「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し) 


にわ廻りの備忘録です
このところは暑くてまるでグダグダのボンヤリが続いて、そのまま流しちゃうとこでしたが
まれ〜に見返すとこれでも記憶の助けになったりするものです

初夏を知らせるアマリリスが今年はじつによく咲きました
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

アマリリスは真っ赤と筋入り、いただきもの2つの球根を株分けしていたらだんだん増えました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

こんなこともありました、、、例年のにわ作業で伸びきった草の刈り取りをしていると
やっぱり見つかりました、営巣初期のスズメバチの巣です

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
時期によっては草取りも注意深くすすめないと痛い目に遭うことになります

昨年はほぼ同じ場所で蔦をはぎ取っていて刺されました、、そこにフタモンアシナガバチの巣があったのです

草に隠れツツジに付いたトックリ形の巣、、コガタスズメバチ営巣初期の特徴的なカタチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

この状態のときはまだ女王蜂一匹のみで営巣中
この後働きバチが生まれるとトックリの筒状の部分が外されて、バレーボール大まで拡大
ちなみにトックリの筒部分はまだ働きバチ(兵隊バチ)を持たない女王蜂の外敵対応とされています

コガタスズメバチとは名ばかりで、個体によってオオスズメバチと同サイズの迫力ですが、性格はおとなしいです
なので営巣場所に問題なければ巣を見つけても「どうぞご勝手に」と放っておくのですが
この場所はにわ作業で刺激をあたえることも多くなりそうですので今回は撤去させてもらいました

ハチには数度刺され経験有りでアナフェラキシーショックも恐いです、、、


と、ここまで書いて、、今記事は淡々とお花並べてにわ備忘録をと用意していたのですが
ハチ話しで乗ってきてしまいましたので予定変更、、ハチ話しを続けてお花備忘録はまたの機会にします






ところで↓は上の巣のハチとは別種ですが、先日我が家に入り込んで来たヒメスズメバチです
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの「ヒメ」も名ばかりで最強オオスズメバチ同等サイズの迫力ですが性格は「とっても穏やか」です
なりはデカくともスズメバチ種で最もおとなしいともされてます

変にちょっかい出したり巣に攻撃等しなければ、まず怒って刺して来ることもありません
この時も迷い入って慌てている様子でしたが、撮影に付き合わされたあげく、しばらくしたら出ていきました

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

↓は以前撮ったヒメスズメバチ営巣はじめの様子、トックリ状の筒は無く営巣初期の巣は下部開放型
ヒメスズメバチは見えにくい閉鎖空間に営巣しますから外敵の心配は少ない、という形状なのかもしれません

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

ヒメスズメバチの特徴として食性をアシナガバチのみに限定しているというのがあります
アシナガバチ達から見たら恐ろしい天敵ですが
それはまたヒメスズメバチからするとアシナガバチの居ないところでは生存出来ない、ということでもあります

うちのにわにはこの季節になるとアシナガバチがた〜くさん (^^ )
にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

それはそうでしょう
チョウチョやハナバチで賑やかになるように、お花を咲かて彼らの食性に合わせた植物もいっぱい植わってます
主タンパク源となるイモムシ類(チョウやガの幼虫)を求めたアシナガバチがにわに集まるのです

アシナガバチの刺毒はスズメバチに準じて強いものの、性格はやはり総じて穏やか

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色
ですから巣を作られてもヒトの生活上問題ない場所ならば「どうぞご勝手に」そうして放っておきます

昨年は目の利かない薄暮の中、疲労しつつ作業したワタシの注意散漫で
↓のかなり育った巣を刺激して刺されました、、とても腫れましたし、かな〜り痛かったです

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色

で、こう書いてきて何か言いたいことがあるかというと、、そういうコトでもなくて

ただにわ管理人であるワタシはにわで遊び、相方の制作モチーフにもなりそうだということで
チョウチョやいろんな生きものを集めるためにお花も咲いてる、そんなにわをイメージしました

少しずつそれが実現してくると、チョウチョやいろんな生きものが卵を産んでイモムシがたくさん生まれ
するとイモムシは植わってるにわ植物を際限なく食べますから、花の咲くにわは弱ってしまいます
そこでイモムシ求めてにわに集まって来るアシナガバチ達の登場です


(ハチ等の画像はたいてい不評だったですね、この先はニャンコ画像で続けます、、脈絡はありませんが)

ふくちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

アシナガバチがイモムシを狩るおかげで、にわ花は壊滅せずに済んでいるとも言えますが
豊富なタンパク源を得たアシナガバチにあちこち営巣されると今度はヒト科のワタシタチが困ってしまいます
そこにアシナガバチ類の天敵である先ほどのヒメスズメバチが現れるのです

