「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

雨でも撮れる 

雨天撮影5

もうじき梅雨
ジメジメしてカビは生える洗濯物は乾かない変な匂いも付くなどなど
どうにも散々な言われ方の梅雨なのですが
日本ならではの豊かな生態系を支えるに必要なのも梅雨であって
気候変化で梅雨が無くなったりしたらもう大変
きめ細やかシルキータッチと評判高い大和撫子のお肌もカサつき必至なのです

雨天撮影2

それはともかく雨には雨の景色があります
けぶった森、たちこめる靄、霧、、、ああ美しい、、、そう思いますし
花の色も緑の葉色ももしっとり色濃く艶やかに映って
いつものフィールドがまた違った顔を見せてくれたりもするのです

雨天撮影1

雨にズブズブ濡れながらでも撮れる
防塵防滴性能が威力を発揮してくれる
雨を気にする事なく撮れる、これがありがたいのです

雨天撮影3

これまでも雨の日にはカメラにタオルを巻いて撮っていたものの
デジタルカメラは家電、電子部品のかたまりですから安心できません、、、
銀塩時代のカメラでは無茶苦茶やったんですけどね・笑

雨天撮影4

ちょっと古くともE-3の強靭堅固なボディは十分現役ですし
これからの雨降りシーズンたくさん働いてもらおうと思っています

てなこと書いてるのも南アルプス安倍川の水源近く
こんなところから通信出来る、、、なんともすごい時代になったものです
体調復活後はじめての小旅、帰宅後またお伝えしようと思っています

(写真/Olympus E-3/ED 50mm F2.0 Macro/Olympus E-520/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/148-9bc60e5c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)