「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

「隠れ花菖蒲園」 


先日、三浦にある「隠れ花菖蒲園」に行ってきましたので、ここに留めておくことにします

17.6.22隠れ菖蒲園 石井農園-1

園の名にもなる花菖蒲は終わっていましたが

隠れ菖蒲園

たくさんのタチアオイが空に向かってひたすらに

隠れ菖蒲園

「隠れ花菖蒲園」は三浦でも知る人ぞ知るヒミツの名所ということらしい、のですが

隠れ菖蒲園

いったいここが何なのか?というと、、、
農家の1人のおばあちゃんが始めて40年以上の間手を入れ続けて来た、そんなお花畑なのでした

隠れ菖蒲園

多種多様、どこを向いてもいろんなお花が咲いています

隠れ菖蒲園

どこを見ても自然に手が入っていて、みなとても元気

隠れ菖蒲園

お花畑は無料で開放され、巡る通路もあって

柵材や所々にある休み処ベンチも竹林から切り出した竹材が使われて、、総じてオール手作りです

隠れ菖蒲園

40年以上前のこと、いち農家お母さんのお花好きが昂じて

隠れ菖蒲園

慈しみ喜んで、ただただ植えて咲かせ続けたのだと思います

比べることもありませんが、予算の掛かった庭園や公共管理の整ったお花とはまた違った趣があります

隠れ菖蒲園

見ると、あちこちアートなオブジェが配置されていたり、、、

隠れ菖蒲園

これらは誰が作ったの?芸術やってるご友人でもいたのかしらん、、と調べてみると

隠れ菖蒲園

なんと!農場主のご主人作(お花好きお母さんの旦那さん)とのこと、、 (^^ )

看板も手描きの味わい

隠れ菖蒲園

「注文の多い料理店」よろしく案内看板もあちこちあって妙味を放っていました

隠れ菖蒲園

花畑の向かい一面の土手はいちめん紫陽花が植えられて

隠れ菖蒲園

珍しいのもちらほらあってこちらも多種多様

隠れ菖蒲園

やっぱりお花好きが楽しみながら植えたんだぁ〜、、そんなことを思わせるお花ぶり

敷地の一角は三浦野菜や花苗の直売所もあって

隠れ菖蒲園

三浦のカボチャは特別ウマイ!そう思っている方もこの頃は多いのではないでしょうか?
栗のようにホックリとイモのようにネットリと、それはもうウマイんです

隠れ菖蒲園

今回は実家の母のオススメでこの「隠れ花菖蒲園」に初めて来ました

一軒の農家がただ作ったお花の庭が他には無い空気感を醸し出していることに驚き
里山のお花畑というのに、懐かしさよりも時風にあった新味が感じられたのもポイントでした

次の機会にはぜひにわ作者の方々にお話を伺ってみたい、、そんな場所になりました


(写真Olympus E-PL6 G20mmF1.7)

絵描き仲間キャンプ 


先週のことになりますが、恒例の絵描き仲間キャンプがありました
ということで、こちらも備忘録として書いておきましょう

相模川水系支流の中津川です。解禁直後、鮎の友釣り師が並んでいます
絵描き仲間キャンプ

子供の頃からこの辺りは家族でピクニックに来たり、少し大きくなると単車走らせ遊びに来たり
絵描き仲間キャンプ

宮ヶ瀬の中津渓谷が丁度いい距離感だったんでしょうね、神奈川を出ずして旅感が味わえましたし
定点ポイントとして度々訪れていたのですからお気に入りだったのですが
それも急流に巨石ゴロタ石景観の中津渓谷が宮ヶ瀬ダム湖底に沈む前までという、、ノスタルジーなお話しです