はなからビオトープ等の持つ自然な循環を思っていた、という事もありましたから
にわはそんなイメージに沿ってすすんでいます

ピノちゃんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

つまり「ハチは刺すから恐い」刺されればアナフェラキシーショックで死んでしまうこともあると聞いてるし
だからといって、にわのハチを除外してしまったら、イモムシが大繁栄となって
きっと多くの植物が打撃を受けにわに花は咲かなくなって来ることでしょう

花の無いにわにはもうチョウチョも寄って来ません、、結局のところワタシタチはがっかりです

かっくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

そこで話しは飛んで「ヒアリ」です
ネットで大層話題だな、そう思って滅多に付けないテレビで確認するとどんだけ「ヒアリ」?という状態です
外来種をそのまま肯定する気もありませんが、いくらなんでも煽ってるようにしかワタシには見えません

「殺人アリ」とどこの見出しでも称しているようですが、、いったいどんだけの事なのか?
そのソース(情報源)等をいちど調べてみてもイイと思います、、ウソではないが大げさ、ワタシにはそう映ります

見出しは興味をそそってショッキングな方がイイ、、編集者の変わらぬ鉄則かもしれません

かたくんです (^^ )
にわ備忘録・6月半ば〜のにわ景色 (転じてハチのお話し)

殺アリ剤が急遽バカ売れというのも判らなくはありませんが、、どうして在来種と見分けられますでしょう?
都市部では関係無い話しかもしれませんがアリは大変優秀な有機分解者です
アリ=とても危ない→→→「アリを見たら殺アリ剤」、、、そう単純につながりそうで恐ろしい

またさらに、どんなとき「未知の生きもの驚異ネタ」や「疫病不安ネタ」がさかんに煽られているかと言えば、、、

なんでも好きに書くとおとがめもらって自由も取られちゃう、、そんな世になりつつありますので
わざわざ書いたりしませんが、、、

いったい、いかがなものでしょう

(Olympus E-5 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 )

にわ備忘録・5月半ばのにわ景色 


前回の更新から早くもひと月が過ぎたようです、、するとまた広告が画面に入って来ました
広告は鬱陶しいですから記事を書きましょう、、、

内容は淡々と変わらずにわ廻りのいろいろで、とりとめもなく長く写真散文の羅列ですが
自身にとってはにわ季節の備忘録になって少しは役にも立ちそうです


桜が咲き終えてほどなくすると牡丹が咲きます
春のにわ廻りいろいろ

木蓮は昨年の強剪定がたたってしょぼしょぼ咲き
春のにわ廻りいろいろ

シランは知らない間に年々増えていっている気もします
春のにわ廻りいろいろ

いつぞにポット苗でもらったガーベラもしぶとくしょぼく毎年咲いて
春のにわ廻りいろいろ

ワタシがにわに従事してると、ボクらも近くで一緒にやってます、偵察してます的な、にゃんこ的素振りも変わりなく
春のにわ廻りいろいろ

またしばらくするとクレマチスが咲き始めます
春のにわ廻りいろいろ

地表を覆う繊細な小花時期はとうに過ぎ、存在感の大花季節が到来
春のにわ廻りいろいろ

洋物改良のジャーマンアイリスはちょっとエグくて
春のにわ廻りいろいろ

東アジア原産のあやめが楚々と見えるのは気のせいじゃない、と思うのもいつもと同じ
春のにわ廻りいろいろ

あやめがパパァ〜っと咲けば雨期が近いことを予感もします
春のにわ廻りいろいろ

紫陽花と共に水気がよく似合う花だと思います
春のにわ廻りいろいろ

ふと見上げれば樹上でピノちゃんは高みの見物中
春のにわ廻りいろいろ

朽ち木に1センチ強の真円穴を発見しました、、これはクマバチの巣ですね
春のにわ廻りいろいろ

ちょうど営巣中だったようで巣の下には木を掘り進めたおが屑が落ちていました
春のにわ廻りいろいろ
クマバチの洋名はCarpenter bee(大工蜂)です、、にわでは初見、こちら継続観測させていただきます

母からもらった西洋シャクナゲに初めて花が付きました、、真白に僅かな斑入りです
春のにわ廻りいろいろ

今現在は深紅のでっかなアマリリスが咲いて
春のにわ廻りいろいろ

筋入りのアマリリスも次々咲いているところ
春のにわ廻りいろいろ

そうこうしてると足元ではヒマ持てあましたフクちゃんが遊ぼう!と絡んでいます
春のにわ廻りいろいろ

この季節は草取りに剪定に、陽のある間はにわに居る時間が多くなります
春のにわ廻りいろいろ

労働と言えばそうなのですが、にわという定点観測が続いているとも言えます
基本毎年にわ景色は同じサイクルの繰り返しなのですが、新たな発見や出会いも多く飽きることはありません

