「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

西伊豆小旅・5  


昨年末からポツリポツリ続けている西伊豆小旅ものですが、、まだもう少し続いてしまいます

西伊豆小旅

西伊豆松崎町にある「岩科学校」、、伊豆の最古にして日本で3番目に古い小学校建築です  

西伊豆小旅

明治の1880年竣工、重要文化財指定になっていて地元の子には「重文!」と呼ばれているそうです

和洋折衷、初期の洋風様式に地元スタイルなまこ壁が多用されたシンメトリーデザイン

西伊豆小旅

近年予算をかけて半解体の保存修理も経て建物コンディションも良好

材も出来るだけそのままに修復ということで枯れた木材な味わいに囲まれます

西伊豆小旅

かつて建築時の総工費中4割程を地元の方々の寄付金で賄ったそうです

西伊豆小旅

明治という新しい時代、これからは教育といかに人々が夢を抱いていたかをうかがい知ります

西伊豆小旅

校舎には古いものがいろいろと展示されていました

西伊豆小旅

どれもただ普通に使われてきた古いものですが、時間フィルターが掛かると造形に趣が出ているようにも感じます

西伊豆小旅

蚕で作られた町や村は日本各地にありますが、松崎もかつては松崎製糸場を中心に栄えていました
これだけ立派な学校が当時伊豆のはずれで建ったのはきっとお蚕さんのおかげなのでしょう

西伊豆小旅

こじんまり郷土史的展示で楽しみましたが、2階奥の和室「鶴の間」は特に印象に残りました

西伊豆小旅

地元松崎生まれの鏝絵職人「入江長八」作、、鶴は欄間を囲むように138羽飛んでいるのだそうです

西伊豆小旅

学校の和室と言うには暗さも素っ気なさも無く

明るく突き抜けたハイセンスぶりと当時の大らかな気風がよく出ています

西伊豆小旅

鏝絵はずっと以前同じ松崎の長八美術館で観てその時は肌に合いませんでしたが、、「鶴の間」は素敵でした
鏝絵は額に入るより壁に収まってこそ、ということかもしれません

それにしても昭和平成のとかく何でも壊して立て直せ的風潮の中、、よくぞ建ち残ったものです

かつてからこの地域の方々が繋ぐ意志と見識の賜物と思います


(Olympus E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5)

西伊豆小旅・4 


さらっと2017年になりましたが構わずマイペースでいきます、、昨年末からの西伊豆小旅その続きです

この小旅の車中泊場は温泉もある道の駅「花の三聖苑伊豆松崎」でした
そこはオートキャンパーベテラン組が集いましたの様相で、目覚めて車から出てみると朝もはよからお喋りで

西伊豆小旅

お茶を飲みつつシニアの皆さん達がワイワイと、日本各地の旅話に花が咲いて楽しそう

夫婦、犬連れ、ひとり旅と様々ですが国内巡り続けて、いつぞか何処かで会って知っている人達ばかりのようです
このあたりパッカー旅中の関わりや情報交換のあり方とも似ています

松崎を流れる那賀川の堤には桜並木が延々続いています

西伊豆小旅

昭和30年代後半に土地の方が植えた100本が元になって、今では堂々西伊豆桜の名所となり春は賑わうそうです

朝食を済ませそろっと車を走らせると地元民が吸い込まれていく小屋が見えたので

西伊豆小旅

寄ってみると、土地の産物集めた直売所

西伊豆小旅

旅もろもろで直売所にはうるさいワタシタチですが実直な品揃えでこの小屋レベル高しとお買い物です
ちなみに桜葉の塩漬けは全国シェア松崎70%、隣町の南伊豆町30%、、なんとこの周辺でほぼ100%なんだとか

