「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

四国周遊旅・佐多岬 


宇和海沿いの入り組んだ海岸線をすっ飛ばして佐多岬半島付け根の八幡浜まで来ました

すっ飛ばして来てしまったのはワタシタチに松山で人に会うミッションが予定されていたからで
地図を見ればすっ飛ばすには申し訳ない地形が続いるのですから、、きっとまた、来ることでしょう(^^)v

伊方

八幡浜です、ここは九州海からの玄関口

港には別府や臼杵と四国を結ぶ宇和島運輸のフェリーが泊まっています

伊方

ああ、これに乗れば別府で温泉か、臼杵でそぞろ歩きにあわよくば河豚かぁ〜、、、
ふく、、いやいやそんな贅沢はイケないよぉ〜、、、と妄想にかられます

2〜3時間も乗って、降りればそこは九州なのです、、、
猛烈に乗りたい衝動に駆られるのはいつもの事ですがまずは断念して佐多岬半島を進みます

伊方

夕空に発電用の風車が浮かび上がっています、しかもすごい数
佐多岬は日本最長の半島であると共に原発で聞こえていたはずなのですが、、、、

まあそれはとりあえず置いといて (^^ )

佐多岬半島先の三崎港まで来ました
フェリーが泊まっています、、佐賀関行き国道九四フェリー、、、

伊方

ここもやはり九州の玄関口なのです
しかも最短航路、たったの70分、、、もう九州が目の前にあるのです

オートパッカー旅の信条は自由ですもの、乗ってしまうのも一手?
ローカルな雰囲気ある船だし、ずっと使ってみたいと思っていた航路なんだよなぁ〜、、ココ

伊方

またもや猛烈に乗りたい衝動に駆られますが

ここで渡ったら佐賀のみで終わりっこないですし、当然のように九州旅が始まってしまうでしょうし
ワタシタチにはこれから松山で人に会うというミッションが控えてます

伊方

ここはひとつ名物じゃこカツを九州へ向けてかざし

ぐっと我慢の佐多岬、そんな夕暮れ刻なのでした

伊方

このフェリー航路、リベンジ必須です (=_=)

(写真/Olympus E-PL3/ZD 11-22mm F2.8-3.5)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/233-e9323a24
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)