しかもにわと言う自然が同じ事の繰り返し、そんな中にも凄みや含蓄が感じられるようになって来た気もします
ものの見え方感じ方は主観によりますが、その主観も過ごした年月や経験で左右していつまでも揺らぎます


(Olympus E-5 E-PL6 ZD14-54mmF2.8-3.5II ED50mmF2.0Macro SUMMILUX25mmF1.4 SigmaApoMacro150mmF2.8)

11月にあったことを覚え書き 


寒くなりました
あいも変わらず淡々と、、11月いくつかの覚え書き

収束の季節、春夏咲かせて楽しませてくれたいろいろも弱って傷んだものから少しずつ引っこ抜き

11月のいろいろ

まあるく繁って紅葉も楽しめて実はとんぶりにもなるほうき草も終わって

11月のいろいろ

シュロ縄で縛りこれからはその名の通りで「にわ箒」となります

冬越し植物は余計な枝葉を落とし整えたら室内や北風当たらぬ適所へとそれぞれ配置

11月のいろいろ

挿し木で増えて大きく育ったサボテン系はみな屋内へ、、まだまだこれでも一部なんです、、、

11月のいろいろ

植物冬支度はこの間の関東雪予報前日のこと、、相方とふたり予報を知って大慌て
ですが温暖な三浦半島、、雪にはなるまいと思っていましたがやっぱり今回も雪は降りませんでした


謎なことをひとつ

軒下に造られた2012年製キイロスズメバチの巨大巣(その様子に興味ある方は過去記事→→こちらから

11月のいろいろ

オオスズメバチの来襲で2012年当時巣主が滅ぼされたときにこじ開けられた大穴が↑写真の右部分です
で、最近気が付いたのですが巣の下部に同様の大穴が開けられていました、、、

2012年のキイロスズメバチコロニー殲滅から以来当然宿主はおらず
それから空いた巣は神々しいお姿を敬いつつそのまましてにわ廻りのオブジェとなっていたのですが、、、

いったいなにも棲まない巣で、、下部に開いた大穴は誰が開けたのでしょう?

風化がこんな器用なことをするとも考えられず
アライグマが居たとしてもこんな上手に穴を開けることは可能なのでしょうか、、、

11月のいろいろ

穴の開けられ方はオオスズメバチによる過去の右穴にそっくりなんですね
はたしてオオスズメバチの襲撃はこんな空いた巣のケースでも起こりうるのでしょうか?、、謎です


ちょっとインパクトのある画像でしたね〜、、ではではお口直しにギター覚え書き

↓は40年弱ワタシと共にあって育ってきたギター、銘柄は当時国産の雄であったCAT'S-EYE
11月のいろいろ

ギターについては上手くなろうという気がまるでありません、だから当然ちっとも上手くはなりません
ただ耳元の生音が気持ちイイからたまに鳴らしてる、そんな感じのお付き合いです

CAT'S-EYEはずっと当時オリジナルのままでしたが、弦高が高くなって来ていたのでちょっと加工しました

11月のいろいろ

サドルの加工交換です、オリジナルのサドルは残しておいて他に型を取ってヤスリ等で削って成型します
素材もオリジナルのプラスティックから牛骨に変えてみました

11月のいろいろ

うまい具合に出来ました、、サドルは↑の写真の白い部分ですね
加工の結果弦高が下がって弾きやすくなって、ジャラーンとストロークのまとまり感が出たように思います

ところで、凄いギターをお借りしていることを前にもちらっと書きましたが
いまだ借りさせていただいております <(_ _)>

今月はその凄いギター2台の弦を張り替えました
弦はメーカー違いで素材は合わせて銅とスズの配合比が85:15の古式ブロンズ弦

1967年モノのGibson J-50です
11月のいろいろ

1956年モノのGibson LG2です
11月のいろいろ

秋になって湿気が退いて、この頃はさらに乾いた音色になって来た気がしています

今回載せたギターは写真上の方からほぼ40年モノ、50年モノ、60年モノと並んだいずれもビンテージ
これらが時を経過してきたモノの凄み、古いモノの良さを直球ズドンで日々教えてくれてます
ギターネタについてはきっとまた書くことになると思います

急に寒くなって来て
いえ廻りのにゃんこ達が皆部屋にゃんこになる季節です、よってあちらこちらで丸くなってます

11月のいろいろ

定番のこたつで丸くなり、羽毛の布団で丸くなり、電熱器近くのアトリエ椅子でも丸くなり

どこにいってもにゃんこ達が丸くなっていて、それはそれで和みます (^^ )


(OlympusE-5 SUMMILUX25mmF1.4 ZD14-54mmF2.8-3.5II)

