「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

ウォーミングアップ 

ミツバチ1

早春のうちは地表に低く咲く小さな花が面白いのだけれど
これからはどんどん咲いてくる花はもちろん初夏になればさらに昆虫達が一気に出て来ます
昆虫のデザインや質感は非常に面白く興味深いですからココロしてひと夏観察に励まなければなりません

菜の花は蜜吸う昆虫たちに大人気、なかでもミツバチは数も多くブンブンと蜜集め

ミツバチ2

オシリから見てもかわいいなぁ、そう思ってしまうのはワタシだけ?
後ろ足に綺麗にまとめらている蜜玉を見てさらに健気を感じます

これから沢山出てくるだろう昆虫たちに備えて新規導入の中古E-3とレンズの相性チェック
昆虫撮りならレンズはやっぱりSIGMA150ミリMACROですね
このレンズをまともなファインダーで使ってみたい。これもE-3導入動機のひとつなのです

ミツバチ3

オシリばっかじゃなんですから、、、こんな顔ですね、ニホンミツバチ、、、かわいいでしょ~

トレーニングとウォーミングアップを兼ねて飛びモノ狙って遊んでみましたが、感触は良好
5年前の機種とはいえよく作り込まれているし機械精度の高さを感じます
ピントの見え方もEー520の井戸底ファインダーと比べたら格段の違いです

ただこの手の写真は絞り込んで高速シャッターを切ることが多いので
撮影感度を上げられる機種が有利なのだけれどE-3の高感度耐性は低くワタシ的にはISO400で限界
撮影感度400が限界などと言うと最新機種から見たらダメダメのそれこそダメ機種なのですが
まあ高感度性能を除けば悪くはないのです
むしろコストをかけたであろう工作精度が作動感から伝わって来ますし
道具として使って気持ちがイイのは嬉しいコトです

でもね、E-3はパッカー旅海外取材旅にはダメだろなぁ~、と思います
、、、やたらとかさばるし重過ぎだし目立ち過ぎる、、、
むかしF3やF4やEOS1抱えて旅したあの頃の気合いのようなモノが今もってあれば別だけれども
当時の気合いはあるはずもないし、、、あの頃と今では旅のこだわりも変わってきているのです

(写真/Olympus E-3/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/141-b6d02b03
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)