「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

盧雪と白浜 



一昨日、本州最南端の夕陽には間に合ったがやはり朝陽も見てみたいということで
昨日は潮岬で眠り、明けて翌日無事ご来光を見ることが出来た
この行動は私たちにとっては当然で、インド最南端カニャクマリに見たててのことである

この地まで来たからには絵描きである私たちが盧雪の絵を見に行くのも当然のことで
串本にある無量寺まで出かけてみる

貸し切り状態で見た盧雪はしなやかで遊びといたずら心が垣間見えて実に良かった
ああ、絵ってイイなぁ~、と久しぶりに思ってしまう

すっ飛ばすにはもったいない美しい海岸線だったが紀伊半島西側を北上

白浜に到着し関西人の海リゾートとはどんなものだろう、、、と観光してみる
結果、判ったのは見所とサービス精神に溢れ、もったいぶらない観光地ということである
ラクガキ禁止、駐車の仕方、喫煙禁止等しつこいほど掲示されているのには笑ったが
反面灰皿はいたるところに置かれトイレは困らぬほど多く駐車場はみな無料
立ち寄り外湯も多く、あちこち置かれた足湯もみな無料で楽しめた
神奈川に住まう身からすればいかに東京圏が世知辛い土地であるかを身につまされる

白浜は大観光地なので期待していなかったのだけれど海も浜も美しかったし
何より関西圏からの観光客を眺めるのがことさら楽しく
飾らない気質のおかんにおとん、ねえちゃんあんちゃんから目が離せなかった

ああ楽しかったと思うと共に旅のルート上では
もう海岸線ともお別れだと思うと一抹さみしさを覚えつつ、後半の旅は続くのである(^ ^)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/186-6d8595a3
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)