「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

秋のオートパッカー旅・妙高2 


この秋旅ではまず妙高周辺で留まって山気分から始めよう
そう思っていましたからベースを「道の駅しなの」に置きました

「道の駅しなの」はおそろしく景色のイイところ
日の出時間にのそのそ車から出るだけで妙高山が朝日に焼けているわけです

妙高1

なんだか合成したような景色ですが妙高三山の黒姫山と妙高山が並んで見えたりします
朝起きて車を出ればこの景色ですからなんとも楽です

景色の良さを知ってか紅葉シーズンだからなのかこの道の駅は車中泊組が沢山でした

妙高2

さて冷える早朝に湯を沸かし熱々のコーヒーを入れたら出発

まずは軽く滝見から

妙高3

吊り橋を渡って徒歩15分程、長野新潟の県境を流れる紅葉の関川沿いを歩いていくと

妙高4

苗名滝が現れます

落差55メートル、水量の多い滝で雪解けどき最も水かさ増す季節には地響きのような音なのだそうです

妙高5

この日でも十分水量は多く迫力があった気がしましたが、こんなものじゃ無いんでしょうね、、、

観光バスが動き始める前の静かな時間、虹の出た滝を後にし

妙高6

カサカサと落ち葉の道を行けば出てくる静まりかえった仙人池をかすめて車走らせ

妙高8

標高を上げていくとダム湖である乙見湖に到着です

快晴の下、そこには焼山(2400m)を中心に据えた連山が広がっていました

妙高7

ここで山歩きスタイルを整えたら軽くトレッキング
少しだけですが山に入ってみます

(写真/Olympus E-5/ZD14-54mm F2.8-3.5 II/ZD11-22mm F2.8-3.5)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/270-3ac84ad6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)