11月にわ廻りの備忘録 


あいも変わらずにわ廻りの覚え書きを淡々と

秋花が最後にひと花やる気です

11月にわの備忘録

例年ホトトギスの花が終わると冬が来たということになりますが、にわの一角で咲き残り

11月にわの備忘録

メキシコ原産暑いの大好きマンデビラは咲き続け

11月にわの備忘録

ところによっては一年草となるネメシアもこれから5年目の越冬に入るべく

11月にわの備忘録

種まき苗育ちのサルビアは赤いのも青いのもあちらこちらで花は続いて

11月にわの備忘録

場合によっては数本ほど越年の元気株もきっとありそう

11月にわの備忘録

手が入らず草だらけになってるところでも野菊はひっそり咲きで野の風情

11月にわの備忘録

タイ料理用に育てた南方系のホーリーバジルは寒さがとっても苦手ですから
友人からのもらい種を次に繋げるべく一鉢部屋咲きさせてます

11月にわの備忘録

↑はインド名でトゥルシーです、聖なる草は聖象と共にあるのも自然なこと

11月にわの備忘録

こぼれ種で増え続けたエゴマはたわわに房を付けて、、きっと来シーズンも増え続けることでしょう

11月にわの備忘録

そんなこんなで秋花咲いてる話ももういいかげんラストですね

種蒔き苗の冬春花いろいろは秋はじめの天候不順、長雨日照不足にてまだほんのちみっこい極小サイズ

11月にわの備忘録

にわが寂しくなりそうですが、、長年で増え続けたスイセンがあっちゃこっちゃで伸びて来て

11月にわの備忘録

早いものはひとつふたつと花まで咲かせて、なんだかもう年明けを予感させるにわ景色が進行中

気が付くと11月も半ば過ぎ、、、
あっという間に過ぎゆく月日がまたさらに加速していきそうだと思うと

数年前から言い出した「夏が終わってしまったら今年ももう終わったようなものなのよ」との
文句のような言いぐさも自分的にはますますリアルになって来たこの頃なのです


(Olympus E-5 SUMMILUX25mmF1.4 ED50mmF2.0Macro ZD14-54mmF2.8-3.5II)

10月にわ廻りの備忘録 


気がつけば10月も半ばを過ぎて秋も深まり
とくに何事かがあるということもない日々平々凡々、ということでにわ廻り10月の備忘録

10月、まずは金木犀の充満した香りから始まって

10月にわの備忘録

数本植わった大きな金木犀の落とした花がらで地面は橙色


種から育てたコスモスやサルビア等々、うちのにわらしくしょぼめに花を付け続けますが

10月にわの備忘録

この秋の日照は特別少なくどれもこれもがヒョロッと気味です


秋茗荷の収穫も終わりました

10月にわの備忘録

実際はこの倍量ほど採れましたが今年の収穫は少なめ、、やはり低日照に低気温が響いたでしょうか


夏野菜もいいかげん終わり、ですがまだ細々と採れてもいて

10月にわの備忘録

例年ゴーヤ等は採れすぎて難儀しますが、今年は一気に実ることなく細く長くポツポツと今もゆるく実る、そんな年


相方はドングリやらなにやら等々にわのあちこちで拾ってきては天日干しを繰り返し

10月にわの備忘録

それらはこれから草木染めの材料になるのだそうです


おっきなバラも秋に入るとポンポンと

10月にわの備忘録

一鉢だけのおっきなバラは春に咲き秋に咲き、シーズン終えるとひと抱えほどのドライフラワーが残ります


繁殖旺盛なハゼランはあちらこちらで飛び火咲き

10月にわの備忘録

「三時草」と言われているのは午後3時頃いなってひっそり花を開かせるから
「夕化粧」とも呼ばれるオシロイバナは午後4時頃になると開花、、植物の生活習慣もやっぱり多様です


うちのにわで言うところの秋花ランドマークはホトトギスでしょう

10月にわの備忘録

群生した姿はにわの浮島のよう


背が低く濃いピンクと背が高く薄いピンクの2種が秋深まる頃に咲いて

10月にわの備忘録

咲き切ってしおれ始める頃にはもう冬が来ています


きっと美味しい蜜なんです

10月にわの備忘録

ホトトギスにはサンゴ行き交う小魚よろしく蝶やハナバチやホウジャクが蜜を求めていつも飛び回ってます


この秋はここまで雨空曇り空ばかりでしたが

10月にわの備忘録

うまい具合に満月の夜はちょうど雲が抜けていました


にゃんこ達はというと

10月にわの備忘録

気持ちのいい場所を見つけては寝こけ、、たまに蝶を追ってみたりの相変わらずぶりですが

気温が下がって少し肌寒くなって来たこの頃は
ヒト膝を所望しそこでまあるくなっていることも増えました

かれらの秋の俄然食欲増し増し現象も例年通り
それぞれが脂肪を蓄えた冬仕様モードになりつつあって、皆ふくっとまあるくなっています


(E-5 SigmaApoMacro150mmF2.8 ED50mmF2.0Macro ED50-200mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II)