松崎かつての豪商、明治初期に呉服店から財を成した中瀬さんのお宅、中瀬邸です

西伊豆小旅

邸宅は松崎の行政で買い取って保存し公開されています

西伊豆小旅

それにしても木造のクォリティーが高い、、時を経て枯れた木の材質感、その木目や材質を吟味した組み合わせの妙

様々な材を見て一本ずつ線を引いていった、効率より質や美を取った職人技に経年の味わいが加算されてます

西伊豆小旅

かつて番頭さんが居たであろう帳場の雰囲気が再現されているのを見て

西伊豆小旅

やっぱ後世残っていくのはデーターでは無いよな、やっぱ紙よのう〜、、と思ってみたり

西伊豆小旅

明治から昭和初期頃、盛んに活躍した力車も保存されていて
そもそもアジア各地でお世話になっているリキシャも当時日本の輸出文化、だからその語源ともなっているのであって

西伊豆小旅

いまだ現役で人力車が走る彼の国インドだって
リキシャのこと始めと言えばかつて日本から大量に輸入された力車であったことを思い出してみたり、、、

ところで、松崎の町をぶらぶら歩くとなかなかイイ雰囲気よのう〜、などと感じるわけですが

西伊豆小旅

やっぱりそこは目を付けられているようで、今までに相当数のTVドラマや映画のロケ地となっているようでした
ネットではロケ地巡りのファンが結構居たり一部聖地化してる感じもありますね

西伊豆小旅

どうも撮りたくなる引っかかりポイントが点在した雰囲気なんですよね


(Olympus E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5)

西伊豆小旅・3 


ということで、年末差し迫ってまいりましたが構わず西伊豆小旅日記の続きです

岩地の海岸散歩からとなり海の石部に来ると棚田があります

西伊豆小旅

石部の棚田です、山の斜面に海まで続く棚田が延々続いています

江戸時代後期の山津波で全壊した棚田でしたがその後20年かけて復田したそうです

西伊豆小旅

またその後の高度成長期、時代の流れもあって耕作放棄が進んで荒みましたが
今は地元ぐるみで保全に取り組んで再度棚田は復活し石部地区の大切なシンボルになっています

西伊豆小旅

相模湾が広がって雲が抜けていれば富士や南アルプスまで見晴らせる絶景の棚田です

さてさてまたすぐ隣の海へと移動してみると、、雲見の海もやっぱり澄んでいました

西伊豆小旅

伊豆にはこんな↓感じの温泉施設があちこちありますが大抵は冬季閉鎖しています

西伊豆小旅

お湯を抜いてあるところもありますがこの雲見の足湯はお湯が張ったまま
せっかくですから海を眺めつつちょっとぬるめの足湯でぼんやりひと休みです

西伊豆小旅

海を見やると雲見の牛着岩、、その向こうには富士山が浮かんで見えるはずなのですが

西伊豆小旅

残念!、、どうも今回は縁がないのかもしれません

お腹が空いたので松崎地元のとんかつ屋さんに入ります

西伊豆小旅

漬け物いろいろで嬉しいなぁ〜と思っていたら、、デザートにアイスクリーム付いてきて

西伊豆小旅

どういうことでしょう、お土産にカツサンドまで持たせてくれました <(_ _)>

西伊豆小旅

海沿いにいながらちょっと入ると山風情なのも西伊豆らしく、、ここは大沢温泉です

西伊豆小旅

伊豆にしては秘湯感があります、、たいへん渋い趣です

西伊豆小旅

そのお湯も大変よろしく露天の湯船足もとから自噴源泉がぼこぼこ噴き出しています
これぞ源泉そのまま掛け流し温度調整加温なしを見ながらの入浴です

西伊豆小旅

湯船では温泉好きがぽつりぽつりと入って来ては温泉談義に花が咲き
そんな中にはこのお湯が気に入って近くに移り住んで来たという方もおりました

なるほどなぁ〜、、松崎周辺どうにもいい感じだものな〜と、移り住むもわかる気がしたのでした


(OlympusE-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5 G20mmF1.7 )

西伊豆小旅・2 


久しぶりの車中泊、どこぞの知らないところで一晩過ごすだけなのですが何故か気分はスッキリ
今回は労いの軽小旅ですから半島巡る予定もありません、近場でのんびり過ごすつもりです

