「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

ニャンコロリン 

ニャンコロリン

パッカー旅人として中堅からそろそろベテランの入り口にさしかかってくるのを感じつつ
中年パッカー旅の回想話でもまたボチボチ続けてみようかしらん、そう思ってはみたものの
あっちこっち出掛けているにもかかわらず話はいつものようにインドへ向かい
さらにその上またバラナシが出てきてしまう、、、

バラナシ~~ バラナシさんよ~、などと思い返せば
いくらも溢れ出てくるものはあるがどうにも整理がつかない

これだっていつもの事。整理しちゃったら嘘になる、いくらわかった顔したってわかりっこない
楽しかった~いい思い出だなぁ~、てな感じで分かり易く出て来ないところが
この街のややこしいところでありバラナシのバラナシたる所以でもあるのだ

澱が溜まり滞り沈殿している、でもよく見るとそのずっと奥の方に覗き込めばなにやら光が見える
アナーキーで猥雑でイカサマだらけ、でも実はそこに聖がじっと潜んでいたりもする
こんなふうに書いてみたって文字ではどうにも伝えきれないのも知っている、、、でも繰り返す

そして今回もあれこれと彼の地に思いを巡らせていたら、どっぷり風邪をひいた
まだ体調は万全ではない、そこに風邪はとってもマズイ、、、
やはりインド、ことバラナシは行くにも書くにも覚悟と十分な体力が必要なのだ

ということでクルリンパとまたネタを飛ばして
家廻りのニャンコロリンたちにもこのブログに登場してもらうこととする

ニャンコロリンたちは野良猫である
家周りで馴染みのニャンコはついこの間まで5匹だったが今は4匹である
彼らは血統のつながったファミリーでありその系譜をたどればワタシタチよりこの地での居住歴は長い
ようするにこの土地に住む先輩でもある
托鉢よろしく我が家にも顔を出してくれるので供物を差し出させてもらうこともある

そんな彼らの様子もこれからボチボチ出てくるかと思うのです

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/118-49adbc0c
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)