「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

廻り目平de秋キャンプ・キノコいろいろ 


長野県川上村の廻り目平でのテント泊旅から
そこがあまりにキノコの森だったのでまずはキノコからとはじめましたが

キノコ

キノコに詳しくありませんのでベニテングタケにタマゴタケと続いたら
もう判るキノコが無くなりました

それでも森には本当にいろいろ出てましたから

キノコ

画像だけでも少し集めてみました

こういうものは何年か観続けて経験積んで
だんだん自然と判るようになるのものだと思いますが

キノコ

初心者がキノコ図鑑片手にウェブで調べてみてもなかなかムズカシイ、、、

幼菌と成熟した個体ではまるで姿が違うものも多いし、、、

キノコ

↑の右はオニナラタケでいいのでしょうか?

色形は似ていますが参考資料には倒木や切り株に群生とあります
でもこれは地面から生えてました、、、

キノコ

↑の左はカキシメジ?ツキヨダケ?どちらにしても毒キノコですが、、、
同じく↑の右なんて傘が銀色に見えます、、何なのでしょうか?

キノコ

詳しい人から見ればなんてこと無いのでしょうけど、、、

図鑑と照らし合わせて、これかなぁ〜?と当たりはつけても
はっきり特定までが出来ません

キノコ博士が辺りにいましたらぜひ教えていただきたく存じます

キノコ

キノコは菌類ですから森の最終分解者なんですよね
木や森と強い共生関係にあったり、動きつつ形を変える粘菌なんてのにもたどり着いたりして

面白すぎますから
いまさらですがちょっとキノコも始めてみたいと思います

(写真/Olympus E-5/ZD14-54mm F2.8-3.5 II/ZD11-22mm F2.8-3.5)

関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/263-2f697e4e
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)