「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

三浦海岸と金沢まつりの花火 


8月も今日で終わり、、夏が弱まり消えていきます

三浦海岸の花火です

三浦海岸花火大会

8月9日開催ですから少し前ですね、、実家の両親と共に観ました

三浦海岸花火大会

手前に建物が被ってますが、実家からの景色ということを特定出来てむしろイイのかなとも思います

三浦海岸花火大会

機材を少しばかり持ち込んで三脚2台をベランダに並べ、花火用のカメラ設定を済ませて

三浦海岸花火大会

レリーズ片手に花火撮影の基本であるBulb長秒撮影をやってみました

三浦海岸花火大会

今年もいくつか近隣の花火を観て回りましたが、三浦海岸の花火も良かったですね

三浦海岸花火大会

特に終盤に続けて上がったおっきなお花モチーフのような花火は特長もあってインパクトがありました

三浦海岸花火大会

水中花火は建物に遮られてしまいますが、、まあこれはこれで面白いでしょうか

作品にするわけじゃなし、あくまで遊び、、遊びはより自由です、好きなように楽しめればイイわけです

三浦海岸花火大会

ラストの大しだれは例年と同じくフレームアウトするほどのサイズで空を覆いましたし

三浦海岸花火大会

初の長秒撮影に挑んだ両親でしたが、、あんまりにも良く撮れていてワタシの方が驚いてしまいました (O_O)

ここからは金沢まつり花火大会ですね
この日はお仕事の絵画教室でしたので、花火用セッティングもなにも無く手持ちで適当気分

金沢まつり花火大会

アトリエを終えてのち徒歩至近の龍華寺の駐車場から観ました

手持ちで適当ですからクォリティはともかくとなりますが、状況描写としては面白いと思います

金沢まつり花火大会

金沢まつりの花火は例年8月最後半、ですから夏が終わる、、そんな寂しさがいつも付きまといます

金沢まつり花火大会

ああ、この夏も終わってしまった、、
子供の頃からずっと変わらないそんな感傷っていったいなんなんでしょうね、、、

ヒトも含めた生きものすべてが沸き返るお祭りの時期を終えて
またこれから終息の冬へと向かうんですよね、、もうすでに再生の春が待ち遠しい、そんな気分です (^^ )


(写真Olympus E-PL6/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD/LUMIX G VARIO 20mmF1.7)

森戸オアシス・Peace-K祭り 


葉山の森戸海岸にある海の家「オアシス」へ久しぶりに行ってきました

森戸オアシス2016

洒落た竹組み母屋にかなりいろんなタイプの人たちが集って、ちょっと多国籍な雰囲気

森戸海岸に建つ海の家、、ですが更衣室シャワー等の設備はありません

森戸オアシス2016

ちょっと失礼して昔話となりますが、、、

美大に入る前に通った美術予備校時代、、その夏コンパがこのオアシスでありました

森戸オアシス2016

ずっと運動系一筋からがらりと変わって美術に向かったまっさら新米美術系の高3です
美術系の流儀佇まいもろもろがみな驚きでまだおののいている頃だったでしょう

森戸オアシス2016

そんな初期の強烈な美術的原体験のひとつがこの森戸のオアシスなのでした
あの海と空が溶けあってキラッキラしつつも静寂帯びた夕陽、それはあの時あの頃ならではのものでしょうね (^_^;

オアシスの開業を調べると1981年、その夏コンパも遡るとたしか1981年頃だったのではないでしょうか

それから30数年を重ねて森戸オアシスは敷地も拡張、今では伝説の海の家(海のライブハウス)ですね

森戸オアシス2016

ということで、、今回出不精のワタシタチは近親の友人に誘ってもらって
ならばと混雑すり抜けいつもながらのスクーターでトコトコ森戸まで

森戸オアシス2016

その日のライブプログラムは「Peace-K祭り」

ライブはビール片手にゆる〜くはじまりました

森戸オアシス2016

Peace-Kの愉快な仲間たちがいろいろ出て来て、、、とのことでしたが
しょっぱからギター越野竜太‬にao young、ドラムパーカッションPeace-Kと濃ゆく始まって

児玉奈央‬が歌っているところへ

森戸オアシス2016

ハナレグミの永積タカシが入ってくる頃にはさらに熱気を帯びて

森戸オアシス2016

オアシスの砂地会場もビーサンのお客さんでいっぱい

森戸オアシス2016

スチャダラパーのBOSEさん出て来て「今夜はブギーバック」を織りこみつつ演れば

森戸オアシス2016

真夏の夜はさらに熱く

森戸オアシス2016

海に建つローカル芝居小屋な雰囲気、、この距離感がたまりませんなぁ〜

ということで、、なんだか思いがけなくとってもいい夏の一夜となってしまいました

森戸オアシス2016

ワタシタチも数年ぶりのオアシスでしたが

森戸の小さなビーチに海の家の姿で建ちつつもある種のカルチャー発信基地として
今も変わらずそれぞれのオアシス体験をこっそりと時に根深くふり蒔き続けているのを見届けて

