「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

今年も終わる 

南インド旅1

インド亜大陸最南端の聖地カニャクマリにありがたき朝陽が上り
インド洋、アラビア海、ベンガル湾三方の海が茜に染まり漁民たちの船が揺蕩う

こんな景色を前にしていたのが今年はじめのコトとはとても思うことが出来ないほどに
この旅がずいぶん前のことのように遠くなり、インド的感覚もワタシタチから遥か遠ざかっていった

それほどに今年は激しかった

南インド旅5

今年の旅はこの1度で終わってしまった
通い続けているインドもこの数年で目に見えて変わって来ている
経済成長なのである

少し前までインドと言えば「貧乏、汚い、病気が怖い」が代名詞
長旅を終え帰国し痩せて黒光りするほどに日焼けしたワタシタチの姿を見ると
「ヤメテ!きっとビョウキだわ!」と友人たちも逃げていったものだが
それも今では昔話になりつつある

世界はとどまることなく動いている
インド??「あの国だけは変わらないよ!」旅人はみなそう言っていたしワタシもそう思っていた
しかし違った、悠久の刻を有すると信じ変わることなど無いと思っていたインドですら変わる

南インド旅2

経済成長が良いことなのか悪いのか、世界に幸せをもたらすものなのか否か?
ワタシタチにはさっぱり判らないし考えるつもりもない
ただ言えることは刻々と発展中の都市部にワタシタチはすでに興味を無くしているということであって
今後はガイドブックにも載らない素敵な田舎村を探し出しゆったり滞在旅にシフトして行くことだろう
拝金主義に呑み込まれていくインドを見たくはない
インドの持つ突出した魅力は大地や自然から湧き出ずる哲学でありそれに基づく生きものの営み全てなのである
それらは金ではけっして計れないものであると信ずる

旅から戻りしばらくすると大地震が起こった
そしてフクシマの原子力発電所は破壊されゲンパツがメルトダウンした
映画やSFの出来事のような超惨事が現実に住まいから200キロ強離れたところで起こってしまった

南インド旅4

茫然自失、無力感そして恐れ、、、ニンゲンはいったいナニ様なのだ?と思った
そしてさらにその後が一貫して目を覆い耳を塞ぎたくなるほど酷かった

権力や経済、縄張りや金を守るためにウソ偽りのオンパレード
政治家に経済界、学者に専門家、東大、、、権力を持つ偉いヒトはウソをつく
吐き気をもよおすような日々が続いた
ウソも数打ちゃマコトと成る、そんな世の流れは
戦後世代であるワタシに戦前戦中その時代をリアルに感じさせるに十分だった
今でもすぐに戦争は起こりうる、そう思った

そうこうしていると我が身にも異変が起こった
あれよっと思いもしなかった長期入院は手術にまで至ってしまった

南インド旅3

我が身に降りかかった出来事も含め病院での事象すべてが興味深く感じた
不自由な隔絶されたところでもみな懸命に生きようとしていたし
実は死ぬことだって案外いつも近くにあるというコトを知った

余談になるが麻酔の効いた夢の中↑写真の右オジサンがなんども出て来た
インドで撮った写真なのだがこの写真のオジサンが誰なのかをワタシは知らない、、、
宗教家? 宗教に詳しくないので判らない、、、どなたかこのオジサンを知っていますか??

ターニングポイントは在る、その思いを強くする1年だった
だからといって日々が変わるわけではない、たんたんと日は昇りまた沈んでゆく

南インド旅6

大きなもの強きものへの憧れはすでに無い
自分を立派に見せる必要だって無い

激しかった一年が終わるのだし来年がまた楽しみじゃないか!
それではみなさん、よいお年を!

(写真/LUMIX DMC-GH1/LUMIX G VARIO HD 14-140mm/F4.0-5.8)

にわまわりいろいろ 

にわまわり1

木枯らしピューピューである、寒い。そりゃそうだ冬至も過ぎた
野菊の花もすっかり枯れ果てた

すでに花の少ない季節なのだけれども辺りに目をやればやはり花はある
まっ白のスイセンも咲き始めている

にわまわり2

これからは順を追っていろんなタイプのスイセンが咲いてくれるはずなのだ

まっ赤かー、の花も咲いてるし

にわまわり3

庭のキンカンも実を付けはじめた

この頃は夕暮れ時、もう薄暗いかなって時間
手ブレ補正の付いたOlympus E-520にレンズは50mm F2.0 Macroを付け
絞り開放にてひっそり息をひそめて撮るのが気に入っている
シャキッとせずにボッケボケーで行こう、そんな気分なのだ