ドリップコーヒー煎れて手製コロッケパンの朝食済ませたら、そろっと出掛けてみます

西伊豆小旅

西伊豆と言えば富士山の眺望ですが今朝は残念、、秀峰は雲にすっぽり覆われて

西伊豆小旅

代わりといってはなんですが日本の山標高2位と3位、南アルプスの北岳と間ノ岳が駿河湾越しに遠望

西伊豆小旅

ごく近場の岩地の海岸まで出てみると、、透明度高く清々とした冬の海です

西伊豆小旅

この辺りは入り組んだ小さな入江が点在し「岩地 石部 雲見」をあわせて三浦海岸(さんぽ)と呼ばれます

1965年難所の海岸道路が開通するまで山が海岸に落ち込んだこの辺りは伊豆の秘境とされていました

西伊豆小旅

その後各集落温泉も出て60年代のレジャーブームからバブル期終わりまで民宿が大いに増えて賑わいましたが

今ではそれもすっかり落ち着いて真夏の海シーズンを外せば騒がしいこともありません

西伊豆小旅

小さな入り江の集落です、一廻りもたやすく

西伊豆小旅

諸石神社に手水舎には亀さんの蛇口

西伊豆小旅

平日オフシーズンの冬の海辺、それはそれは静かな散歩です

西伊豆小旅

津波避難用と書かれた急な階段を上がった高台へ登ると、、眺めよし海がイイ色しています
世界を巡る旅人が好みそうな小さな浜ですよ、、口コミで外来パッカー達が集まるのも時間の問題かもしれません

西伊豆小旅

この岩地海岸は「東洋のコートダジュール」なのだそうです、、いかにも昭和の売り文句ですね
今となってはそんなに西洋に寄らずともと思いますが、屋根の3割程度がオレンジ色に化粧塗りされてます (^^ )


一廻りゆっくり集落回って浜まで戻って来てみると、、、相方は拾いものを続けていました

西伊豆小旅

収穫はビーチグラスに陶片に貝殻少々

西伊豆小旅

とくにこの浜は藍の陶片拾いものが多いと喜んでいました

誰もいないプライベートビーチのような冬の海、落ち着いて吟味しつつ拾いものに集中出来たそうです


{OlympusE-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ED50-200mmF2.8-3.5)

西伊豆小旅・1 


今年は春先に久しぶりのインド行を果たした効能か
ほとんどお出かけ欲が持ち上がることなく1年過ごせてしまいました
面白いものです、、インド旅復帰前はあんなにポンポン出掛けていたのにね

あれよ今年も終わっていくとのことで
さすがにこのままじゃイカン、全ては知らぬ間に鈍っていくのだぞと戒め入れつつ
少し前のことですがほんの軽く出掛けてみました

西伊豆小旅

ということで
ささっと車中泊モードに車をセッティング、カメラセットと防寒着を適当に詰め込んだら西へ車を走らせて
まず到着したのはS画伯宅、、出始めに絵描き仲間プチ忘年会を絡めていきます

T画伯製作のスピーカーで音流しつつ

テーブルには派手さはなくとも手慣れた味わい、安定の持ち込み総菜が並んで
西伊豆小旅

30余年のお付き合い、、そんな画家仲間ですから安心の語らいです
西伊豆小旅

カラダも固まるお年頃、、指圧合戦のいつもと変わらぬくだらなさ
西伊豆小旅
H画伯はそんな長閑なありさまSNS拡散すべくの動画撮り

そろそろ終わりかな、と思ったら寒梅出て来てやっぱり終わらず
西伊豆小旅

そして撃沈、、並んでシュラフにくるまりご就寝、、、

次の日、、いや〜弱くなったなぁ〜、とお酒が残ってガンガン痛む頭抱えて大磯のS画伯宅を出発

今回は相方と二人どこぞの温泉でも浸かってただただ軽く労い入れよう
そんなことですから行き先の見当はありません、、どこに向かっても良かったのですが
好物の白い温泉や泉質狙って山方面入るには寒さに対する気合いも持てず、自然とハンドルは南下しました