絵描き仲間はポツポツと河川敷に集まるとまずは川遊び、この日は晴れて暑い日でした
絵描き仲間キャンプ

いつもの様に個人用テントも点々と張っておきましょう
絵描き仲間キャンプ

なんとなく準備が出来たら緩〜く宴が始まります、、うしろには故S額縁職人のモノだったテントも張られて
絵描き仲間キャンプ

この河川敷は焚き火が焚けるので知られていて、こんな無人薪販売車もあったりします
絵描き仲間キャンプ

夜になるとランタンの光に焚き火のはじける音に、、炭火焼きの匂い、、、
絵描き仲間キャンプ

持ち寄り料理を囲みつつ
絵描き仲間キャンプ

腸詰めを焼き
絵描き仲間キャンプ

牛を焼き鶏を焼き鹿を焼きワイルドに攻め、トルティーヤを頬張って
絵描き仲間キャンプ

止まることなく交わされる熟練の実にくだらない話しの数々をツマミにちびりちびりと杯を重ねれば夜も更けて
絵描き仲間キャンプ

一夜明けてみると広い河川敷は一面ディープ系キャンプ愛好家で埋まっていました
絵描き仲間キャンプ

この河原の盛況ぶり、ネットの力でしょうね、、、
ここも残された楽園のひとつですが、、規制大国ですからね〜、行く先を案じてしまいます

明けて晴天、タープ無し日陰ひとつ無い炎天下というのに、相変わらずもくだらない話しは延々続いて終わらず
絵描き仲間キャンプ

それでも陽が西に傾いた頃になって、パラパラとそれぞれの場所へと戻っていきました

にしても知らない間にそのまんま年を重ねて30年超、、長い付き合いになりました
気心しれて気兼ねなく、、しょうもない昔話を共有出来るのもイイものです (^^ )

(写真Olympus E-5/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD Olympus E-PL6 G20mmF1.7)

春が過ぎゆく・花桃と桜 


いや〜、ご無沙汰しております、、と言うにも昨今放置状態にあるこの「にわ旅ブログ」でありますが

ハナモモとサクラ

なんとなく久しぶりに覗いてみると、、ブログ画面にペタペタと広告が張られてるじゃありませんか

ハナモモとサクラ

これは放置中とはいえどお見苦しい、まして広告やCMがまったく好きじゃない方なんです、、、

ハナモモとサクラ

調べるとひと月更新空くと勝手に広告が入って来る仕様だそうで
ここはひとつ記事を更新しておかなくてはいけません

ハナモモとサクラ

足もとでじわっと進んでいた春がここへ来て一気でした、、毎年の事ですがこの怒濤ぶりを忘れてるんですね
ハナモモが咲くとにわの春はもうクライマックスです

今年の桜はいくぶん遅れたように感じましたが

ハナモモとサクラ

やっと咲き始めたかな? と思ったらさっくりと風邪ひきました

ハナモモとサクラ

ワタシは例年春に風邪っ引きが多いように思うのですが、この春もやっぱりお約束で熱出して寝込みました

ハナモモとサクラ

やっと満開だというのにどこも出掛けられずに、、これじゃあんまりだと

ハナモモとサクラ

至近のポイントのみをふらつきつつ歩きましたが、、これでこの春の桜は仕舞いになりました

ハナモモとサクラ

続けて相方も同じ咳して熱出して寝込みました、、、

4月に入ってからずるずると今までこんな感じだったような気がします

ハナモモとサクラ

旅先それもインド旅なんかだったりすると、旅中1度は急に熱出したりして調子を崩します
旅先の辺鄙村で高熱なんか出したらとっても不安、医者も無いから遠くからの往診を待ったりもします

ハナモモとサクラ

それでも数日うなされたなら、、そのあと静かに熱は引いていくものです

するとどうでしょう? 何か抜けてスッキリしています、、どこか溜まった澱が流されたとでも言いましょうか、、、

ハナモモとサクラ

ワタシタチは旅先でたまに起こるこの現象を「ある種の禊ぎ」と呼ぶことにしています

そこで熱を出すのが必要だったから熱を出したのであって、これで良かったのだと言うことです

ハナモモとサクラ

ワタシタチはこの旅シーズンここに留まって出掛けずとしましたので

この春の熱も過ぎればきっと溜まった澱も抜けているのよ〜、、そんな禊ぎの一連一環と思って
そのもう一息を今はじっと待っているのです

もうすぐ緑萌え立つ季節になりますしね、スッキリとして臨みたいと思います


(Olympus E-5 SUMMILUX25mmF1.4 ED50-200mmF2.8-3.5)

この頃日記と覚えがき 


いやいや、、またまたのお久しぶりです

いつもこの時期は寒いので日本に出来るだけ居ないことにしましょうと
南方方面へ出掛ける様にココロ掛けているのですが
なんとなくこの冬はおとなしくしていようとの合意で進んで、、ひっそり過ごしております (^^ )

別段変わったこともありませんが、このところ老眼のせいか眼の調子が良くって
といった言い方も変ですが、、ひと頃かけていた眼鏡も使わずにこころもち焦点が合ってるような、、、

2月のいろいろ

まあ日々揺れる眼ピントがたまたま合っていると言うことでしょうからね、一時的なものでしょうけれど
それでも本が読めるのが有り難い、、手に入れたものの読めず積まれた本をまとめて読んだりしてるこの頃です

