「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

にわまわりの紅葉 

ドライあじさい

この秋も出掛けられなかった、小旅にすら出ていない
どうもいまだ完調ではないことで持ち前のフットワークを失っている様である、、、
紅葉すらろくに目にしていないのだがにわまわりで我慢としなければならない

アジサイは各種ボコボコ生えているのだが
全部の花を落とさずそのまま付けっぱなしの場所をつくっておく
すると勝手にドライフラワーとなる
この辺りじゃなかなか無いけど寒い冬日に凍りついたりするとより綺麗

アジサイの葉っぱ、、、紅葉してる

紅葉あじさい1

美大恩師の堀文子先生
「命の間際に燃やす一瞬の炎、虫喰いの痕すらいとおしい」
たしか紅葉した落ち葉をこんな風に評しつつ描いていらした気がします

カシワバアジサイの紅葉は色がなかなか激しい
これはまたハレーションを起こしたような赤だな~、色飽和起こしそう

紅葉あじさい2

確かになぁ~、よくもこんな色に変わるもんだよな
この季節当然受粉も終えてるわけだし
死にゆく葉っぱがここまで変化するなにか必然があったのかね?

と、いつものように観てはカッシャンしていると
やっぱりいつものようにノラニャンコ達がやんややんやと近くで遊んでいます

ちゃめくん だいごろう

寒空の下にひとり葉っぱを相手にしていても君たちがいるからちっともサミシクありません
推定誕生月が5月ですから生誕半年ですね、大きくなったよなぁ~

どちらもオンナノコですが手前がちゃめくん、奥がだいごろう
わたしたちはそう勝手に呼んでいます・笑

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/123-b7a48ca7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)