「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

新機材・E-3 

E-3

新しいカメラボディー

とはいっても5年近く前に発売された機種
デジタルの世界で言えば5年は相当古い

そんなカメラボディーを中古で探し新機材として導入してみた

テクノロジーとしてはいささか古いE-3
いまさらながらの導入理由は
まともなファインダーが欲しかった、この一点に尽きる

今は後継に譲ったとはいえ当時のメーカーの顏、フラッグシップ機である
エンジニア入魂の視野100パーセントまともなファインダーが奢られている

これでE-520で難儀を極めたマニュアルピント合わせも少しは楽になってくれるだろうし
実際手持ち機材で1番まともなファインダーを持つE-300とその覗き具合を比較してみても
E-3のファインダーはひと目でスッキリとクリアーだし明るく広い

オートフォーカスや合焦速度もオリンパスにしては頑張ったらしいので期待はしている
ZD50ミリマクロ、Σ150ミリマクロ、パナライカ25ミリ等のお気に入りレンズ達の
ピント精度も上がってレンズ性能をもう少しは引き出せるんじゃないかしら

ZD50ミリマクロ、ZD1.4xテレコンバーターの装着で防塵防滴セットとなる(写真)
雨も嵐も砂塵も寄せ付けない適度な被写界深度の換算140ミリ等倍マクロとなり
めでたくスーパーフィールドカメラが完成した事となった

このカメラに見合ったハードな環境でガシガシ使ってみる本格出陣が
まだどうしても少し先になってしまいそうなのが残念至極ではある
こうなったらいつもの庭まわりでこつこつテストを重ねて
来たる出陣に備えておかなければならないと思うのです (^O^)

(写真/LUMIX DMC-G1/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/130-a861827c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)