「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

小旅deキャンプ・1 


絵書き仲間とのキャンプに出かけた

以前はもっと頻繁に遊んでいたはずなのだがこのところはめっきりその数も減った、そこで
「イヤイヤそんなことじゃイカンだろう」と各人以前からの懸案要望にのっとり
愛川町宮ケ瀬にほど近い中津川の河原にパラパラと集まったのだ

中津川キャンプ 2

だいたいのメンバーが集まるとなにかれ相談することなくそそくさテントを張りはじめる
いちばんテント張ってゴリゴリ豆挽いてコーヒーを沸かしたがっていたり
昆虫写真でも一緒に撮ろうと思ったりしていたメンバーの欠席が残念ではあったが
そうこうするうちテントも立ち上がって河原で火を焚きのったりと宴会が始まるのであった

小旅キャンプ1

5組の集まりにテント5張の見事なバラバラ感、個人主義であって連帯感もある不思議、、、
普通に紹介すると芸大、多摩美の日本画卒業その後それぞれ画業続けて20年~30年という
オドシの効いたマニアックなヒト達なのであるが、我々長~いお付き合いにてそのココロ緩みっぱなし

美大予備校時代の同級生が前日仕込んだタンドリーチキンを元気に焼いてくれている姿を見る、、、
もうそれだけでお腹いっぱい、、、満足なのである・笑

中津川キャンプ

今は不景気であるからにして自由を求める絵書きなんぞには特に厳しい時代といえる
ただここにはお金の為だけにこの仕事を今まで続けてきた者はいない
生きるに厳しくなっているのは間違いないがそれもまぁそれだけのことであって
今までだって皆それぞれ時期時代に対応してやって来たワケだし
どうやっても今さらニンゲン変わるわけじゃ無し、、ようするに皆スタンスに変化ナシなのである

相変わらずのクダラナイ話を連発できるのが嬉しくてたまらない

小旅キャンプ3

それぞれのテントで一晩を過ごした朝、空を見上げれば雲に覆われている
まあそんな中でも雲間からは金環とはいかなかったが欠けた三日月のような太陽を皆で眺めることも出来たし
晴れていたら日食用撮影フィルターを持っていないワタシは撮影出来なかったと思えば、これでヨシとなる

金環日食

日食後皆でコーヒーを飲み初物のスイカをウマイウマイと頬張りつつ
ひと月に1度、、いや余裕を持ってふた月に1度はまたやろう!そう約束して解散となる (^O^)

で、ワタシタチはここからまたスタートとなる
せっかく車にキャンプ用具詰め込んできたのだからすぐに帰って車から降ろすのも面倒だし
このままもう少しテント旅を続けなければもったいないだろう
そんな簡単な理由付けしつつ新東名に乗り西へと向かう

エゴの花

体調復調後初の小旅である
どの程度体がイケてるのかを確認出来る復調テストにもなるのだろうし
相方にとっても1年間の看病世話役本当にお疲れさま小旅となることだろう

出発前の野営地辺りを朝散歩してみれば満開のエゴノキからいっぱいエゴの花が落ちていた
「エゴを落とすは仏教ヒンドゥーで言うところ必定の道」、、、
などと寝不足クラクラの頭でワケのワカラナイことを思いつつ、、、
フラフラと静岡の山深く、曲がりくねった道に車を走らせるのである(続)

(写真/Olympus E-3/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4/LUMIX DMC-GF1/LUMIX G VARIO 20mm/F1.7)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/149-29dc167f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)