んだ赤い湯で知られる関温泉
その前に不動滝があらわれます

妙高燕温泉

落差20m程ですが景色とマッチしたカタチのいい滝、観光ポスターのポイントですね

もう少し先へ進むと燕温泉です

道しるべには秘境とありましたがそういったものでもなく
国立公園の最奥、山岳温泉リゾートの名残といった感じでレトロ風情

妙高燕温泉

小さな温泉通りを抜けたら靴紐を締め直し山に入ります

妙高燕温泉

紅葉がとても見事な山の径

しかしこれでもきっちり一週間遅かったそうです、、、

妙高燕温泉

「惜しい、、、残念!」温泉土産屋のおじいさんにそう言われてしまいました、、、
いったいここの紅葉ベストはどんななんでしょうね?

妙高燕温泉

そう言われるとまた来たくなってしまうじゃありませんか、、 (^^ )

道すがらいろいろな滝が現れて来ます

妙高燕温泉

本当にもう滝だらけで、、、
まさに滝巡りの道、そこをせっせと行きます

妙高燕温泉

とは言ってもこのルート難所も結構あって、ナメると谷底へ真っ逆さま、、、

妙高燕温泉

山装備のないトレッカーは無理せず引き返していました

山の上では葉も落ちて、辺りの秋がもうすぐ終わることを知らせています

妙高燕温泉

ひとまわり山歩きしたら温泉です

まずは「河原の湯」

妙高燕温泉

渓流沿いに脱衣所ひとつの混浴風呂、湯の華浮かぶ乳白色のにごり湯
料金は無料です

妙高燕温泉

川の音を聞きつつ少しぬるめの湯にとっぷり浸かって

次に山道をまた少し登ると「黄金の湯」
こちらも簡単な脱衣所ひとつあるだけですが男女別風呂で、やはり無料です

妙高燕温泉

源泉そのまんま、掛け流し乳白色の硫黄泉。湯温も十分でした

妙高燕温泉

この辺りはもうすぐ雪に閉ざされますので露天風呂も来春5月まで閉鎖になります

黄金の湯を出て少し歩くと展望所
ここから落差80mの惣滝が見えます、妙高のシンボルのひとつです

妙高燕温泉

これで温泉と滝巡りを終了、ひとまず妙高高原を離れることにします

午後、直江津へ向かい日本海へ出て夜まで待ち
高速道の深夜割引時間帯を使って一気に山形県鶴岡まで移動します

(写真/Olympus E-5/ZD14-54mm F2.8-3.5 II/ZD11-22mm F2.8-3.5/ED 50-200mm F2.8-3.5)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/272-426fbad3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)