「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し) 


にわ廻りの備忘録です
このところは暑くてまるでグダグダのボンヤリが続いて、そのまま流しちゃうとこでしたが
まれ〜に見返すとこれでも記憶の助けになったりするものです

初夏を知らせるアマリリスが今年はじつによく咲きました
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

アマリリスは真っ赤と筋入り、いただきもの2つの球根を株分けしていたらだんだん増えました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

こんなこともありました、、、例年のにわ作業で伸びきった草の刈り取りをしていると
やっぱり見つかりました、営巣初期のスズメバチの巣です

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
時期によっては草取りも注意深くすすめないと痛い目に遭うことになります

昨年はほぼ同じ場所で蔦をはぎ取っていて刺されました、、そこにフタモンアシナガバチの巣があったのです

草に隠れツツジに付いたトックリ形の巣、、コガタスズメバチ営巣初期の特徴的なカタチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

この状態のときはまだ女王蜂一匹のみで営巣中
この後働きバチが生まれるとトックリの筒状の部分が外されて、バレーボール大まで拡大
ちなみにトックリの筒部分はまだ働きバチ(兵隊バチ)を持たない女王蜂の外敵対応とされています

コガタスズメバチとは名ばかりで、個体によってオオスズメバチと同サイズの迫力ですが、性格はおとなしいです
なので営巣場所に問題なければ巣を見つけても「どうぞご勝手に」と放っておくのですが
この場所はにわ作業で刺激をあたえることも多くなりそうですので今回は撤去させてもらいました

ハチには数度刺され経験有りでアナフェラキシーショックも恐いです、、、


と、ここまで書いて、、今記事は淡々とお花並べてにわ備忘録をと用意していたのですが
ハチ話しで乗ってきてしまいましたので予定変更、、ハチ話しを続けてお花備忘録はまたの機会にします






ところで↓は上の巣のハチとは別種ですが、先日我が家に入り込んで来たヒメスズメバチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの「ヒメ」も名ばかりで最強オオスズメバチ同等サイズの迫力ですが性格は「とっても穏やか」です
なりはデカくともスズメバチ種で最もおとなしいともされてます

変にちょっかい出したり巣に攻撃等しなければ、まず怒って刺して来ることもありません
この時も迷い入って慌てている様子でしたが、撮影に付き合わされたあげく、しばらくしたら出ていきました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

↓は以前撮ったヒメスズメバチ営巣はじめの様子、トックリ状の筒は無く営巣初期の巣は下部開放型
ヒメスズメバチは見えにくい閉鎖空間に営巣しますから外敵の心配は少ない、という形状なのかもしれません

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの特徴として食性をアシナガバチのみに限定しているというのがあります
アシナガバチ達から見たら恐ろしい天敵ですが
それはまたヒメスズメバチからするとアシナガバチの居ないところでは生存出来ない、ということでもあります

うちのにわにはこの季節になるとアシナガバチがた〜くさん (^^ )
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

それはそうでしょう
チョウチョやハナバチで賑やかになるように、お花を咲かて彼らの食性に合わせた植物もいっぱい植わってます
主タンパク源となるイモムシ類(チョウやガの幼虫)を求めたアシナガバチがにわに集まるのです

アシナガバチの刺毒はスズメバチに準じて強いものの、性格はやはり総じて穏やか

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
ですから巣を作られてもヒトの生活上問題ない場所ならば「どうぞご勝手に」そうして放っておきます

昨年は目の利かない薄暮の中、疲労しつつ作業したワタシの注意散漫で
↓のかなり育った巣を刺激して刺されました、、とても腫れましたし、かな〜り痛かったです

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

で、こう書いてきて何か言いたいことがあるかというと、、そういうコトでもなくて

ただにわ管理人であるワタシはにわで遊び、相方の制作モチーフにもなりそうだということで
チョウチョやいろんな生きものを集めるためにお花も咲いてる、そんなにわをイメージしました

少しずつそれが実現してくると、チョウチョやいろんな生きものが卵を産んでイモムシがたくさん生まれ
するとイモムシは植わってるにわ植物を際限なく食べますから、花の咲くにわは弱ってしまいます
そこでイモムシ求めてにわに集まって来るアシナガバチ達の登場です


