「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

南信小小旅・陣馬形山山頂 


中央アルプスの展望地。ロケーションマニアの間で名を馳せる陣馬形山山頂

車中泊にて当地に前泊して日の出前の早朝AM4:30、展望ポイントに登ります

陣馬形山山頂

山頂は中川村が管理する無料キャンプ場となっています

いつまでも荒らされる事なくこのままであって欲しい
そう願わずにはいられない正にロケーションキングキャンプ場と言えるでしょう

まだ日の出前、飯田方面を望めば伊那谷の彼方まで厚い雲海で覆われています

陣馬形山山頂

振り返って伊那方面を見ても雲海が大河のように流れています

陣馬形山山頂

さらに振り返り南アルプス方面を見れば3000m級の山々が朝焼けの中に連なります

陣馬形山山頂

左から塩見岳3047m、悪沢岳3141m、赤石岳3120m、聖岳3013 m
少し左には仙丈岳や北岳も頭をのぞかせています

AM4:50。伊那谷の対岸、分厚い雲海に浮かぶ中央アルプスが朝焼けに染まります

陣馬形山山頂

AM5:20、朝日が昇り山が光ります。雲海も切れて来ました

陣馬形山山頂

AM8:30、すっかり雲海は消え去りました
蛇行しつつ流れる天竜川に沿った伊那谷の村や街が見渡せるようになりました
それにしても雲ひとつ無い素晴らしい天気です

目の前に中央アルプスのパノラマが南駒ヶ岳2841m、空木岳2864mを中心に広がります

陣馬形山山頂

陣馬形山山頂、、、まちがいなくこれは絶景でしょう

こんな時はもったいないから当分過ごすに限ります
コーヒーを沸かし食事を取り、カメラやスケッチで遊び、ぼんやり山を眺めて日光浴
なんだか贅沢な気分です

陣馬形山山頂

この辺り伊那谷の並びには「鹿嶺高原」「陣馬山」「しらびそ高原」と超弩級展望地が並びます
凄いところです、、、しかもその全ての弩級ポイントでテントが張れる!

あらためて素晴らしいところだと思います

(写真/E-3/E-PL3/ZD14-54mm F2.8-3.5 II/ZD11-22mm F2.8-3.5)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/237-679e1716
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)