「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

回想・スリナガル2 


振り返りはじめてしまった初期のインド旅
今回もインド北部ヒマラヤの入り口、ジャムーカシミール州のスリナガルにて続きます


モンスーンの季節、スリナガルの安宿ハウスボート滞在中激しい風雨が襲った

スリナガル

安ボートがずらっと並ぶジェラム川の水位もみるみる上がり
安ボートの雨漏りも酷く、いくつかのハウスボートは増水で係留ロープがちぎれ濁流を流されていった
ハウスボートは動力を持たない大きな屋形船であるから流されてしまったら対処法はない

とにかく大雨の間カシミーリー(現地人)達の大声が飛び交い、悲鳴と共に泣けや騒げよの大パニックである
「おいおいモンスーン季は毎年のことじゃないのかよ」と冷静なのは旅人ばかり

夕にはおおかた猛烈なスコールも上がり

スリナガル

大きな虹が空をまたぐ、かの国は気候も激しく極端なのである

スリナガル

翌日、見慣れた辺りの景色は一変していた。酷いと完全水没、良くて床上浸水。とにかく辺りは水浸しだった

スリナガル

それでも徐々に水位は下がっていく
すると現地カシミーリー達がニッコリしながら顔を出し

スリナガル

昨日この世の終わりの如きテンションで奮闘していた安ボートオーナー親父マホメットも急転ガッツポーズ

スリナガル

にしてもここに上げるのが申し訳ないほどのボロ宿だった(↓は浸水前の母屋である)
宿代は朝晩2食付きで25RS、レート換算250円程だったと記憶している
当時のスリナガルで日本人が多く集った安ハウスボート、その名もハウスボート「 JAPAN 」である・笑

スリナガル

川に浮かぶしょぼいハウスボート部分にバックパッカー旅者は住み食事時には陸の母屋に上がって集った

夕食は宿母さんお手製サブジ数種類にカレー数種が大皿で床に並び、それを車座の皆で取り分けた
朝食はカシミールロティに特産のハチミツ、ミルクの入らないカルダモン浮かべたカシミールティーが付く
たまになんの祝いなのかヒツジを一頭潰してノンベジも出たし、とにかく腹一杯食べられた

スリナガル

今思い返してみてもここに棲まう旅人は特別に濃かった
サドゥ化した超ベテランからヒマラヤ登山家に世界を股に掛ける鉄ちゃんなどなどなどのツワモノだらけ
20名程いた旅人のキャラ濃度は半端なく、中で日本を引きずった甘ちゃん初心者1名、それがワタシだった

いよいよ水が引いてくると安ボート一家総出でここぞとばかりに母屋の水洗いがはじまった
あっけらかんと大掃除なのである

スリナガル

毎年モンスーンで同じ事は起こるのだし水位が上がるのなら根本解決として母屋の場所を何故動かさないのだ
何故に災害レベルを繰り返す、、そんなふうにまだ日本人脳の残る初心者は考えたりもしたが
自然のエネルギーと共に喜怒哀楽を爆発させるカシミーリー達に圧倒され、それはあまりに生き生きと映った

つごう3週間ほど滞在したであろうスリナガルの安ハウスボート
あれから四半世紀が過ぎ、みんな元気にしているだろうか?

(写真/Nikon F3/Zoom-Nikkor 35-105mm f/3.5~4.5)

回想・スリナガル 


風邪っぴきで秋旅を逃したら、海外パッカー旅にも随分出ていないことまで思い出し
こりゃイカンと初期のパッカー旅をパラパラやってみた

↓はインド北部カシミール州の州都スリナガル、ナギン湖夕景といったところ

スリナガルダル湖

灼熱の国の避暑地、風光明媚なスリナガルをいく旅人は湖や川に浮かぶハウスボートが宿となる

スリナガルダル湖

そのハウスボートの数はもう徹底的に多くあきらかに過剰であるが故、苛烈な客引き合戦が恒常的

スリナガルダル湖

ハウスボートのランク付けはカーストの国よろしく格差明快であり
安宿となるハウスボートは広く景色の良い湖沿いには無く淀んだ茶色の川沿いに固まっていて
そんなところにバックパッカーは多く棲まっていた

スリナガルではシカラという小舟を雇って水に遊ぶのも常

スリナガルダル湖

ヒマラヤの入り口の山々を映す湖に浮かぶ小舟に揺られるのは気分もよい

その名もとどろくカシミール商人の本拠である
当然買い物などしようものなら鬱陶しいことこの上なく、もう笑えるほどの度を超したふっかけぶりで
気合いの入った価格交渉などは数日を要したりもする

スリナガルダル湖

もう長きにわたって外務省が「渡航の延期」をおすすめしている場所でもある
印パ領土問題があって国境線も不明瞭な場所で危ないから行かないでもらいたい、ということだ

その当時はまだ渡航自粛令は出ていなかったと思うが
それでもスリナガルではたびたび爆弾の破裂音を聞いた。記憶ではすべて就寝時の夜間だったように思う

スリナガルダル湖

そのたびボート安宿の主人がやって来て、イスラムの仲間がまた何人死んだ、そんな事を叫んでいた
印軍の兵がやたら目についたりパスポートチェックも多かった

それでもどうということなく街は日常を営んでいたし古色を帯びた木造の街も美しかった
この地方大半を占めるイスラム人達も明るくエネルギッシュで感情豊かに見えた

スリナガルダル湖

そうは言っても旅者にはなにもわかるまいか

イスラムの民は旅人に手厚くあたるよう、との教えを持っている
実際はどうかと言えば、これが本当であり沁みるほどにとことん親切である
これにはゲストに対する心というものを教えられ、イスラムの一端に触れた気がした
かれこれ25年前になる初期のインド旅である