それではブログのそもそもは日記、ということで淡々と2月の日常などを


絵画教室の若手生徒さんの手も借りつつ土手の草刈り整地に取り掛かりました
2月のいろいろ

伸びすぎた木枝もバサバサ落としましたが
2月のいろいろ

ハサミを入れて掃除してこれらは家遊びのオブジェや教室の工作部材になったりもします
2月のいろいろ

土手からは形良い中型のキイロスズメバチの巣も出てきましたのでこちらも大切に保管です
2月のいろいろ

天気のいい日にはお手製の染め砂いろいろが干され、、これらはこれから砂絵マンダラの材料となります
2月のいろいろ

こんな有様を眺めつつにゃんこたちは暖かになって来た日差しを楽しんでいるようです
2月のいろいろ

ずっと以前の教え子がマダムとして立つイタリアンレストランに出掛けたりもして
2月のいろいろ

実家の父と相方のお誕生日ということでしたが、温かなもてなしに美味しく和やかな時間となりました
2月のいろいろ

両親の住む三浦海岸まで戻ってみると、早咲きの河津桜が満開でした
2月のいろいろ

駅前の出店屋台も終わった時間で人は引けていましたが
2月のいろいろ

ライトアップされた夜桜にしばし見とれるのには三浦のユルイ空気も丁度よく
2月のいろいろ

ぼんやりと春の先取りを楽しみました
2月のいろいろ

にわの梅花は今期まったくありません
2月のいろいろ

昨秋に大剪定しましたから来春以降の花が楽しみかな、といったところです


(Olympus E-5 E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ED50-200mmF2.8-3.5)

年が明けました 

新年のご挨拶

今年もどうぞよろしくお願いします


(Olympus E-5 ED12-60mmF2.8-4.0)

11月にあったことを覚え書き 


寒くなりました
あいも変わらず淡々と、、11月いくつかの覚え書き

収束の季節、春夏咲かせて楽しませてくれたいろいろも弱って傷んだものから少しずつ引っこ抜き

11月のいろいろ

まあるく繁って紅葉も楽しめて実はとんぶりにもなるほうき草も終わって

11月のいろいろ

シュロ縄で縛りこれからはその名の通りで「にわ箒」となります

冬越し植物は余計な枝葉を落とし整えたら室内や北風当たらぬ適所へとそれぞれ配置

11月のいろいろ

挿し木で増えて大きく育ったサボテン系はみな屋内へ、、まだまだこれでも一部なんです、、、

11月のいろいろ

植物冬支度はこの間の関東雪予報前日のこと、、相方とふたり予報を知って大慌て
ですが温暖な三浦半島、、雪にはなるまいと思っていましたがやっぱり今回も雪は降りませんでした


謎なことをひとつ

軒下に造られた2012年製キイロスズメバチの巨大巣(その様子に興味ある方は過去記事→→こちらから

11月のいろいろ

オオスズメバチの来襲で2012年当時巣主が滅ぼされたときにこじ開けられた大穴が↑写真の右部分です
で、最近気が付いたのですが巣の下部に同様の大穴が開けられていました、、、

2012年のキイロスズメバチコロニー殲滅から以来当然宿主はおらず
それから空いた巣は神々しいお姿を敬いつつそのまましてにわ廻りのオブジェとなっていたのですが、、、

いったいなにも棲まない巣で、、下部に開いた大穴は誰が開けたのでしょう?

風化がこんな器用なことをするとも考えられず
アライグマが居たとしてもこんな上手に穴を開けることは可能なのでしょうか、、、

11月のいろいろ

穴の開けられ方はオオスズメバチによる過去の右穴にそっくりなんですね
はたしてオオスズメバチの襲撃はこんな空いた巣のケースでも起こりうるのでしょうか?、、謎です


ちょっとインパクトのある画像でしたね〜、、ではではお口直しにギター覚え書き

↓は40年弱ワタシと共にあって育ってきたギター、銘柄は当時国産の雄であったCAT'S-EYE
11月のいろいろ

ギターについては上手くなろうという気がまるでありません、だから当然ちっとも上手くはなりません
ただ耳元の生音が気持ちイイからたまに鳴らしてる、そんな感じのお付き合いです

