「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

ホシホウジャクとホトトギス 

ホシホウジャク1

続きモノ(西富士小旅)で書いているワケですが、、、飽きっぽいのでちょっと飛びます・(^O^)
「にわあそび・ときどき旅」としながら庭モノがありませんでしたので今回は庭写真で

秋の花ホトトギスが満開です
まったく庭仕事が出来なかった今シーズンでしたがそれでも伸び伸び育って沢山の花を付けてくれます

そこを大きな羽音で飛び回り蜜を吸って廻るのはスズメガの種類のホシホウジャクです

ホシホウジャク2

彼らが飛んでくるとその大きな羽音がスズメバチを思わせて思わず反射的に避けてしまいます
秋のスズメバチは怖いですからね

ハチドリのように空中静止を繰り返し、素早く花から花へ飛び回って器用に蜜を吸っていきます
腹部を背中側から見るとエビの尻尾に似ていたりしてエビフライなんて愛称も付いていたりもする種類です

ホシホウジャク3

ずんぐりとした大きく重そうな体に小さな羽、それ故高速に羽ばたいて飛行するのだと思いますが
一説によるといくら高速に羽ばたいたところでこの質量の物体を空中へ持ち上げる事は力学上出来ないとしていて
ではどうしているかと言うと空気の粘度を上手いこと利用しているというのです

ホシホウジャク4

空気の粘度?? なんだかよくワカリマセンが自然はあっさりと凄いことをやっていそうな感じです

ということで世界の悪玉となり残念な話題満載であるオリンパスカメラセットで撮ってみました
このED 50mm F2.0 Macroなんてほんとによく撮れていいレンズなんだけどなぁ~
光学系、まだまだ素晴らしい技師が働いていると思うのだけれど、、、残念だなぁ~

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro/FL-36)
関連記事

コメント

コメントの投稿

Secret

トラックバック

トラックバックURL
→http://atelieraoyama2.blog54.fc2.com/tb.php/110-d9cbb0f7
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)