(ハチ等の画像はたいてい不評だったですね、この先はニャンコ画像で続けます、、脈絡はありませんが)

ふくちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

アシナガバチがイモムシを狩るおかげで、にわ花は壊滅せずに済んでいるとも言えますが
豊富なタンパク源を得たアシナガバチにあちこち営巣されると今度はヒト科のワタシタチが困ってしまいます
そこにアシナガバチ類の天敵である先ほどのヒメスズメバチが現れるのです

はなからビオトープ等の持つ自然な循環を思っていた、という事もありましたから
にわはそんなイメージに沿ってすすんでいます

ピノちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

つまり「ハチは刺すから恐い」刺されればアナフェラキシーショックで死んでしまうこともあると聞いてるし
だからといって、にわのハチを除外してしまったら、イモムシが大繁栄となって
きっと多くの植物が打撃を受けにわに花は咲かなくなって来ることでしょう

花の無いにわにはもうチョウチョも寄って来ません、、結局のところワタシタチはがっかりです

かっくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

そこで話しは飛んで「ヒアリ」です
ネットで大層話題だな、そう思って滅多に付けないテレビで確認するとどんだけ「ヒアリ」?という状態です
外来種をそのまま肯定する気もありませんが、いくらなんでも煽ってるようにしかワタシには見えません

「殺人アリ」とどこの見出しでも称しているようですが、、いったいどんだけの事なのか?
そのソース(情報源)等をいちど調べてみてもイイと思います、、ウソではないが大げさ、ワタシにはそう映ります

見出しは興味をそそってショッキングな方がイイ、、編集者の変わらぬ鉄則かもしれません

かたくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

殺アリ剤が急遽バカ売れというのも判らなくはありませんが、、どうして在来種と見分けられますでしょう?
都市部では関係無い話しかもしれませんがアリは大変優秀な有機分解者です
アリ=とても危ない→→→「アリを見たら殺アリ剤」、、、そう単純につながりそうで恐ろしい

またさらに、どんなとき「未知の生きもの驚異ネタ」や「疫病不安ネタ」がさかんに煽られているかと言えば、、、

なんでも好きに書くとおとがめもらって自由も取られちゃう、、そんな世になりつつありますので
わざわざ書いたりしませんが、、、

いったい、いかがなものでしょう

(Olympus E-5 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 )

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色 


前回の更新から早くもひと月が過ぎたようです、、するとまた広告が画面に入って来ました
広告は鬱陶しいですから記事を書きましょう、、、

内容は淡々と変わらずにわ廻りのいろいろで、とりとめもなく長く写真散文の羅列ですが
自身にとってはにわ季節の備忘録になって少しは役にも立ちそうです


桜が咲き終えてほどなくすると牡丹が咲きます
春のにわ廻りいろいろ

木蓮は昨年の強剪定がたたってしょぼしょぼ咲き
春のにわ廻りいろいろ

シランは知らない間に年々増えていっている気もします
春のにわ廻りいろいろ

いつぞにポット苗でもらったガーベラもしぶとくしょぼく毎年咲いて
春のにわ廻りいろいろ

ワタシがにわに従事してると、ボクらも近くで一緒にやってます、偵察してます的な、にゃんこ的素振りも変わりなく
春のにわ廻りいろいろ

またしばらくするとクレマチスが咲き始めます
春のにわ廻りいろいろ

地表を覆う繊細な小花時期はとうに過ぎ、存在感の大花季節が到来
春のにわ廻りいろいろ

洋物改良のジャーマンアイリスはちょっとエグくて
春のにわ廻りいろいろ

東アジア原産のあやめが楚々と見えるのは気のせいじゃない、と思うのもいつもと同じ
春のにわ廻りいろいろ

あやめがパパァ〜っと咲けば雨期が近いことを予感もします
春のにわ廻りいろいろ

紫陽花と共に水気がよく似合う花だと思います
春のにわ廻りいろいろ

ふと見上げれば樹上でピノちゃんは高みの見物中
春のにわ廻りいろいろ

朽ち木に1センチ強の真円穴を発見しました、、これはクマバチの巣ですね
春のにわ廻りいろいろ

ちょうど営巣中だったようで巣の下には木を掘り進めたおが屑が落ちていました
春のにわ廻りいろいろ
クマバチの洋名はCarpenter bee(大工蜂)です、、にわでは初見、こちら継続観測させていただきます

