「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

オリンパ逝ってよし 

ミツバチ1

日本はもとより世界のケーザイ界に醜聞をさらしている今回のOlympus事件
残念というか非常に腹立たしい、、、そしてあまりに陳腐
ケーザイというものについてはさっぱり判らないし考えてみた事すら無いのではあるが、、、

ミツバチ2

ケーザイ社会、どんなにきれい事を並べ武勇伝や美徳や逸話を並べてみても、、、
どうにもこうにも狸の化かし合いなのだろう、そうとしか見えてこない
Olympusだけではない。ケーザイとはそういうものであって皆大同小異、所詮そんなもの
そう思ってはいるのだが、、、
それにしても今回の件は酷い、経営者(偉い人)の欲の皮が人相にまでにじみ出て見えてくる、、、

主幹となる医療機器はともかくとしてカメラ屋としてもボチボチ名を知られているわけだし
その光学製品はpenやOM-1をはじめカメラ史に名を残す凄モノも数々生み出している
もっともそれも米谷美久という類い稀な優れた光学技術者あってのことだったのは言うまでもないことなのだが

蘭の花

時代は流れカメラがデジタル化をしてフォーサーズ規格になってからも
ことネイチャー系の写真を撮ろうと思ったら相性が実によろしいし、よく写る素晴らしいレンズも多い
今回使った50ミリマクロF2.0も実にシャープでありつつ味わいもある。そんな愛着の湧くレンズなのである

今回の件、設計技術者や光学職人いわゆるエンジニア達はどう思っているのだろうか?
オリンパスという企業がこの先どうなっていこうともむろん知ったことではないが
なんとしてもモノを作り上げる知恵と技をを持つエンジニア達には
今後も力を発揮する場があり続けることを願ってやまないしガンバッテほしいとエールを送る

ミツバチ3

いつの時代もそうなのだろうがどうも欲惚けした偉いヒト達に囲まれているような気がしてならない
しかも欲に呆けた偉いヒト達は利権村の中でガラパゴス化し、もはや自らの標準を見失っているようにも見える
それはオリンパスの件に限らない、原発事故に対する一連の酷い有りようも然り。すべては縮図に思う

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro/FL-36)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/111-a8dfd038
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)