雪もちらつく寒空の下、箱根峠より眺むれば富士はすっぽり雲の中

西伊豆小旅

これから向かう伊豆方面を見てみると垂れ込めた雲向こうの空は抜け

西伊豆小旅

ワタシタチが伊豆と言ったらほぼ西伊豆限定、、ということで堂ヶ島へ到着

西伊豆小旅

堂ヶ島は西伊豆随一の観光地、それでもオフシーズンウィークデーの人影は数えるばかり

西伊豆小旅

まったり夕空眺むれば濃藍色はいっそう深まって

西伊豆小旅

思った通りの静かで寂しい伊豆です


唐突ですが、忘れものがさらに多くなって来た今日この頃を感じるわけでして
それもだんだん大事なモノを忘れる、そんな傾向をつとに心配していましたが、、今回はカメラでした、、、
写真機無くして旅はあり得ない、そんなブツを自宅に置き去り、、、愕然です
レンズフルセット装填のザックのみ積んで、親機材のE5は手元に無し、、、

まったくトホホですが今回は相方のpenホワイト2号を借りることにして
軽小旅の冬伊豆にはむしろ丁度イイかな、、となぐさめつつ久しぶりの車中泊 (-_-)zzz

{OlympusE-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5 G20mmF1.7)

ちょろっとキャンプde梅ヶ島滝巡り 


さてさて、テキトウな間でもってのったり進んでますが、前回の続きです

安倍川最上流界隈の梅ヶ島キャンプ場から辺りを巡るとなると、、どうしても滝となります
なぁんにも無いもんだから滝でも観るかぁ〜、のラオス辺りとちょっと似た感じです

ということでまずは水量多く迫力自慢の赤水の滝から

梅ヶ島滝巡り

前回この滝廻りで良かったクリンソウの花はすでに終わりを迎えており

梅ヶ島滝巡り

辺り一面に植えられたクリスマスローズも花がらを残しているだけ

梅ヶ島滝巡り

花は端境期で乏しい、、ならば少し歩いてみるかと安倍の大滝目指すも吊り橋崩落のお知らせにて断念

梅ヶ島滝巡り

安倍の大滝は内緒ですけどねかなりイイんですよ、、3〜40分掛かる山道のアクセスも含めるとさらに評価アップ!
貧弱な吊り橋数本にハシゴ場、清流沿いの鬱蒼とした山道を抜けると落差85メートルの直爆が至近
たっぷり水しぶきを浴びるそのワイルドな展開は、どこぞのアミューズメントパークにも引けはとらないはず(^^ )

予定変更、林道の豊岡梅ヶ島線へ、、こちらも崩落でたびたび通行禁止なのですが今回はゲートが開いていて

梅ヶ島滝巡り

これはラッキーということで山梨県境の安倍峠を目指してみます

すぐに梅ヶ島七滝に数えられる鯉ヶ滝が現れます、、こちらは落差50mの渓流爆

梅ヶ島滝巡り

深山の趣のなか標高を上げると濃霧となって視界は乳白色、展望はまったく利かなくなりました

梅ヶ島滝巡り

安倍峠までたどり着いたもののガスはさらに濃度を増して昼なお暗く水墨画の世界なのでした

梅ヶ島滝巡り

そこに張られているのは「熊に注意」の駐在所速報
そりゃそうでしょう、いかにもな感じですもの、、、ここはヒトの威が通じてる場所ではありませんからね

梅ヶ島滝巡り

畏れを感じつつそそくさと下山します
この頃は山で遭遇定番の鹿、さらには猿とたびたび出会いつつ山を下ると

こちらも梅ヶ島七滝に数えられている三段の滝

梅ヶ島滝巡り

これで何度かこちらを訪れているうちに七滝の安倍川最奥部の五滝すでに訪問済み、とあいなりました

林道を下り終えると開湯1700年などとも言い伝えられている梅ヶ島温泉です

梅ヶ島滝巡り

深山幽谷が似合う佇まいで素朴な温泉宿数軒が川沿いに並んでいます
泉質は強アルカリ泉、美人の湯でも知られます


(写真/Olympus E-5/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD/ED50-200mm F2.8-3.5 )

