「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

さらに、、カルカッタ目前 


なんとか準備もだいたい整っていよいよですね
それにしてもなんで旅前はいつもドタバタになっちゃうんでしょうね、、やること多くてグッタリです

ともあれコルカタのチャンドラ・ボース国際空港に到着し無事空港を出たらプリペイドタクシーに乗るわけです

コルカタ風景

格安航空券の常で深夜着ですからコルカタは夜

コルカタ風景

かなり深夜ですからこんな感じなのかもしれませんね、、

コルカタ風景

コルカタが旅人達に「世界最悪の街」と称されつつもひどく愛されていた、そんな時代はとうに過ぎ

コルカタ風景

今では延々ずらっと居並んでいた異形の物乞い達もどこぞへかと姿を消して

ずいぶんと変わったといえばまったくその通りなのでしょうが

コルカタ風景

やはりそこはコルカタです、、なんらかの弩迫力を今回も見せつけて来るんだろうと思っています

コルカタ風景

コルカタから入国して数日カラダを慣らしたのちに内陸に向かって、とりあえずはバラナシにご挨拶の予定
そのあとの行程は未定でいつも通り出たとこ勝負です (^^ )

コルカタ風景

現地からの旅ログ、今回のインド旅ではなかなか難しいのかもしれません
東南アジア辺りではWi-Fiが飛びまくっている昨今ですが、、、
忘れてましたがインドはWi-Fi探しもしくは通信クォリティーに難儀するお国柄

ネットに自前のタブレット端末を繋ぐ方法はいくつかあるのですが
レンタルモバイルWi-FiだったりSIMカード買ったり結構なお金を出してまでネットに繋ぎたい人でもありませんし
むしろ現状のネットにひっ絡まった状態から一時退避も良さそうだ、、そう思ってしまうところもあります

サイバーカフェ(ネットカフェ)は多いのですがインドの端末にSDカード刺すのもなんだかイヤな感じですし
完全に忘れているWindows機の操作を思い出すのももはやメンドクサク思えてしまいます

ですので
・今回は訪れた土地でWi-Fiが飛んでいてお気軽にネットに繋げるようでしたらブログを更新します
・訪れた土地でWi-Fiが見つからなかったりメンドクサイ手筈を踏むような場合は当分更新しないこともあります

そんなこんなで旅のライブ感をお届けしたいとも思うのですが、相手がインドですからどうにもね、、、
ブログの更新が無いと心配される方もいますから、あらかじめお知らせしておきます
(もうひとつの絵画教室のブログの方は自動更新のセッティング済みですのでコンスタントに更新される予定です)


ということで、しばしの日本脱出、、それでは皆さん、、、いってきま〜す!


(写真/Olympus E-520/ZD14-45mm F3.5-5.6)

もうすぐカルカッタ 


はじめてこの街コルカタ(カルカッタ)を訪れてから、そろそろ30年になろうとしています
今回の画像が2009年のもの、、この時以来ということですから

コルカタ風景

今回は7年ぶりのコルカタということですね

インド入国で入り口の街としてワタシタチが選ぶと、、出来ることならコルカタから始めよう、となります
入り口の街としてのニューデリーも馴染み深いものがあるのですが

コルカタ風景

ずっと変わることはないだろうと思い込んでいたインドも近年は変わりつつあるわけで
その様子が表層を覆っているように感じられるニューデリーをこの頃は避けるようになってしまいました

コルカタを流れるフグリー川にハウラーブリッジ、、このあたりは変わらないだろうなぁ〜

コルカタ風景

風前の灯火と言われてからすでに久しい「コルカタ名物人力車」は健在なのだろか〜

コルカタ風景

博物館で折れこの先真っ直ぐいくと安宿街で名のとどろくサダルストリート

サダルストリートは文句なしに楽しみなわけですね
世界中のバックパッカーが集う場所ですからパッカー界のリアル今を目の当たりに出来ますからね

コルカタ風景

ザックを背負った各国からの猛者に強者が次の街へ向けて体を休めていることでしょうし

また、学者に画家にカメラマンに舞踏家に詩人に鳶職人にパン屋さんに看護師さんに決意の退職者に年金受給者等々
世界中の多種多様でどこかしら奇天烈な方々が少し疲れ気味にコルカタをきっと楽しまれていることでしょう