(写真/Nikon F3/Zoom-Nikkor 35-105mm f/3.5~4.5)

回想・紅葉の秋旅 


本来ならばもういっちょ秋旅へと出掛けているはずでありましたが、、、
長引く相方のゲホゲホ風邪がとうとうワタシまで来て、やっぱりおんなじゲホゲホとなって

調子が悪いんじゃしょうがないと、あっさり旅は未決行となりました
山形 秋田辺り狙って、ぐるっと周遊のんびり旅の予定だったのですが、、、

そこですっかりいじけてクサクサしつつ、、以前の秋旅画像をパラパラと

回想秋旅

こちら北陸を巡った旅ですね、、立山辺り

画像データを見ると11月はじめの丁度今頃、使用カメラはOlympus E-300とあります

回想秋旅

E-300は今も手元に残りますが、ワタシがコンデジから一眼デジに移行した初号機ですね

立山の山懐は微妙に紅葉が終わり行く、そんな季節でした

例によってご当地メニューをまぐまぐ食しつつの旅です
回想秋旅
おろしの越前蕎麦は笏谷そば
回想秋旅
これは蓋が閉まらないなんてもんじゃ無いですね、、笑 福しんのソースカツ丼(大)

当時コダック社製のCCDセンサーを積んでいたOlympus Eシリーズはポジフィルム的な発色との評判でした

回想秋旅

たしかに記憶色に寄ったその発色はそう思わせるところがあって
青描写を「コダックブルー」や「オリンパスブルー」などと称してファンは喜んでいましたよね

滝見台園地にて 称名の滝辺りの紅葉風景が続きます
回想秋旅
落差350mは日本一です

あっさりよりもコッテリ、透明水彩より不透明のガッシュ、色筆でもうひと盛りしたような発色
ちょっと自然さに欠けるなぁ、そう思うもハマればハッとする絵をコダック画像素子ははき出しました

回想秋旅

難と言えばホワイトバランスのじゃじゃ馬ぶりが相当に酷く
オート設定等もはや信用ならず、当時のE-300使いは皆その都度手動設定をされていたことでしょう

今思えば、バランスよりも癖を楽しむこの機種はちょっと古い欧州車との付き合いにも似ていましたね

この旅は福井 石川 富山と北陸を巡りさらに紅葉求めて北信州へと入っていきました。戸隠山をかすめて
回想秋旅

そもそも数あるカメラメーカーからなんでOlympus?E-300だったの?そう問われてみたなら

その当時いちばん値頃感があって抜きん出て買いやすかったから、、と

黒姫山を映す野尻湖に至り
回想秋旅

当時まだ銀塩志向の残るワタシはデジカメをカメラでは無く家電ラインのものと思っていましたし

一眼レフ趣味は銀塩で終了。デジカメはコンデジで十分、以後は機動性を生かしてスナップで楽しみましょう

さらに紅葉は続きました
回想秋旅

そんなふうに思っていましたが

その頃に、ちょっと知られたデジカメ使いであるIKさんとの出会いがありまして、たびたびカメラ談義
あっさりとデジ一眼への扉を開けて下さいました m(_ _)m 

それから10年近くただの値頃感から選んだOlympus数機種を使い続けてしまい、あれよと今に至ります

(写真/Olympus E-300/ZD14-45mm F3.5-5.6/Canon A80)

回想・佐渡の秋旅 


11月に入りました、本来ならもうひと旅出掛けているはずなのですが
長引く相方の風邪がいまだすっきりしません、、そんな訳でぐずぐずとしています

佐渡秋旅

そこで昨年の今頃はどこにいたのだろうと思い返してみると、、、

佐渡秋旅

おけさ船浮かぶ佐渡島を旅していました

佐渡秋旅

時節柄、紅葉だろうと期待して大佐渡スカイライン飛ばし島最高峰の山へ入ってみると

佐渡秋旅

少し遅れたようですが、まだ色付きは残っていました

佐渡秋旅

山頂付近には通称ガメラレーダー(防空用固定式巨大警戒管制レーダー)
ここが日本海側を睨んだ最前線であり要所であることが見えました

佐渡秋旅

とても長閑な島なんですけどね、、付近には航空自衛隊佐渡分屯基地も控えています

佐渡の紅葉探し、場所変えてその名も紅葉山公園です

佐渡秋旅

佐渡産黒イチジクの「おぎビオレー」をくわえつつ
佐渡秋旅
佐渡秋旅
「これは相当甘い」などと言いながら森へ入っていきます

がっつり地産の豊かな島でした、なにを食べても旨かったです

佐渡秋旅

紅葉山と言うだけあって紅色が印象的

佐渡秋旅

こちらも最盛期にはいくらか遅れたようですが

佐渡秋旅

それでもまだまだ軽やかなる秋の色合いを楽しむも

佐渡秋旅

この写真の3日後に佐渡ではすでに初冠雪。秋の狭間、長い冬の入り口が来ていました

佐渡秋旅

昨年の今頃の旅です (^^ )

(写真Olympus E-5/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4/ZD11-22mm F2.8-3.5/ED 50-200mm F2.8-3.5)