「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

林信夫の日本画展・その会場風景 


「林信夫の日本画展」その会場風景となります

林信夫の日本画展会場風景

連日たくさんの方にご来場いただいています
林信夫の日本画展会場風景

今展ではゆかりの方に作品を手元に置いていただけたら尚よいなぁ、との願いもあったのですが
林信夫の日本画展会場風景
初め隙間なく展示されていた壁面にもだいぶ余裕が見えるようになりました

レセプションの日です
林信夫の日本画展会場風景

ほんとうに多くの方がいらっしゃいました
林信夫の日本画展会場風景

入れ替わり立ち替わり、、いったいどの位の方がいらしたことでしょう
林信夫の日本画展会場風景

林さんゆかりの友人達や
林信夫の日本画展展

絵描き仲間に教え子たち
林信夫の日本画展会場風景

それぞれがかなりな若年時代からを共に知っている仲かと思います
林信夫の日本画展会場風景

それがけっこうな時を経て
林信夫の日本画展会場風景

林さんの絵に囲まれた画廊で、タイムカプセルが開いたような
林信夫の日本画展会場風景

そんな会場となりました


レセプション終わりまでいた人たちでパシャリ、、記念写真を撮りました
林信夫の日本画展会場風景


林信夫の日本画展会場風景
林信夫の日本画展会場風景
林信夫の日本画展会場風景
林信夫の日本画展会場風景

林信夫ブログはこちら→→→「ほぼ不定期日記 散歩ばかりしている男の嘘日記」 「旧い方のほぼ不定期日記」 
(オススメです!)



明日までの開催(最終日16時まで)となります

「林信夫の日本画展」
会期 2019年5月29日(水)〜6月4日(火) 11時〜18時 (最終日16時まで)

会場 元麻布ギャラリー平塚(東横イン湘南平塚駅北口1 1階)
   JR東海道線平塚駅北口より徒歩4分 ギャラリーtel 0463-22-7625

19.5.25林信夫の日本画展フライヤー1
林信夫の日本画展告知

林信夫さんは2018年5月19日に永眠されました。
このたび有志が集まり遺された日本画作品を一堂に展示することになりました。
(会場の都合によりお花、お品などのお心遣いはご遠慮させていただきたくお願い申し上げます)

林信夫の日本画展・その展示風景 


今日から開催中となります「林信夫の日本画展」
その展示風景となります


車2台にどんと積まれた作品を画廊に降ろし梱包をはずして
林信夫の日本画展展示風景

作品すべて並べてまずは全容把握をするのですが
林信夫の日本画展展示風景

展示総作品数120点超ですからね、、、慌てずコツコツと進めます
林信夫の日本画展展示風景

作品全容が見えてきたら
林信夫の日本画展展示風景

会場配置の構想を皆でぱっと組み立てて
林信夫の日本画展展示風景

飾り付けの作業に入ります
林信夫の日本画展展示風景

作業人員は数人でも、そこは経験豊富な絵描きの集まりですからね
林信夫の日本画展展示風景

(林さんの肘折温泉記事→→林信夫のブログ、ほぼ不定期日記へ、こちらもあるよ→→古い方のほぼ不定期日記へ

作業はサクサク進んで
林信夫の日本画展展示風景

みるみるうちに展示会場らしく
林信夫の日本画展展示風景

ととのって
林信夫の日本画展展示風景

出来ました!、、6時間程かかりましたが予定作業時間ピッタリでの終了
林信夫の日本画展展示風景

手前味噌になりますが、、流石です
林信夫の日本画展展示風景

会場、、いいですね、カッコ良く仕上がったと思います
林信夫の日本画展展示風景

友人や教え子、そのまた教え子らが集まって
よってたかってまさかのこんな目に遭わされるなんて (自分の回顧展をされちゃうなんて)

林さん、まったく考えもしなかったことと思います

ワタシにしても出会って40年あまりの時を経たのちに
まさかこの役柄となって動くことになるなんて思いもしないことでした



現在開催中です

「林信夫の日本画展」
会期 2019年5月29日(水)〜6月4日(火) 11時〜18時 (最終日16時まで)

会場 元麻布ギャラリー平塚(東横イン湘南平塚駅北口1 1階)
   JR東海道線平塚駅北口より徒歩4分 ギャラリーtel 0463-22-7625

19.5.25林信夫の日本画展フライヤー1
林信夫の日本画展告知

林信夫さんは2018年5月19日に永眠されました。
このたび有志が集まり遺された日本画作品を一堂に展示することになりました。
(会場の都合によりお花、お品などのお心遣いはご遠慮させていただきたくお願い申し上げます)


林信夫の日本画展・その準備として 


林さんこと林信夫がなくなって1年が過ぎました

林信夫の日本画展展示風景

この度ですが

ごく身近な友人に弟子の有志が企画下支えをしつつ、林さんの展覧会を開くことになりました

林信夫の日本画展展示風景

絵描き仲間が集まっては定例会合という名の宴会を繰り返してきたS画伯のアトリエ

林信夫の日本画展展示風景

そこに世代の差はあれど今となってはそれぞれ中堅ベテランの域に入ってきた絵描き数人が集まって

描き残された林さんの作品を展示へ向けてパネル張りしてる、、そんな作業風景

林信夫の日本画展展示風景

職人技でもって画家達が黙々と作業を進めてと、、そんな写真に見えてしまうかもしれませんが

やはりそんなことは無いわけで

そこはこれまでとなにも変わらぬバカな話しが飛び交って、、、まったくもって今まで通り

林信夫の日本画展展示風景

ですが

いつも「ウヒョヒョ〜〜」と笑っては各所にまんべんなく茶々を入れ

皆の会話リズムを心地のいい落語劇場と化していた、、、そんな林さんの姿はここにありません

林信夫の日本画展展示風景

作品をパネルに張り込み、梱包、荷造りまで着々と進んで、、、作業は無事終了しました


展覧会は5月29日(水)から始まります

19.5.25林信夫の日本画展フライヤー1

林信夫の日本画展告知

「林信夫の日本画展」
会期 2019年5月29日(水)〜6月4日(火) 11時〜18時 (最終日16時まで)

