「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

回想、プリーの浜辺 

11.11.5フ#12442;リーの浜辺

西富士小旅の続きをと思ってもいまは11月、もう晩夏の話を書く気分でもなく、、、
世の中の様子をうかがってみてもどうにもやりきれない酷い話ばかり聞こえてくる
なまじ母国で言葉の理解が出来ると情報が入り過ぎちゃって困る。知らぬが仏ということもある
しかも展覧会が近まっていてどうにもクサクサする

あぁもう南半球のどっかにでも移住しちゃうもんね、そんな妄想が出てきたら、、、こんな浜辺を思い出すと良い

プリーの浜辺は延々とどこまでも続いている、そんな錯覚を起こさせる程に果てしない

インドヒンズー世界の中でもことビシュヌ派にとっては屈指の聖地
しかしここでは聖地特有のゾワゾワビリビリ来る威圧感もほとんど感じる事はなく
時はきわめてゆっくり流れ、まるっこい顔で小柄のオリッサ人たち日々のちょっかいも楽しい
此処は大ジャガンナート寺院参りを終えホッとした面持ちの巡礼者たちがそぞろ歩く浜辺

苛烈な太陽が傾いたころ旅人達はベンガル湾の風に涼み、刻が止まった様な景色を眺めに毎日のっそり出てくる
どこまでも穏やかで柔らか、そんな浜辺なのである。

プリーの夕

むむ~、どこでもドアが欲しい、、、笑
関連記事

コメント

母国語情報が一切入ってこない場所って、このご時世・心が楽になります。
、、、相手の言っていることが理解できないのが難点ですが。
プリー、いいね。また行ってみたい。

綾 #- | URL | 2011/11/06 13:12 * edit *

言葉の通じない世界に入る喜びってあるよね
都合の悪い事にはわっかりませ~んで済ませられるし
日本語理解出来るヒトなんてまずいないわけだから
ワタシタチ旅先では伸び伸びくだらないことでも大声でお喋りしてる
で、帰国すると壁に耳あり、いきなりヒソヒソ喋りになっちゃう・笑

日本も弱くなったし自由旅ジャパニも激減してるし
これからますます日本語出来る現地人いなくなるんだろうね

コルカタinハウラー駅から一晩、シーツ毛布付きの一等寝台予約しといて
サダル界隈とプリーの浜辺だけに過ごして
プリーはプリン以外美味しいもの無いからピザ屋に逃げるけど
コルカタでは美味いベンガル料理、庶民店から高級店まで選び放題
なんにも考えない大人パッカーの楽旅、どお?行ってみる?

aosan #- | URL | 2011/11/06 14:49 * edit *

いいね、カルカッタ・プリーだけの滞在。で、疲れたらオベロイに宿泊とか。

先日のヨーロッパではアジア人の観光客の99.999%がチャイナでした。
滞在中、日本語一切耳にせず。
経済力が逆転したのかもしれないけど、
それだけではない「勢い」みたいのを感じる。
怖いもの知らずというか、このまま一生ハッピーっていうか。
、、、、あ、バブル真っ最中の日本と一緒かも。


綾 #- | URL | 2011/11/07 14:02 * edit *

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/112-78e76a7a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)