なんだか安心して海沿いの家路につきました


(写真Olympus E-PL6/LUMIX G VARIO 20mmF1.7)

よこすか開国祭 開国花火大会 


よこすか開国祭の開国花火大会へ行って来ました
いえから一番近い花火大会です

横須賀花火大会

いつも通りにスクーターの2ケツにて、、ものの5分も走れば会場付近のうみかぜ公園です

夕に会場入り、海辺にひらけた広場はもう人でびっちり埋め尽くされていました

横須賀花火大会

発表によれば17万人の人出だそうです、、、

横須賀花火大会

前回の久里浜花火に引き続きこの日もコンディションは良く

上空でちょうどいい風が流れて最後までクリアに観ることが出来ました

横須賀花火大会

打ち上げポイントは港湾埋め立て地、新港埠頭先の海上付近です

横須賀花火大会

横須賀花火大会の特長というと、、、「時間が短いこと」でしょうか

横須賀花火大会

30分で終わっちゃいます、、出遅れたら場所捜しているうちに終了〜てな感じです

横須賀花火大会

しかし、、短い時間で打ち上げ数が5000発だそうですので

横須賀花火大会

それはもう小気味よくテンポ良くポンポン上がるのです

ポイントポイントで火薬がポイポイ海に投げ込まれ

横須賀花火大会

水中花火も彩り添えているうちに

横須賀花火大会

あれよと気が付くとフィナーレ、、水中連発&大空中ナイアガラが打ち上がります

横須賀花火大会

ドッドドーン!

換算22ミリのレンズ広角端でやっと一杯一杯フレームイン、、見上げて首が痛くなりました (^^ )

横須賀花火大会

気を持たせたり引き延ばすことなく、無駄な解説が入ることもなくって
大玉、変わり花火にスターマイン、、、フィナーレまでリズムをもって一気に持っていかれた感じです

30分で5000発はぎゅっと凝縮、、濃厚な時間になりました


(写真Olympus E-PL6/ZD 11-22mm F2.8-3.5)

ニイニイゼミの羽化 


夏ですね!にわのむし達もいまやまっ盛りということで今回は昆虫モノです
むしが苦手な方もおられることと存じますが失礼いたします

(ホントにお嫌いな方は見ないでネ)


ということで、、ひと月前ごろのにわ先で見つけたニイニイゼミの羽化です

ニイニイゼミは6月下旬から7月にかけてと早めに登場する小型のセミで
体長2.5センチ程度、鳴き声は「チー…ジー…」の繰り返し、とくに朝夕よく聞こえてきます

ニイニイゼミの羽化

幼虫は全身泥をかぶっている質感ですからニイニイゼミとすぐに特定出来ます

夕方5時30分頃です、背中がパカンと割れて羽化が始まりました

ニイニイゼミの羽化

にわ先での様子はこんな感じ、、地上10センチ位でしょうか

ニイニイゼミの羽化

比較的低いところを好んで羽化するのもニイニイゼミの特長です

実際は結構小さいですよ、、幼虫の体長が実測で1.5センチです

ニイニイゼミの羽化

この辺りまで出てくるのに10分ほど

このあとググッと反り返るように出て来て落っこちちゃいそうに見えるのですが

ニイニイゼミの羽化

ぐい〜んと起き上がって来ます、、ここまでで30分〜40分ほどですね

ニイニイゼミの羽化

ここから縮まっていた羽根をゆっくり伸ばしていって

ニイニイゼミの羽化

伸びた羽根が乾いて固まって、各部が機能して来るまでじっくり待ちます

ニイニイゼミの羽化

↑の写真データを見ると午後7時半すぎですので羽化開始から2時間強位です


たまたま撮りやすい位置でセミ羽化を見つけたので自動連続撮影用に一台カメラを設置したのですが

ニイニイゼミの羽化

まあとにかくうちのにゃんこたちにとってはセミの羽化なんて格好の遊び相手ですから

ニイニイゼミの羽化

隙あらばと虎視眈々狙ってくるワケで

ニイニイゼミの羽化

自動撮影にしたものの羽化セミをガードする為、まるで気が抜けませんでしたよ


ということで
撮影中やっぱりにゃんこ達に三脚蹴られたり、日が暮れて光源途中で設置したり
ピント抜けにフレームアウトと、、、どうにもうまくありませんが

羽化の様子を繋げてパラパラ動画にしましたので、よかったらご覧下さい





まあね、学術研究でもなく単なる観察遊びなんですからこんなもんで十分です (^^ )


(写真Olympus E-5/E-PL6/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8/ED 50mm F2.0 Macro)