「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

高原小旅・八島ヶ原 車山湿原 


高原小旅、ウォーミングアップ旅ですから靴をトレッキングシューズに履き替え高原散歩

行き慣れた霧ヶ峰高原八島ヶ原湿原から歩いてみます

八島車山湿原

八島ヶ原湿原は高山植物で聞こえる高層湿原

八島車山湿原

八島ヶ原は成熟し歳を重ねた湿原ですから地糖などは少なく草原化していますがその分多様な植物が見られます

八島車山湿原

嬉しいことにマツムシソウが花盛りでした

八島車山湿原

美しいけれど食せば一撃イチコロのトリカブトも花盛り

八島車山湿原

湿原奥にあった鎌ヶ池キャンプ場は数年前に閉鎖されました

八島車山湿原

高層湿原すぐ脇でテントが張れて早朝から暮れまで湿原を楽しめて、夜には満天の星空が開けるという
希有なナイスビューロケーションだっただけに本当に残念です

八島車山湿原

八島ヶ原お隣の車山湿原では天気が変わりレインウェア羽織っての山歩きになりました

八島車山湿原

雨に煙った湿原の径を行きます

八島車山湿原

晴れもいいけど雨もイイ
しっとり濡れた緑がまた違った色を見せてくれて

八島車山湿原

木道沿いに咲く花も雨に濡れて小さく輝いて見えました

八島車山湿原

(写真/Olympus E-5/ZD 11-22mm F2.8-3.5/ED 50mm F2.0 Macro1.4x Teleconverter)

高原小旅・美ヶ原 


高原小旅、旅はじめのウォーミングアップですから慣れた場所を巡ってみます

旧高額有料道路ビーナスラインの最高所である美ヶ原高原美術館に着いたのは暮れ時でした

美ヶ原

いつの間にやら道の駅併設となっている高原美術館駐車場は高度2000m

最高所の道の駅だそうで、ウォーミングアップ旅にて一晩過ごすには適所でしょう

美ヶ原

観光道路の果てまで、足も使わずズルしてやって来たとは言っても2000m超、、山並みがイイです

誰もいない美術館なのか道の駅なのかなんだかよく判らないだだっ広い駐車場

美ヶ原

彫刻作品群居並ぶ小山の向こうに太陽が沈めば

折り重なる山並みは一段と色濃く変わり

美ヶ原

ダウン羽織りつつ一杯片手に眺めるは山のナイスビュー時間帯

けぶっていた北アルプス方面も空が抜け

美ヶ原

爺ヶ岳、鹿島槍、五竜岳がアタマをのぞかせています

美ヶ原

特徴的な双耳峰は鹿島槍ヶ岳

里に灯がともる頃には月が昇って、満月のようです

美ヶ原

明るい月なので調べてみると、巷で流行り言葉になっているスーパームーンなのでした

ならばとさらにダウンを重ね羽織りレンズを望遠に付け替えて、、、カッシャン

美ヶ原

翌朝は日の出前から三脚セットしてご来光待ちをしてみましたが

美ヶ原

雲やらガスやらに覆われてまるでダメ、、、まあ山なのですからこんなものです
今回はウォーミングアップ旅
深追いすることなくガスバーナーに火を入れてコーヒーを楽しみます

(写真/Olympus E-5/ZD 11-22mm F2.8-3.5/ED 50-200mm F2.8-3.5/1.4x Teleconverter)

高原小旅・高ボッチ 


行楽の季節バカンスの夏が去って
例年通り出撃のシーズンがやっと来た、、ということでウォーミングアップ

まずは山取材で勝手知ったる高ボッチ高原です

高ボッチ高原

拠点となる高ボッチ山頂上間近の駐車場に着くと開けた空には秋の雲が広がっていました

高ボッチ高原

山上は草原が広がり牛が草食む牧場、ゆるい散歩に好適。のどかな山上です

高ボッチ高原

標高1664m。四方展望が開ける高ボッチ山頂上までもわずかな時間、散歩気分でたどれます

高ボッチ高原

高ボッチはナイスビューに事欠かない盛りだくさんなポイント

陽が落ちれば眼下に諏訪湖を囲む街の夜景があって

高ボッチ高原

早朝は調子がいいと連なる北アルプスの展望が開けます。この日はガスっていて残念、、、

高ボッチ高原

それでも安曇野や塩尻方面を広く覆いつくす雲海を見ることはたいてい出来るし

高ボッチ高原

諏訪湖越しに望めば南アルプスのシルエットが浮かんで

高ボッチ高原

さらにその向こう、澄んだ日には富士山までくっきりと見えるのですが

高ボッチ高原

この日は霞んでいてごくごくうっすら

山景色の取材で何度も来ている高ボッチ
今回はシーズン開けの軽いウォーミングアップ小旅ということで
山が見えても見えずとも、さほど気にせずひたすらのんびり過ごせました

(写真/Olympus E-5/ZD 11-22mm F2.8-3.5/ED 50-200mm F2.8-3.5)

9月に入ったにわ廻り 


今年の夏はこのまますんなり終わって行きますか、、、

九月の庭まわり

暑過ぎるのもうんざりですが、終わる夏にまだ心持ちが出来ていなかったようです

事実コスモスの花は揺れて、足もと見ればタマスダレが群れて咲き

九月の庭まわり

ホトトギスが一番花を付ける頃には

九月の庭まわり

スズメガのホシホウジャクがやって来る

九月の庭まわり

近辺身近なモノがみんなして秋を告げていて、、、、なんのことはない、気が付けばいつもの秋はじめ

とはいえテキトウにやって勝手に育ってる菜園見ればまだ収穫もありそうだし

九月の庭まわり

この夏新たににわ切り開いてこさえた小径も馴染んで来て猫も廻ってる

九月の庭まわり

にわあそびはどんなに遊んでみても元々目標が無いので完成することは無く、終わりも無く、、 (^^ )


開花直前の挿し芽月下美人の鉢を見つけて

九月の庭まわり

久しぶりに部屋に持ち込み一夜の開花

九月の庭まわり

月下美人の甘く強い香りが部屋中に充満するも

数時間後に花をゆっくり閉じていき

九月の庭まわり

儚くその香りはすっかり消えて無くなります


(写真/E-5/ED 50mm F2.0 Macro/ZD 11-22mm F2.8-3.5/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4)