「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

正月ケータリング仕込み 

お年賀キッチン

我が家ではとくにお正月料理を用意したりしないけれど
互いの実家へ持ち込むケータリング料理は作る
野菜ものは直前に作るが肉魚は下ごしらえをしておかなければいけない

サーモンは塩と砂糖をまぶして冷蔵庫に置き余計な水分を出してやる
お年賀キッチン

小一時間もすれば冷凍臭さも抜けてねっとりツヤツヤ上等なサーモンとなる
あとは香味野菜をまぶして軽めのオリーブオイルに浸けておけばよい
お年賀キッチン

タンドーリチキンに入る我が家の香辛料はターメリック、チリ、パプリカ、コリアンダー
ガラムマサラ、カルダモン、ニンニク生姜、レモン汁に塩である
お年賀キッチン

↑をヨーグルトとよく混ぜて、皮と脂を掃除したぶつ切り鶏肉漬け込んだら冷蔵庫で寝かせる
お年賀キッチン

ついでにお腹が空いてきたので今日食べる用に鶏肉少し取り分け
生姜、ニンニク、酒、塩でとり天用下味を入れておく
お年賀キッチン

牛かたまり肉は多めに塩をなすり付け、さらにたっぷりの白黒コショウをまぶし付けたら
強火で壁を作ったのちじわり火を入れていく
お年賀キッチン

火から下ろしたらすぐアルミホイルでぐるぐる巻きにて保温、余熱でじんわり火を入れる
粗熱が取れたら冷蔵庫で熟成かける、二日三日待てば旨みもぐっと増す
お年賀キッチン

豚バラ肉にたっぷりの塩をまぶしたものとさらに大量のコショウをまぶしたもの二種を
それぞれ脱水シート「ピチット」でしっかり包みさらにラップできっちり包んで空気を遮断しておく
お年賀キッチン
冷蔵庫に入れて水分を抜きつつ熟成をかける
こちらは正月ケータリング料理には間に合わない、少なくとも2週間寝かせなくてはいけない

じっくり寝かせた豚バラ肉は優秀な脱水シートのおかげできれいに水分が抜け旨みは凝縮し
上手くすると熟成香も付いた塩豚とパンチェッタとなるはずである

さてこれから野菜、豆、玉子モノそれぞれの仕込みに入る
ということで、よいお年を!

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/204-d8d37fa4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)