母からもらった西洋シャクナゲに初めて花が付きました、、真白に僅かな斑入りです
春のにわ廻りいろいろ

今現在は深紅のでっかなアマリリスが咲いて
春のにわ廻りいろいろ

筋入りのアマリリスも次々咲いているところ
春のにわ廻りいろいろ

そうこうしてると足元ではヒマ持てあましたフクちゃんが遊ぼう!と絡んでいます
春のにわ廻りいろいろ

この季節は草取りに剪定に、陽のある間はにわに居る時間が多くなります
春のにわ廻りいろいろ

労働と言えばそうなのですが、にわという定点観測が続いているとも言えます
基本毎年にわ景色は同じサイクルの繰り返しなのですが、新たな発見や出会いも多く飽きることはありません

しかもにわと言う自然が同じ事の繰り返し、そんな中にも凄みや含蓄が感じられるようになって来た気もします
ものの見え方感じ方は主観によりますが、その主観も過ごした年月や経験で左右していつまでも揺らぎます


(Olympus E-5 E-PL6 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro SUMMILUX25mmF1.4 SigmaApoMacro150mmF2.8)

にわ廻りの備忘録・ホトトギスとホウジャク 


にわ廻りの備忘録、、今回は飛んでるスズメガだらけです
むしが苦手お嫌いな方はご覧いただかない方がいいかもしれません

ということで


ホトトギスにホウジャク

秋深まってにわのホトトギスが咲き出すとやって来るのがスズメガの仲間ホウジャクたち

この季節ホトトギスはにわのあちこちで咲きますが

ホトトギスにホウジャク

↑のまとまり咲き一群に花蜜目当てのむし達は特に集まって来るようです

ハナバチや蝶々いろいろも飛びますが

ホトトギスにホウジャク

羽音ブンブン、ハチドリのように飛び回るホウジャク系が撮るにはやっぱり面白い

ホトトギスにホウジャク

日が高い日中に見かけることはなく、早朝や夕の薄暮になるとホバリングしつつ蜜を吸っています

ホトトギスにホウジャク

ただでも老眼起因の視力不安定によりピント合わせは数年前とは比較出来ない状態であって

しかも加齢と鍛錬不足による対動きモノ反応速度は全般に低下著しい

ホトトギスにホウジャク

その上光量の乏しい朝夕薄暮でのフレーミングとピント合わせですから、年々敷居が上がるホウジャク相手です

ちなみに↑はホシホウジャク↓のボディーが明るい方がヒメクロホウジャクですね

ホトトギスにホウジャク

さらにと言えば動きモノ飛びモノ大好き、ねこちゃんたちは虎視眈々

にゃんこ

カメラ構えるワタシの対象物に向かって全力でちょっかいを出して蹴散らしに来ます

飛びモノ相手には望遠マクロの150㎜レンズ装着です

ホトトギスにホウジャク

35ミリフォーマット換算で300㎜F2.8ということになる弩級望遠マクロのピントは紙の如き薄さであって

このレンズのオートフォーカスは激遅ですのでマニュアルでピントを追うことになります

ホトトギスにホウジャク

ホトトギスの廻りを集中しホウジャク狙って巨砲的長玉マクロ覗きつつ動き回っていると

ホトトギスにホウジャク

うっすら汗ばんで、ハンターな気分です

ホトトギスの花が終わる頃には飛びモノもいなくなって、やがて冬

にゃんこ

外遊びの季節を終えたねこちゃん達もこたつで丸くなって動きを止める、、そんな季節になります


(OlympusE-5 SigmaApoMacro150mmF2.8 LeicaSUMMILUX25mmF1.4)