CAT'S-EYEはずっと当時オリジナルのままでしたが、弦高が高くなって来ていたのでちょっと加工しました

11月のいろいろ

サドルの加工交換です、オリジナルのサドルは残しておいて他に型を取ってヤスリ等で削って成型します
素材もオリジナルのプラスティックから牛骨に変えてみました

11月のいろいろ

うまい具合に出来ました、、サドルは↑の写真の白い部分ですね
加工の結果弦高が下がって弾きやすくなって、ジャラーンとストロークのまとまり感が出たように思います

ところで、凄いギターをお借りしていることを前にもちらっと書きましたが
いまだ借りさせていただいております <(_ _)>

今月はその凄いギター2台の弦を張り替えました
弦はメーカー違いで素材は合わせて銅とスズの配合比が85:15の古式ブロンズ弦

1967年モノのGibson J-50です
11月のいろいろ

1956年モノのGibson LG2です
11月のいろいろ

秋になって湿気が退いて、この頃はさらに乾いた音色になって来た気がしています

今回載せたギターは写真上の方からほぼ40年モノ、50年モノ、60年モノと並んだいずれもビンテージ
これらが時を経過してきたモノの凄み、古いモノの良さを直球ズドンで日々教えてくれてます
ギターネタについてはきっとまた書くことになると思います

急に寒くなって来て
いえ廻りのにゃんこ達が皆部屋にゃんこになる季節です、よってあちらこちらで丸くなってます

11月のいろいろ

定番のこたつで丸くなり、羽毛の布団で丸くなり、電熱器近くのアトリエ椅子でも丸くなり

どこにいってもにゃんこ達が丸くなっていて、それはそれで和みます (^^ )


(OlympusE-5 SUMMILUX25mmF1.4 ZD14-54mmF2.8-3.5II)

10月にわ廻りの備忘録 


気がつけば10月も半ばを過ぎて秋も深まり
とくに何事かがあるということもない日々平々凡々、ということでにわ廻り10月の備忘録

10月、まずは金木犀の充満した香りから始まって

10月にわの備忘録

数本植わった大きな金木犀の落とした花がらで地面は橙色


種から育てたコスモスやサルビア等々、うちのにわらしくしょぼめに花を付け続けますが

10月にわの備忘録

この秋の日照は特別少なくどれもこれもがヒョロッと気味です


秋茗荷の収穫も終わりました

10月にわの備忘録

実際はこの倍量ほど採れましたが今年の収穫は少なめ、、やはり低日照に低気温が響いたでしょうか


夏野菜もいいかげん終わり、ですがまだ細々と採れてもいて

10月にわの備忘録

例年ゴーヤ等は採れすぎて難儀しますが、今年は一気に実ることなく細く長くポツポツと今もゆるく実る、そんな年


相方はドングリやらなにやら等々にわのあちこちで拾ってきては天日干しを繰り返し

10月にわの備忘録

それらはこれから草木染めの材料になるのだそうです


おっきなバラも秋に入るとポンポンと

10月にわの備忘録

一鉢だけのおっきなバラは春に咲き秋に咲き、シーズン終えるとひと抱えほどのドライフラワーが残ります


繁殖旺盛なハゼランはあちらこちらで飛び火咲き

10月にわの備忘録

「三時草」と言われているのは午後3時頃いなってひっそり花を開かせるから
「夕化粧」とも呼ばれるオシロイバナは午後4時頃になると開花、、植物の生活習慣もやっぱり多様です


うちのにわで言うところの秋花ランドマークはホトトギスでしょう

10月にわの備忘録

群生した姿はにわの浮島のよう


背が低く濃いピンクと背が高く薄いピンクの2種が秋深まる頃に咲いて

10月にわの備忘録

咲き切ってしおれ始める頃にはもう冬が来ています


きっと美味しい蜜なんです

10月にわの備忘録

ホトトギスにはサンゴ行き交う小魚よろしく蝶やハナバチやホウジャクが蜜を求めていつも飛び回ってます


この秋はここまで雨空曇り空ばかりでしたが

10月にわの備忘録

うまい具合に満月の夜はちょうど雲が抜けていました


にゃんこ達はというと

10月にわの備忘録

気持ちのいい場所を見つけては寝こけ、、たまに蝶を追ってみたりの相変わらずぶりですが

気温が下がって少し肌寒くなって来たこの頃は
ヒト膝を所望しそこでまあるくなっていることも増えました

かれらの秋の俄然食欲増し増し現象も例年通り
それぞれが脂肪を蓄えた冬仕様モードになりつつあって、皆ふくっとまあるくなっています


(E-5 SigmaApoMacro150mmF2.8 ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II)