「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

南房小旅・7 


今日は天気が悪い、一日雨の予報である
そんなときには車に寝そべり雨の音を聞きながら一日読書にふける
というのが国内車旅定番の過ごし方だし
普段なかなか手が付けられなかった本を開くのもこんな時なのだけれど

今回は「千葉県最大の動植物園! シンガポール国立植物園と姉妹提携しており、マーライオンが目印! 」
がうたい文句の「南房パラダイス」がすぐ近くにある、ということで雨の一日を過ごしてみました

旅人に知れ渡る「世界3大がっかり観光地」その不動のトップを守り続けるのがマーライオン
1マーライオン〔シンガポール)、2人魚姫の像〔デンマーク)、3小便小僧(ベルギー)が3大がっかりなのだが
1.2は不動、3はたびたびローレライ(ドイツ)やオペラハウス(オーストラリア)に入れ替わったりもしている

シンガポールマーライオン
写真は本家シンガポールマーライオン、当然シンガポールには行ったことがないので写真は拾いものである

少々アマノジャクなところがあるので「がっかり」と聞くと「そ、そんなにガッカリなのかぁ~」と
ぜひぜひ行ってみたくなるところなのだがシンガポールにもデンマークにもまったく興味が湧かない為
残念ながら見に行くことが出来ない、、、、、そこで「南パラ、マーライオン」なのである・(^O^)

はたして南パラにマーライオンはあった、それどころかマーライオンだらけなのであった、、、

まず南房パラダイスエントランス入ってすぐにお出迎え
うーん、いい味だしてる、お水の吐き出し方も絶妙にショボイ。やはりなかなかの「がっかり」だ

南パラマーライオン

シンガポールらん館の温室には大事に磨かれているのかピカピカしてるマーライオン
らんの花に囲まれつつお水の吐き出しがさらにショボイのもカワイイじゃないか

南房マーライオン

園内フラワーパビリオンなる建物に入ると何故か沖繩伊江島の特産品が並んでいたりして面喰らうのだが
その一角にカフェハイビスカス、、カフェというにはあまりにただの休憩所なそこにも
、、、あった、マーライオン、、、自由な展開である

もはや水すら吐かず、、、たんなる置き物マー君、、、、ちょっと寂しげ、、、

マーライオン2

さらに広い園内を歩きつつたまたま雨宿りしたら、、、いた、、マー君
ここはなんなんだろうか?、、、従業員用の物置き?なのかな

がっかりを越えて、、寂しいぞ、、、マー君、、

マーライオン

ということでいったい全部でいくつあるんだマーライオン (^O^)
そんな南パラお茶目なショボサを満喫しつつ

今回の本命「蝶館」へ向かいそこでシャッターを切ってみる
チョウチョ相手は今回本格初出動となったE-3の実力判定にもうってつけだろう

蝶館ではリュウキュウアサギマダラだったり

南房パラダイス蝶

ナガサキアゲハ♂だったり

南房パラダイス蝶

オオゴマダラだったりの大型チョウチョが温室の中にいっぱい

南房パラダイス蝶

で、新規導入ちょっと古いフラッグシップ機OlympusE-3はどうだったのか?

ファインダーの見易さマニュアルピント合わせのし易さを見込んでの新規機材導入
しかし今回は久しぶりの動きモノ飛びモノ相手
冬の間ずっと動きモノを追ってないおかげで腕がすっかり鈍っている
カメラやファインダー性能云々言う前にピントが追えない、、、
この季節虫撮り撮影はまだシーズン入り前のアスリートのようなもので調整不足
ということでEー3の真価は動きものの飛ぶ春を待たなくては判らない

一日南パラを満喫、いい感じにショボイ所だったなぁ~と満足し
次またきっと来るからどうかこのまま無くならないでねと振り返りつつ車に戻るが、、
さらに雨が強い、、、

外は雨

たいした時間を過ごしたわけじゃないけど
何泊か外で寝ていろいろまわってスッキリしたな、とりあえずもうイイや、帰ろ

ということで復路も金谷港から久里浜港に東京湾フェリーで渡って南房小旅は終了

東京湾フェリー

ちなみにこの日が平日夜とはいえ東京湾フェリーはガラガラの空き空き
どうかこの航路無くなってしまいませんように、、、何度でもまた乗りたいですから、、、
そんなことを思ってしまったフェリー派のワタシタチなのでした (了)

(写真/LUMIX DMC-GH1/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)
(写真/Olympus E-3/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4/ED 50mm F2.0 Macro
 SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)
関連記事

コメント

本物マーライオン、見たことありますin シンガポール。
あまりの不評さに、もうひとつ、マーライオンを作ってしまったシンガポールですが、
「だから、そう意味ではないっ!ふたつあればいいって問題じゃない!」と
突っ込みどころ満載だったのですが、
千葉にはふたつどころじゃないのですね、マーライオン。笑えます。

しみったれたショボさがある意味人の心をわしづかみ。

綾 #- | URL | 2012/03/23 16:02 * edit *

いいな~、本物マーライオン♡
でもコンクリートで固め尽くされたトコロに
これからはもう行かないだろうしなぁ~、、、

チャリンコ2台バラして磨き上げ、古くなったモノへの愛着は増し
経年劣化というかシミというかヨゴレというか痕跡というのか
ピカピカブランドビルの対極にあるようなそんな味わいぶかいモノが
さらにステキに感じる今日この頃

インドってそんなモノだらけ過ぎて目を見張る凄まじい質感だよね~ (^O^)

aosan #- | URL | 2012/03/24 14:56 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/137-6338d9db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)