5月終わりのにわ廻り 


まるでなんのことは無い、、にわ廻り5月終わりの備忘録

玄関先のカシワバアジサイがほぼ満開、、今年ももう梅雨入り前ということを教えてくれる
五月終わりのにわ廻り

同じく玄関廻りのクレマチスは今年花が少なかったが
五月終わりのにわ廻り

同じクレマチスでも古くに渡来したらしいテッセンの方は今年絶好調、いまだどんどん咲き続けている
五月終わりのにわ廻り

花株も力を出しすぎて毎年頑張らない方がいい、、隔年咲き位のノンビリさんで丁度いいと思ったりもする

来年は休もう、そう語りかけつつシャッターを切っておく
五月終わりのにわ廻り

種蒔きから育ったカワラナデシコがやっと咲き始めたな、と思ったら一斉にウリハムシに食されていた
五月終わりのにわ廻り
にわ廻りあちこちに仕込んだナデシコ全部がこの調子、まあしょうがない、、、
もともと思ったようになんていくはずがないのだ

安売り売れ残りの球根を埋めておいたら面白い色カタチのチューリップが咲いた
五月終わりのにわ廻り
チューリップは球根なのに一年限りが多い、、きっと何か仕込んであるのだろう、そう考えるといい気分ではない

おっきなバラもたくさん咲いた
五月終わりのにわ廻り
今は部屋のあちこちで逆さに吊されドライフラワーになりかかっている

クジャクサボテンもポンポン咲いている
五月終わりのにわ廻り
プスプス土に刺しただけでどんどん増えて毎年咲いてくれている

このオペラピンクが出てくるとにわ廻りでは初夏のサインである
五月終わりのにわ廻り

初夏のサインと言えばハチの営巣というのもある
五月終わりのにわ廻り
今年もさっそく軒下に営巣中を見つけた、きっとまだ刈り取り中のにわ藪の中にいくつかはありそうである

昨年は不注意からアシナガバチに刺されてひどい目に遭った
もうゴメンだしアナフィラキーショックも恐い、、今年は特に注意していこうと思っている

しかしハチ相手でなにに注意しようかと言ったところで

・疲れたら作業をしない・暗くなったら作業をしない・頑張って急がない・目標や達成に向かわない

当面こんなこと位しか思いつかない、、、
まぁどれも自身の感覚を鈍らせる要因として共通している事柄ではある


蒸し暑くなってくるとそろそろ終わりの春花群もめっきり元気に咲き続けている
五月終わりのにわ廻り
パンジーのあちこちにはタテハ蝶であるツマグロヒョウモンの幼虫が付いているのも確認済みである

花が終わったら彼らの食草として生きて
その傍らには幼虫が育ち蛹となって飛び立つまでを観たいと思っているワタシタチがいる (^^ )

そんな相変わらずの何ごともない5月終わりのにわ廻り


(写真/E-5/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4/ED 50mm F2.0 Macro)

にわ廻りの5月半ば過ぎ 


春先から雨降り以外の昼間はなにかとあって毎日にわで過ごしています

草取りに花がら摘みに枝木を落とす作業に各種それぞれの観察と、、そう言ってはなんですが春は忙しいんです (^^ )

にわ廻りのこの頃

カシワバアジサイの花も開きはじめました、、季節は動いてもうすぐ梅雨なんですね

にわ廻りのこの頃

売れ残り球根を植えた新種のムスカリに花が付き、カタチが面白いので窓辺でバック飛ばして撮ってみます

にわ廻りのこの頃

花終わりで萎れたカタチも面白く、、海の生き物かな?

にわ廻りのこの頃

と、開け放った窓から蝶がひらり入ってきて

にわ廻りのこの頃

羽模様を見るとどうやらサトキマダラヒカゲのようです

にわ廻りのこの頃

鬱蒼とした雑木林を好む蝶ですから天気のいい今日あたりは日陰を求めて部屋に入ったのかもしれません

蝶々も勝手が違って焦っている様子で迷惑でしょうが、丁度手元に望遠マクロ付けたカメラも握っていたことですし
、、少しの間モデルになってもらいましょう

にわ廻りのこの頃

うまいこと窓ガラスに姿が映り込んで面白い効果が出ましたね

それにしてもまだ傷ひとつ無く鱗粉の欠けもありません、、とても美しい質感です

にわ廻りのこの頃

う〜ん、キミはとてもいいモデルさんだ。よく来てくれたね、、、そう声がけしておきましたよ (^^ )

にわ廻りのこの頃

と、春が来たと思ったらあれよ生きもの全開のシーズン突入で、、またマクロレンズ遊びの季節が来ました

にわも準備万端で今はどこもかしこもでパンジーが花盛りで

にわ廻りのこの頃

いつでもどうぞとツマグロヒョウモン沢山の飛来を待っております
(ツマグロヒョウモンはスミレ系のパンジーを食草として好むので産卵に寄って来ます)

