「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

四国周遊旅・外泊 


太平洋岸に続く高知県を抜け宇和海沿いに走って愛媛県南端、愛南町に入りました
複雑に入り組んだ海岸線が続き、静かな海には牡蠣のイカダが浮かんでいます

外泊

ここに来た目的は外泊(そとどまり)です
美大当時に四国を廻った旅で訪れた外泊が印象に残っていましたので
どんなもんだろうかと確認にやって来ました

外泊

外泊は小さな入り江からせり上がるような斜面に家々が建つ小さな集落で
ふもとから斜面のてっぺんまでずっと石積みがされて、石垣の里とも呼ばれています

外泊

石垣の里はくねった坂の細い路地を巡ります、、辺りずっと石垣、、どこもかしこも石垣です

村のてっぺんに上がって来ても石垣が続いて

外泊

家の無い石垣は少々荒れて風化も進んで、もはや遺跡級の味わい深きものであると感じ入りました

今は現代風の家も増えましたが以前の旅では風や潮を避ける昔ながらの家が大半でした
美大当時外泊の印象を絵に描きましたからよく憶えています

外泊

↑は石垣に隠れるように家は低く屋根は石垣に沿って張り出し風を逃がすように建てられています
こんな「台風の通り道スタイル」の家屋は随分少なくなりました

ちょうど外泊集落の村おこしイベントで「お雛祭り」が開催中

外泊

あちらこちらに土地の子供たちが作ったオブジェやお雛さまがそそっと置いてあります

お雛さま企画、、、石垣の里ライトアップもあるようです

1人電飾をせっせと石垣中に巡らせてる最中のオジサンに「6時に点灯だよ、綺麗だよ、見てって!」
そう教えてもらいましたので、、、ちょっと楽しみに、待ちます

点灯しました、、、ほのかな灯りです、、

外泊

う〜ん、、もう少し暗くなるまで待ってみましょう、、、

暗くなりました
ほほぉ〜しょぼい、、、待った甲斐がありました

外泊

期待していた通りの心地良いしょぼさです、まったくのほのかな電飾
いいですね好みです、味とペーソス。とてもポエジーです

それにしても、なんだかなぁ〜と思いますが、、外泊
なんと30年近くぶりになるんですね、、、
あのバイクとテントと血気盛んな美大生3人旅も、、、今では完全なる昔話ということですわ、、(°0°)

(写真/Olympus E-3/Olympus E-PL3/ZD 11-22mm F2.8-3.5/G20mm F1.7)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/231-2bfdee94
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)