会場 元麻布ギャラリー平塚(東横イン湘南平塚駅北口1 1階)
   JR東海道線平塚駅北口より徒歩4分 ギャラリーtel 0463-22-7625


年が明けました 

19.1.2 年が明けました-1

今年もどうぞよろしくお願いいたします


(LUMIX GX-8 SUMMILUX25mmF1.4)

春はじめに・この頃について 


にわの梅花も咲き切って、、これからは怒濤の春が押し寄せるそんな季節になりますね

にわ梅の花ちゃんころりん

にわ梅の推定樹齢はワタシよりいくぶん上でぼちぼちなお年です

にわ梅の花ちゃんころりん

梅の木は実際長生きらしいのですが、果実取りで考えると25年位までが優位と言われます

にわ梅の花ちゃんころりん

うちのにわ梅もずいぶん以前にはたわわに実を付けたと聞いているのですが

にわ梅の花ちゃんころりん

今は絢爛だった壮年期も終えて詫び寂入った雰囲気も出しつつ、、ゆるやかな花付けなのです

にわ梅の花ちゃんころりん

ところで

にわ梅の花ちゃんころりん

うちとしてもずっとこのところ大変だったわけです

にわ梅の花ちゃんころりん

頑丈とみなさんに思っていただいていた相方が1月末に倒れて床に伏し

にわ梅の花ちゃんころりん

気が付いてみると2ヶ月近くがすでに過ぎ、、、今に至ります

にわ梅の花ちゃんころりん

急性腹膜炎の発症にて救急搬送、、緊急手術ののちに半月の入院

にわ梅の花ちゃんころりん

退院後には自宅療養期間を経て体力回復のためのリハビリの日々、、、

にわ梅の花ちゃんころりん

そんないきなりやって来た緊張感と不安の日々だったわけですが

幸いにして相方の予後は順調、、先週あたりから日常ルーティンにゆるく復帰したところであります

にわ梅の花ちゃんころりん

それにしてもまったくもってなにが起こるかわかりません

今回もほぼまるで予兆無しの突然の出来事
その為にいろいろと予定していたことはみな流れてしまいましたが
何を差し置いても相方の無事がなによりです

ワタシとしてもこの2ヶ月近くは緊張感の中で記憶が飛ぶほどの慌ただしさでしたが
やっとここへ来て日々の落ち着きを取り戻してきています


相方リハビリ期間にいくつか近場をそろっと歩いて来ましたので
そのあたりからまたぼちぼちゆっくりゆっくりアップしていきたいと思います

それでわ


(LUMIX GX-8 VARIO-ELMARIT12-60mmF2.8-4.0 SUMMILUX15mmF1.7)

年が明けました 

新年のご挨拶

今年もどうぞよろしくお願いいたします

横須賀風景 


八月半ばといえばカンカン照りの夏真っ盛りなはずですが、ずっと雨続き

横須賀風景

例年だとマクロレンズ付けてにわのむしイロイロを喜んで追いかけまわしてる時期ですが
どうも今ひとつ写欲が湧きません

まあそんなこともあるでしょう、、、

横須賀風景

興味や熱なんて移ろうものです、そんなものは無理に追わずに放っておくに限ります

横須賀風景

任せておけばさらっと戻ってくることも、そのまま離れていくこともあるでしょう
しばらくして興味も楽しさも倍増でカムバック、なんて事もあるかもしれません

横須賀風景

で、今回は横須賀風景、、地元街ですな
小っちゃな白PEN単焦点一本付けを肩に提げ、気張らず歩いてみました

横須賀は基地の街、、この先のゲートが米軍基地(ベース)エントランスです
横須賀風景

基地を出てすぐ16号を渡ったところにあるのは老舗のHoney Bee(ハニービー}
横須賀風景

ここはヨコスカ、中古車屋さんだって$表示です
横須賀風景

どぶ板通りの有名老舗スカジャン屋さん
横須賀風景

どぶ板アンテナショップ兼インフォメーションセンターは閉まっていました
横須賀風景

路地裏に入り込んでみるのも面白そう
横須賀風景

しっとりと落ち着いたカフェがあったりもしますが
横須賀風景

やっぱり多いのはアメリカーンなBAR
横須賀風景

チラホラ見える日本的じゃないエグくて猥雑なセンスはパッカー旅人街の雰囲気も含んで
横須賀風景

スナップ散歩もなかなか楽しく
横須賀風景

極東の島国はいかがですか?、、なんて声がけしたくもなります

地元過ぎて慣れちゃってましたが旅人目線で見てみると、、面白いですね
三浦半島の寒村だった横須賀村があるとき国防の要の土地となり軍港都市として急速に発展したワケです

横須賀風景

ある時期お国を支えた製鉄、造船の重厚長大基幹産業も役を終えてすっかりその波は引きました

幼少の頃から多少の変化を見てきている街でもあります
、、少し手繰ってみてもいいかもしれません、、刻を経てそんな気になり掛かっています


(写真Olympus E-PL6 G20mmF1.7)