にわまわり5

世は年末。例によってお決まりの躁状態、クリスマスムード1色なのだろうけれど
まるで街にも出ないワタシタチ、さらにテレビも見ないのでさっぱりその気配すら感じることも無い
むしろキリスト教徒でもないのにクリスマスを押し付けられてはかなわないのでそれで良し

寒くはあるがいつもと変わらぬ家廻り、せっせとレンズを通してあれこれ観察していると
やっぱりいつも通りノラニャンコたちはグニャグニャと近くでずっと遊び続けている

にわまわり6

夕暮れ時にオジサン葉っぱや枯れ花眺めてシャッター切ってはウー厶と唸り
そのまわりで生後半年のノラニャン子たちがピョンピョコ跳ねている
これはこれでとても牧歌的幸せな景色である、そう悦に入ってみたりもする

もう辺りは薄暗さもこえて闇になりつつあるから珍しく内蔵のストロボを焚いてみる

にわまわり7

すると凛とした「ちゃとらん」が浮かび上がってきた。やはりネコ科は暗闇が似あう

「ちゃとらん」野性味のあるキリッとした大人顔になってきたじゃないかぁ~
いいカタチだ、若いヤマネコの様でカッコイイぞ!

とは言ってみても季節は真冬に入った、彼らがはじめて体験する真冬である
体を寄せ合い温め合う彼らをそっと見て
「お互い元気でな!」とつぶやきつつ家に入る

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)

スイセン 

スイセン

水仙が咲き始めています
これからの庭は辺りじゅうから伸び出した和水仙の花でいっぱいになっていきます
さながら水仙屋敷といった風情です

こちらの庭を見始めた当初から多かった水仙もさらに増えてこの季節の楽しみになりました
住み家だって旅とばかりに引っ越し癖のあるワタシタチが定住最長記録を超えてなお平気でいられるのも
季節の変化を楽しめる庭廻りのささやかな自然が気に入っているからなのかもしれません

花畑になった水仙は新春1回目の絵画教室描き初めでのモチーフになります
毎年と同じくたくさんの花で飾って新春の香りあふれる青山アトリエにしてみたいと思います

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)

にわまわりの紅葉 

ドライあじさい

この秋も出掛けられなかった、小旅にすら出ていない
どうもいまだ完調ではないことで持ち前のフットワークを失っている様である、、、
紅葉すらろくに目にしていないのだがにわまわりで我慢としなければならない

アジサイは各種ボコボコ生えているのだが
全部の花を落とさずそのまま付けっぱなしの場所をつくっておく
すると勝手にドライフラワーとなる
この辺りじゃなかなか無いけど寒い冬日に凍りついたりするとより綺麗

アジサイの葉っぱ、、、紅葉してる

紅葉あじさい1

美大恩師の堀文子先生
「命の間際に燃やす一瞬の炎、虫喰いの痕すらいとおしい」
たしか紅葉した落ち葉をこんな風に評しつつ描いていらした気がします

カシワバアジサイの紅葉は色がなかなか激しい
これはまたハレーションを起こしたような赤だな~、色飽和起こしそう

紅葉あじさい2

確かになぁ~、よくもこんな色に変わるもんだよな
この季節当然受粉も終えてるわけだし
死にゆく葉っぱがここまで変化するなにか必然があったのかね?

と、いつものように観てはカッシャンしていると
やっぱりいつものようにノラニャンコ達がやんややんやと近くで遊んでいます

ちゃめくん だいごろう

寒空の下にひとり葉っぱを相手にしていても君たちがいるからちっともサミシクありません
推定誕生月が5月ですから生誕半年ですね、大きくなったよなぁ~

どちらもオンナノコですが手前がちゃめくん、奥がだいごろう
わたしたちはそう勝手に呼んでいます・笑

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)

師走のにわまわり 

サザンカ

寒い、どっと寒くなりました、そりゃそうですね、12月ですものね
花の少ない季節ですが冷たい雨の中サザンカはぽっこぽこ花を付けてます

この季節の花はムシじゃなくトリによって受粉する種が多いんでしたよね
サザンカなんかはその代表種だったはずです
この辺りだったらメジロがその役目なのでしょうか?
ワタシ、トリはまだ未開拓なんですよね、、、よく観てないからワカラナイコトだらけ、、、
この冬は少しトリも少し掘り下げてみようかなぁ

こう寒くなってくるともうムシはいないのかな?