ちょろっとキャンプde梅ヶ島 


さてさて前回のキャンプ話続きですが
ワタシタチは絵描き仲間とのキャンプを終え、その足で安倍奥の梅ヶ島キャンプ場までやって来ました

梅ヶ島キャンプ場

こちらはオートキャンプ場じゃありませんので野営用具はがたごと言わせてリヤカーで運びます
引き続きになるキャンプでテントもシュラフも解いたままでしたから設営もスムーズ

梅雨前に一丁テント張っとくか〜、との思惑は外れてしっかり梅雨入りしてしまいましたが

梅ヶ島キャンプ場

ともかくこの静かなキャンプ地で数日を過ごす準備が整いました

このキャンプ場は木がイイんですね、、おっきないい木が沢山あります

梅ヶ島キャンプ場

しかも人の手の入った木ですね、下枝が刈ってあって林が明るい、、とってもいい場です

ここの管理人さんご夫婦が20年手を入れ続けて来た結果ですね、ご夫婦の人柄と年月が森のカタチとなってます

梅ヶ島キャンプ場

静岡の安倍川、大井川辺りでは名物とも言える吊り橋も近くに見えます

梅ヶ島キャンプ場

今回はというかこの頃いつもそうなってますが、ただただ森でのんびり出来ればよろしいので
食事も大体で済ませます、そもそも外で食べると数段美味しくなりますからね、その辺り緩く楽しみます

梅ヶ島キャンプ場

しかも有り難いことに絵描きキャンプの仲間たちがいろいろ持たせてくれたので物資は豊富です (^^ )


なんもしないを決め込む用グッズとしてギターも持ち込みました、、、しかも2本

梅ヶ島キャンプ場

小型の旅ギターとしてこの場合どちらがいったいフィーリングとしてよろしいのだろ〜か、と
現地で実際に検証して楽しむという魂胆でしたが、、結果はリトルマーチンの方がよろしかったと記しておきます

屋外での合板人工材という安心感、ちびたブロンズ弦の緩くボアンとした音色が焚き火の下でよく合っていた 
そう憶え書いてもおきましょう
(旅ギター本命はバックパッカーの方だったんですけどね、、また仕舞い寸法がモノ言う時もあることでしょう)


で、やっぱりキャンプは焚き火です、ということでここ梅ヶ島キャンプ場はいまや貴重な直火OKだったのですが

梅ヶ島キャンプ場

残念なことにこの春からダメと言うことになってしまったようです

ここも知る人ぞ知る的なところがあった頃は山好きや屋外好き旅好きがひっそり楽しむ雰囲気だったのが
近年この好ロケーションがネット口コミで広がり客層も広がって、、まあそれはいいのですが

結果、火も満足に扱えない人たちまで来てしまったのですね、、、

木立の根元で火を焚いてひどい焼け焦げ跡もありましたし、管理人さん曰く枯れてしまった木もあったそうです

直火の焚き火が悪いんじゃありませんね、これははっきりと無知であってやり方が悪いんです
直火に慣れた人は地面を掘ることもありませんし楚々と片づけた後には肥料となる灰だけを残して去るんです
こんなこと今までいくらもありましたが評判が人を増やすとたいてい禁止が増え、さらに心苦しくなります (-.-#)

梅ヶ島キャンプ場

とはいうものの、、苦肉の策で管理人さんお手製でせっせとこしらえた
「一斗缶半切り焚き火かまど」の調子が感心する程にすごぶる良く、少しの薪で効率よく火を上げるのを見て

これはイイ!ぜひうちでも作ってみたい、、、そう思ってしまったのは収穫でした


(写真/Olympus E-5/Olympus E-PL6/ED 12-60mm F2.8-4.0 SWD/G20mm F1.7)