「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

ラオスのおすすめ 

ブッダパーク

なんにも無いのがイイところ、なんて旅人囁くラオスですが
そんな中ワタシタチ的おすすめは首都ビエンチャン近くにある「ブッダパーク」です

ブッダパーク、、その名の示す通りブッダ(仏様)関連の塑像が建ち並ぶ公園です
実はここ知るひとぞ知るA級脱力ゾーン、、、お好きな方には堪えられないかもしれません

ハワイアンかと見まごう舞姫に囲まれ座禅するブッダや、、、

ブッダパーク

プレイングギターブッダ、、、

ブッダパーク

敷地中数えきれないほど立ち並んだコンクリート製塑像からA級脱力波がブアブア押し寄せて来ます
ここはちょっとオススメですから写真整理したらまとめて書こうと思っているんです

観光客もほとんどいない伸びて緩みきった南国の空気の中、漂うシュールにくらくらします

ブッダパーク

この凄い作り込みの作者は仏教、ヒンズー教信者の坊さん「僧侶ルアン・プー」その方1人なんだそうです
やりたい放題の世界観でやり切ってます

しかも作者はこのラオス「ブッダパーク」を造りあげると隣国タイに亡命し
メコン川対岸のタイ国境ノンカイにさらに規模が大きくしかも精度も数段上がった
ブッダパーク同様の仏陀公園「ワット・ケーク」(こちら正確には寺ですね)を造りあげました

(↑は前期ラオスもの ↓写真は後期のタイ、ノンカイもの、同じモチーフでより完成度が高まってます)

ブッダパーク

脱力ゾーンのファンだったら絶対にメコンを渡り国境を越え両方の仏陀公園を訪れるべきです
前期の絶妙ヘタウマ加減から後期立体劇画調まであなたの目でお好みを確かめるべきかと


ということで今ごろは
絵画教室を手伝ってもらっている後輩美大生達もラオス目指してバンコクに入ったことでしょうし
インド行き旅友のフライトも近づいて臨場感こちらまで伝わりどうにもソワソワしてきます
このままソワソワが高まっちゃうと困るのでチョット温泉小旅にでも行こうかしらん、、、
寒いもんな〜、、やっぱお湯だよな、とりあえずまた、、、進路は西かな (^^)

(写真/LUMIX DMC-G1/LUMIX G VARIO 14-45mm/F3.5-5.6)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/209-4630ec1b
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)