「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

四国周遊旅・土佐清水港 


黒潮洗う好漁場持つ土佐清水港に寄ってみました

四国最南端に位置する土佐清水市は
Wikiによれば「日本の市の中で東京からの移動時間が最もかかる場所」とあります

う〜む、、「土佐のいごっそう」そんな言葉が頭をよぎります

土佐清水

港を眺めると一艘の漁船にたくさん人が集まっています、、、

寄ってみます、、、

丁度カツオ船出港のタイミングではありませんか

土佐清水

すでに船員は船に乗り込み出港準備
風に舞う紙テープで見送る家族と船はまだ繋がれています

土佐清水

第68廣漁丸、カツオの一本釣漁船です
3月に出漁して黒潮に沿って北は気仙沼沖、南は鹿児島まで漁場を移しながら水揚げを繰り返し
次に母港に帰るのはおそらく数ヶ月先なのでしょう

梯子が外されて海の男達が出ていきます、、、出漁です

土佐清水

船の拡声器からは鳥羽一郎「兄弟船」が鳴り響きます

普段演歌は聞かないのですが
この状況、、あまりにシチュエーションに合ってるもので
不覚にも力が入ってジーンとしてしまいました、、、

土佐清水

紙テープを握る家族はゆっくり出ていく船に大きく手を振り
じいちゃんばあちゃん、赤子抱いた若いかあちゃんも笑顔で離れていく船を見送ります

土佐清水

陸から離れた船はしばしの別れを惜しむように

土佐清水

港内ゆっくり旋回を繰り返し、、、

寄れば、、、

海の男達も家族へ向け大きく手を振っています
ワタシにはおよそ及びもつかない男の世界、、、海の男たち

土佐清水

船はこの後エンジンの回転数を勢いよく上げると海の彼方へと進み小さくなっていきました

なんだかリアル寅さん映画の1シーンに紛れ込んだような、、、そんなお昼どき


一部始終をワタシタチは土佐清水特産、肉厚のゴマサバ弁当もぐもぐ頬張り

土佐清水

「う〜ん、旨い」「男の世界じゃき〜」なんて言いながら眺めてるのですから、、。
旅人はまったく本当に気楽です

そろそろ太平洋岸の高知県を離れ宇和海に沿って上がり愛媛へと進みます

(写真/Olympus E-3/ZD 11-22mm F2.8-3.5/ED50-200mm F2.8-3.5)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/230-5e6146e0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)