なにしろ蝶やハチやアブが飛んでバッタやカマキリがたくさん集まるように作っているにわなのですから

にわ廻りのこの頃

このシーズンも秋終わりまで存分にワタシタチを遊ばせてくれることでしょう

そんなにわ作業一部始終を眺めているのが好きなふくちゃんですが

にわ廻りのこの頃

この日はポカポカ陽気の中、梅の樹上で座ったまんまずっとバランス取って寝てました

相変わらずですが、じつに長閑なにわ空気です


(写真/E-5/LEICA D SUMMILUX 25mm F1.4/ED 50mm F2.0 Macro/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)

にわ廻りのいろいろ 

にわ廻りいろいろ
松ぼっくりの出来たてです

コリアンダーの花が咲いてます
にわ廻りいろいろ

別段何の変わりも無く淡々と過ごしています、この季節はにわも日々変化してとても楽しい

この頃のにわは黄色や淡い色からはっきりとした赤い色が目立ってきました

筋入りのアマリリスに
にわ廻りいろいろ

深紅のアマリリスに
にわ廻りいろいろ

おっきな花になる真っ赤なバラには花グモが付いていますね
にわ廻りいろいろ

むし達もまだだいぶ小っちゃいですがワンサカ出てます
例年通り大量の子バッタがそこらじゅうですでに花を食い散らかしてます (^^ )

子カマキリも沢山見かけます
にわ廻りいろいろ

にわのあちこちで生み付けられた卵嚢を確認していましたからね
みな暖かくなって無事出てきましたね

被写体としてもカッコイイですからみな無事に育ってもらいたいところですが
にわ廻りいろいろ
草むら最強のハンターもいかんせんまだ1センチ弱、外敵も多いですからね、、、

生きものが俄然活気付いてくる中にゃんこたちも楽しそうです
彼らはチョロチョロ動くものが大好きですからね〜、、寒い冬はつまんなそうですもん

ふくちゃんです
にわ廻りいろいろ

ぴのちゃんです
にわ廻りいろいろ

かっくんです
にわ廻りいろいろ

三兄弟にほかに一兄貴、軽くハンター目付き入ってみんな元気です

今ではにわの点景としてもにゃんこ達は欠かすことが出来なくなりました


(写真/E-5/ED50-200mm F2.8-3.5/ED 50mm F2.0 Macro/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)

この春も過ぎていきました 


春が来たなぁ〜、と思ったらまたあっという間に過ぎてしまいました

花桃

足もとにオオイヌノフグリやホトケノザを見つけて

これは大変、いよいよ本当に春が来た!、、そんなことになると

花桃

次から次へあちらこちらで芽は吹き出すし花も咲くしのにわ観察待ったなし状態が始まります

花桃

毎春、このにわの一部始終を見届けてやろうではないの、、そういって意気込んではみますが

目まぐるしく変化していく目の前のスピード感にいつも翻弄され呆然としてる間に、いつも春は終ります

花桃

花桃は春爛漫感がありますね

にわの昨年多めに切り詰めた紅白ミックスの木はしょぼしょぼの咲き具合となりましたが
紅花の木の方は花もたわわで華やぎました

花桃

ところで紅花桃の画像上2枚で使ったレンズはOlympusのED50mmF2.0Macro
この下の2枚がSigmaApoMacro150mmF2.8となりますが、随分と色味や風味が違って出ますね

花桃

Olympus純正の中望遠マクロはコッテリ系、SIGMAの長玉マクロはスッキリ系でしょうかね

どちらが良いと言うこともありませんがどちらも一芸持った好みの単焦点で

花桃

いまや晴れて旧式規格のオールド装備とあいなったワケですが、替えの効かないレンズですね

にわの虫花相手に使うにも丁度楽しいレンズはこれから特に出番が増えますが
Mフォーカス多用のマクロレンズにこの頃さらに進んだ老眼でついて行けるのか、、問題はそこでしょうね (^^ )


(写真/E-5/ED 50mm F2.0 Macro/SIGMA APO MACRO 150mm F2.8)