「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

キイロスズメバチの巣 

キイロスズメバチの巣1

うおっっ、来ましたね、これは庭まわりとして大物
キイロスズメバチの巣です

数日前まで、、ハンドボールからバレーボール大になろうとしている、、こんな巣は無かったぞ、、、
日々くまなく辺りをパトロールしているワタシが言うんだから間違いない

ウー厶、これが噂に聞くキイロスズメバチの引っ越し突貫営巣というやつですね!
(営巣初期には屋根裏や樹洞のような閉鎖空間に巣を作るが、巣が大きくなってスペースに余裕がなくなると、別の場所へ引越しして再営巣する習性がある。そのため、結果的には閉鎖空間だけでなく人家の軒下や木の枝といった開放空間まで、様々な場所で巣がみられる。ウィキより転載)
この引っ越し後の営巣スピードがもの凄い、強く見せるよう大きく立派に、素早く作るそうです

スズメバチの中でも攻撃性の強いキイロスズメバチですがこの季節は巣に直接悪さをしなければ怖くない
怖いのは晩夏から秋にかけて、、、この時期はとても危ない
写真撮りにけっこう寄ってみましたが今の季節は威嚇にも来ない、です (; ゚×゚;)
(よい子はマネしちゃぜったいにダメだぜ!わかった!!)

働きバチがせっせと巣の拡張工事にいそしんでいます↓
キイロスズメバチの巣

このまま順調に育てば♀の女王蜂1匹から始まった営巣が
晩秋までには巨大コロニー化してその巣も直径1メートルにもなるものがあるといいます
そして寒くなった頃には子育ての季節は終わりその巣の役目も終わります
残った居住者無き巣が2度と使われることはありません

本音を言えばそこまでを、、、その過程を見てみたい、、、
なにせこの巣のデザインです、渦渦の紋様を描いたような図柄です
焼き物にも似た、、、縄文のうねりであり弥生の精緻である、、そんな質感です。。。
しかもとても軽い繊維素材を重ねて成型されていて
外壁の中はハニカム構造の育房が段を重ねて、力学構造的にも完璧なわけで

地域によっては大きく育ったスズメバチの巣を縁起物と神聖視して大切にするトコロだってあります

で、カクカクシカジカ相方に説明し理解を求めてみようと試みますが、、、
3秒で呆れ顔、、、あえなく却下 (◎_◎;)

巣の出入り口は1つ、常に衛兵が見張っています↓
キイロスズメバチの巣3

ダメですよねぇ、まぁ、そりゃそうですよね、、、
今はまだ良くても秋にはトンデモナイことになる、、、そりゃそうだよなぁ、、、

(写真/Olympus E-3/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)

ーーーおまけーーー
こっこれは凄い!!やはり人間界も一筋縄じゃいかないね
蜂王国
そんな蜂の巣アートは→→→世にも奇妙な蜂の巣アートが800点超え!「蜂天国」
↑青字のリンク先、ある意味必見!!今度ワタシも出かけてみます (^o^) ↑
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/162-f9f916bb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)