ヤツデの花とハチ

そんなこともないですね、ヤツデの花にはハチがやって来ています
この低気温の中頑張るハチもご苦労さんだけどヤツデの花の形だって見過ごせません
ハチとセットでよく出来たオブジェみたい、ワタシなんかは喜んでそう見ています

次は咲きはじめているテッセンの花
あれっ?でもテッセンてこんな季節に咲きましたっけ??

テッセン

師走の冬日に冷たい雨に打たれつつ咲くテッセン、なんか合わないよなぁ~
今までこんなこと無かったような気もするし、なんだか季節を間違えちゃってる風ですが
どうなんでしょ?よくあることなんでしょうか?

ワカラナイですね~、ワカラナイコトだらけだから観察はオモロイんですね (^O^)

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)

ハマの夕散歩 

11.12.6横浜夜景1

パッカー旅友の会合に出席
皆で会えばいつもの通りで過去の旅、未来の旅へとその議題は止むことはない
ユーラシア大陸からヨーロッパ、果てはアラスカ北極圏まで旅話はとりとめなく駆け巡る

言ってみれば地球各地の地理、文化や食事、風習の違いを皆で話しているだけのことなのだが
そのそれぞれが実体験を伴ったリアルレポートなだけに香ばしく活きのいいエピソードがポンポン出てくる
この頃は地域性の違いを横広がりの水平軸としたら過去にさかのぼる時間軸という縦軸話も加わって
よりタイムカプセル的な熟成も見せてきた
世界はずっと留まることなく今も変わり続けているのだ
旅はその土地その刻との出会い、いつだって一期一会なのである

旅話で世界を巡って火照るアタマを冷やすべく旅友家辺りを少し歩いてみる
国道1号線に出てみるとすでに辺りは夕に包まれていた

起伏のある古い住宅地、その狭い路地をグルグル歩くと見晴らしの利く小高い丘に出た
夕の空を背景に横浜の夜景が広がっている

11.12.6横浜夜景2

ワタシタチの住む三浦半島からも遠く見えるがさすがにここからは近い、都会の景色

さらに西をファインダーで覗いて見ると
あれっ、雲の上からポコッと富士山のてっぺんが出てるじゃないかぁ~
この丘に来れば富士山が見えるのね、今日は雲が多いけどなかなか良さそうだ
フムフム、また来てみよう

11.12.6横浜夜景3

まあこんな散歩だってちっちゃな旅、知らない土地を歩くのは楽しいものなのだ

ところで今回の旅会合は女性面々の中で男はワタシ1人
自由にザック1つで世界を行くなんて危ないことだってありそうだしぃ~男の世界でしょ
そう思っておられる方も多いのではなかろうか?
そんなことないんですよ~、みなさん女性としてそれぞれ楚々と楽しんでおられます・(^O^)

今のニッポン、若者の旅人が減り続けこのままパッカー自由旅人は絶滅するんじゃなかろうか??
そんなご時世ではございますが、、、ワレワレは変わらずこっそり楽しみ続けましょうね
美味しい和みの時間をありがとうございました<(_ _)>

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)

にわまわり 

アザミの結実

いつの間にやら12月、すっかり冬ですね
急に寒さも増して来て咲く花も減り虫達も減って一気に地味になったにわまわりですが
それでもそれなりに観て回ると楽しいし発見は1年中あるものです

ついこの間までいろいろな虫達を寄せて賑やかだったアザミの花もすっかり結実しました
こんなのを面白いなぁ~、よく出来てるなぁ~とただジーッと眺めているわけですね

ちゃとらん

にわまわりのフィールドに出ているといつもちょろちょろノラ達が近くで遊んでいます
ひとりで枯れ庭のような花も無く虫も飛ばないフィールドに出ても彼らがいるのでちっともサミシクありません
むしろなんとものどかな景色で完成してるなぁ~とご満悦だったりしています

目線くれている娘は「ちゃとらん」とワタシタチは呼んでいます

(写真/Olympus E-520/ED 50mm F2.0 Macro)