もし出来たら往年の安宿キングである「ホテルパラゴン」にも泊まりたいもの
牢獄チックな部屋ではありますが、変わらず強烈なパッカー臭も醸し出していることでしょうし

コルカタ風景

言ってみれば30年来たびたび訪れてきた定宿とも言えちゃうわけで
この歳にしてパラゴンが定宿なんてだいぶ恥ずかしい事なのかもと、、、自覚はあるんですよ (^^ )

コルカタはジンジャーの利いた旨いチャイが伝統の素焼きカップで頂けましたが、、こちらも健在でしょうかね〜

コルカタ風景

10日後にはすべては目の前に出現して、全部判ることですね


準備たけなわの日々なのですが
どうも対インドで初心に返り過ぎちゃったか、、緊張度数が高くってたびたびホゲっとフリーズしています
パッカーとして長い旅ではないので旅中の不調で寝込むヒマは無く、まだ残る風邪を治しとかないといけません


(写真/Olympus E-520/ZD14-45mm F3.5-5.6)

回想・紅葉の秋旅 


本来ならばもういっちょ秋旅へと出掛けているはずでありましたが、、、
長引く相方のゲホゲホ風邪がとうとうワタシまで来て、やっぱりおんなじゲホゲホとなって

調子が悪いんじゃしょうがないと、あっさり旅は未決行となりました
山形 秋田辺り狙って、ぐるっと周遊のんびり旅の予定だったのですが、、、

そこですっかりいじけてクサクサしつつ、、以前の秋旅画像をパラパラと

回想秋旅

こちら北陸を巡った旅ですね、、立山辺り

画像データを見ると11月はじめの丁度今頃、使用カメラはOlympus E-300とあります

回想秋旅

E-300は今も手元に残りますが、ワタシがコンデジから一眼デジに移行した初号機ですね

立山の山懐は微妙に紅葉が終わり行く、そんな季節でした

例によってご当地メニューをまぐまぐ食しつつの旅です
回想秋旅
おろしの越前蕎麦は笏谷そば
回想秋旅
これは蓋が閉まらないなんてもんじゃ無いですね、、笑 福しんのソースカツ丼(大)

当時コダック社製のCCDセンサーを積んでいたOlympus Eシリーズはポジフィルム的な発色との評判でした

回想秋旅

たしかに記憶色に寄ったその発色はそう思わせるところがあって
青描写を「コダックブルー」や「オリンパスブルー」などと称してファンは喜んでいましたよね

滝見台園地にて 称名の滝辺りの紅葉風景が続きます
回想秋旅
落差350mは日本一です

あっさりよりもコッテリ、透明水彩より不透明のガッシュ、色筆でもうひと盛りしたような発色
ちょっと自然さに欠けるなぁ、そう思うもハマればハッとする絵をコダック画像素子ははき出しました

回想秋旅

難と言えばホワイトバランスのじゃじゃ馬ぶりが相当に酷く
オート設定等もはや信用ならず、当時のE-300使いは皆その都度手動設定をされていたことでしょう

今思えば、バランスよりも癖を楽しむこの機種はちょっと古い欧州車との付き合いにも似ていましたね

この旅は福井 石川 富山と北陸を巡りさらに紅葉求めて北信州へと入っていきました。戸隠山をかすめて
回想秋旅

そもそも数あるカメラメーカーからなんでOlympus?E-300だったの?そう問われてみたなら

その当時いちばん値頃感があって抜きん出て買いやすかったから、、と

黒姫山を映す野尻湖に至り
回想秋旅

当時まだ銀塩志向の残るワタシはデジカメをカメラでは無く家電ラインのものと思っていましたし

一眼レフ趣味は銀塩で終了。デジカメはコンデジで十分、以後は機動性を生かしてスナップで楽しみましょう

さらに紅葉は続きました
回想秋旅

そんなふうに思っていましたが

その頃に、ちょっと知られたデジカメ使いであるIKさんとの出会いがありまして、たびたびカメラ談義
あっさりとデジ一眼への扉を開けて下さいました m(_ _)m 

それから10年近くただの値頃感から選んだOlympus数機種を使い続けてしまい、あれよと今に至ります

(写真/Olympus E-300/ZD14-45mm F3.5-5.6/Canon A80)