「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

梅干しと龍神 



紀伊半島紀州旅の模様を一日遅れ、ほぼリアルタイムでお伝えしてます(^ ^)

紀州和歌山といえば梅干し、ということで産地の中心みなべ町までやって来た
紀州梅の大産地である。辺りは見渡す限りの梅の木、梅畑

ここには梅振興館なる立派な施設まであった
お金をかけただろう梅干し博物館があったり梅の種観音像があったり、、、
建物自体は例によってやっちまったなぁ~、という公共にありがちな重厚長大なハコ物だったけど
産地の梅干しをみな試食出来るのはありがたいし楽しかった

アルカリ食品しこたまいただいたら山に入り込み龍神村へたどり着いた

龍神村にはアトリエ集落なるものがあって日本各地からのアーティストが住まっている
そんなことで龍神の道の駅にはギャラリースペースもあり土地に根ざした作品を作り展示もしていた
都会を離れ思い切りローカルな土地でこんなアートスタイルがあってもいい
というかこれからはメディアやブランドを嫌った様々なカタチがますます出てくるだろう
実は美大同期の友人もずいぶん前になるがこの龍神に入った、彼は元気にしているのだろうか、、、

あとは龍神温泉にゆっくり浸かって早仕舞いとしのんびり森と水に遊んだ
旅の疲れも出てくる頃だ、頑張ったってしょうがない
龍神立ち寄り温泉の元湯はヌルスベアルカリ泉質の湯で設備環境とも申し分なし
記憶に残るだろういい湯であった
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/187-efec2e3f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)