「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

ラダック・懐かしい未来 

ラダック

旅に出たい、出なくてはいけない、、、でもまだ解禁までは、半年ある、、、
こればっかりはしょうがない、、妄想で逃げよう、、、ならばまたラダックから、だろう、、、
ということで自己満過去旅追想やっておりますが

ラダック、この頃は「ローカリゼーション」のキーワード、本丸としても聞こえてきます
「ローカリゼーション」、、、ご存じでしょうか?

簡単に言っちゃえばグローバリズム、グローバリゼーション、グローバル時代などなど
資本主義経済界における正義の標語のように語られている「グローバル社会」
地元の元首相だって声高に「グローバルの時代なのです!!疑う余地は無い!」そう強く言ってました

ちょっと乱暴ですが「ローカリゼーション」とはその対語反意語と捉えてよろしいかと思います

ラダック

さらに言えば中央のエライ人に踊らされることなく巨大企業一極集中や富の一極集中にも与せず
地域文化、地域経済の中、地産地消で暮らしていくこと。と言えるかもしれません

「ローカリゼーション」を提唱するスウェーデンの言語学者ヘレナ・ノーバーグ=ホッジ は
グローバリズムでは幸せを感じなくなるばかりであってローカリゼーションこそが人々の幸せの鍵になる
そう言い続けています

ラダック

ヘレナは長い間鎖国状態だったラダック地方の外国人入域許可が下りた1975年から現地に居住し
今では一定の評価もされ各国で翻訳されている「懐かしい未来」という本を書きます
近年では「幸せの経済学」というドキュメンタリー映画を撮りました
日本公開が2011年5月ですから震災原発事故後、ポスト3.11の糸口としても注目もされましたね

広義に捉えれば植民地主義時代から連綿と続いて来たとも言えるグローバリゼーションというものが
いったい今まで何をしてきたのか?さらに何をしようとしてるのか?

「開発」の名の下に世界同一化インターフェイス社会を作り上げ、高度消費社会を目指す強者の本流
その先にいったい幸せはあるのか?

ヘレナは一貫してその問題定義を続けています。

ラダック

そのヘレナの思考を作った原点がラダックという土地だった、ということです

ラダックがそんなインスピレーションを与える土地であることは
旅人ならば容易に想像も共感もすぐ出来ることなのであります

(EOS-1N/ EF24-85mm F3.5-4.5 USM ポジフィルムからスキャン後モノクロ変換)



ーーーーーーー「ラダック 懐かしい未来」以下そのAmazonの紹介文ーーーーーーー
ヒマラヤの辺境ラダックにおけるつつましくも豊かな暮らしと、そこに襲い掛かった近代化と開発の嵐。貨幣経済に頼らずに、ほとんどすべての生活を自給自足によってまかなっていた理想郷に突然入り込んだグローバリゼーションの弊害。「わたしたちの中に貧困はありません」と胸を張っていた青年が、わずか数年後に「貧しいラダックにはあななたちの助けが必要なのです」と援助を懇願する。ここには近代化、西欧化の根本的な問題点が、まるでむき出しになった地層のようにあらわにされています。貨幣経済が貧富の差をもたらし、グローバル経済が本来不要なものへの欲求を生み出し人々から時間と幸福を奪う。著者は失われた幸福を惜しむだけではなく、グローバリゼーションの本質と、それを超える道を実証的に明らかにすることを決意。ラダックに息づく深い伝統的な智恵が、その新たな道を進む鍵であることを示唆しています。
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/207-938cf675
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)