「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

南房小旅・1 


忘れた頃に更新いたします <(_ _)>
真冬、相も変わらずさぶ~い日が続いております、、、
日本の冬、寒いっす、真夏のへばる程の暑さが今はとても信じられません、、、

じつはこの数年いちばん寒いこの季節(1月半ばから2月半ば)と決めて日本を脱出しておりました
南方系バックパッカーは万国共通なのですがとても寒さを嫌います
彼ら彼女達の理想は年中果物が辺りで生っているような気候なのですが
ともかく少しでも暖かいところに移動しカラダを緩めて過ごしたく思う習性があります

南房小旅1

たとえばワタシタチのホームグラウンドであるインドでは
大地が耐え難き灼熱に覆われる暑季にはヒマラヤ山岳地方のダージリンやマナリやラダックに逃げ
山がいよいよ寒くなってくる乾期なるとゴアやコバーラムの南方ビーチに下りてきて
ほどよい暑さのクリスマスや年末を迎えるというのが長旅さんの定番だったように思います

ともかくそんなわけでワタシタチもこの数年少しでも温かくと思いパッカー道の慣例に従い
厳冬ニッポンから逃げて南アジアや東南アジアで縮んだカラダを伸ばしていたのですが
今年はワタシの体調がいまだ海外旅までは許してくれず、、、
かといってコタツから出られず過ごすのにも耐えられず、せめて国内旅定番のお気楽車中泊旅と思ってはみても
日本各地の低温を見ればこの寒さの中では、、ウゥッ、とどうも腰が重くなる、、、

このままではワタシはくさってしまう~、、嗚呼、、、とボヤキ
いまだツボミの膨らんでこない庭の梅の木なんぞをボンヤリ眺めていると
「ココと同等くらいに暖かいのは房総なんじゃない、なんかお花も咲いてそうだしさ」
なんてことを軽く相方が言ってくれるのでササッと思い立って出かけてみました、千葉県南房です

家から車で15分弱で久里浜港、素晴らしいアクセス、まさにお気軽イッシシ (^O^)
東京湾フェリーに乗ります。少しの時間でも船旅のトリップ感はイイですね
対岸に三浦半島久里浜の火力発電所がどんどん小さくなっていきます

南房小旅2

風は強かったですが空は青く海も蒼くカモメも飛んで
休日の土曜日だったせいか程よく乗った乗客達もデッキに出て40分の船旅を楽しんでおりました

子供の頃からこの路線東京湾フェリーには何回も乗っています
自転車を積み、オートバイを積み、車を積んでは海を渡り房総側の金谷港に降り立ちました

南房小旅3

ですから金谷港という響きは特別でずっと以前から定番房総小旅の始点であって終点なのでした
いつも旅はワクワクしながらここから始まり
ひと旅終え陽にさらされ火照りつつ旅の余韻を静かに締めくくるのも金谷港です

今回はたった数日間の予定ではありますがちっちゃくホームからの脱出
それでも荷室を寝室仕様に仕立てシュラフを積んだ車で出かければもう意気揚々なのです
新規導入したちょっと旧型Olympus E-3のテストにもいい機会です \(^-^)/

(写真1枚目/Olympus E-3/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)
(写真2.3枚目/LUMIX DMC-GH1/G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/131-813159ab
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)