「にわあそび・ときどき旅」

身近な観察、日々のこと、旅のこと・写真でつづり書き散らかしていきます

信州広域小旅・part1 


夜明けの中央道飛ばして
信州小旅

とりあえず早朝の八ヶ岳PA
信州小旅

モルゲンロートに染まる甲斐駒拝んだら、、体を伸ばしてちょっと仮眠
信州小旅

むっくり起きて八ヶ岳PAベーカリー、朝の焼き上がりパンと淹れたコーヒーにて朝めし
信州小旅
ここの焼きたてベーカリー、うまかったんで2度買いしましたよ

朝八ヶ岳、、薄雲があるもののめっちゃいい天気
信州小旅

相変わらずルート方角無計画、いつも通りにバタバタ相方と出て来ましたが
塩尻辺りで中信かな〜南信か〜?となって、とりあえずは中信か〜、、で秋小旅はじまり

山取材で走り慣れた安曇野はどこ見ても秋景色でしたがどこへも向かうことなく
信州小旅

蕎麦屋を目指します

着きました
信州小旅

なんたってこの季節
信州小旅

旧美麻村蕎麦どころの新行
信州小旅

いつから来てたか忘れましたがずっと変わらない田舎のお蕎麦屋さん
信州小旅

水の如きさらさらと
信州小旅

飾らぬおいしい山の蕎麦、ぺろっといただきました
信州小旅

お蕎麦屋さんでおいしい水も汲ませていただいて
信州小旅

今日はもういいでしょう
信州小旅

爺が岳から白馬まで新雪付けてるのを確認して、明日を楽しみに今日は仕舞いです
信州小旅

で、ひとっ風呂浴びに紅葉の高瀬渓谷葛温泉
信州小旅

鄙び系風情漂う高瀬館
信州小旅

湯量豊富、すべての縁から温泉が溢れ流れています
信州小旅

50人位は入れそうな大きな露天風呂、こちらも滝のように湯が流れ出ていました
信州小旅

源泉掛け流し単純泉。源泉90度ですから加水ですね、それでもがっちり熱めの痺れるお湯でした

先日軽く出掛けてきた小旅の記録、少し続きます


(Olympus E-5 E-P6 ZD11-22mmF2.8-3.5 G20mm/F1.7 ZD14-54mmF2.8-3.5II)


旅回想[@2016]・マディアプラデッシュの神々 


前回のアジア旅から刻が経ってワタシの中の旅が切れて来てしまった上に
台風は来るし、この頃は選挙なんかがあるものだからさらにクサクサして来てしまって実に困ったものなのです

こんな時はせめて脳内だけでも彼の地へと飛んでしまいましょう
ということで、今回はワタシにしては珍しい神様ネタでいってみます

マディアプラデッシュの神々

インドを旅していると国名がヒンドゥーから来ている位ですから実に様々なヒンズーの神に触れることになります
とくに寺院や遺跡等に出向かずとも、ふらっとその土地を歩いていればどこでも神様が沢山なのです

土産物屋やちょっとした売店にもヒンズーの神が並んでいますし

マディアプラデッシュの神々

北インドでは下のようなポストカードや大判の印刷物がとてもポピュラー
若き横尾忠則がインドを旅して当時作風に影響を受けていたのもこのタイプの図案でしたね

マディアプラデッシュの神々

ちなみに上の神様はヴィシュヌ神
はるばる日本まで広まった仏教の開祖仏陀はこちらヴィシュヌ神の化身である
というのは、仏教の生まれ故郷インドでは定説であってよく知られたお話し
ですのでインディアにおけるヒンズーの民にとっては仏陀もヒンズー神その一部として考えられています

と、こう書きつつ今回書きたいのはヒンディー神様イロイロの考察などではなくて
前回2016年に巡ったマディアプラデッシュ州にて出会った神々のビジュアルについてなのです
インドは大変広く地方色豊かですので「美術人が見て楽しかった土地の神様」という感じでお伝えしたく思います

聖地オームカレシュワルの山のてっぺんに鎮座する金ピカ巨大シバ神です
マディアプラデッシュの神々
バラナシから喧騒を無くしたような山奥の美しい聖地にはシバ神が燦然とそびえ輝いていました

マヘーシュワルでもふと見ればヒンディー神様で、こちらはガネーシャ
マディアプラデッシュの神々
アートな雰囲気できまってます

オームカレシュワルの山上寺院にて祠に鎮座した神様です
マディアプラデッシュの神々

上の神様の前で日本で言う狛犬のような形で2体並んでいました
マディアプラデッシュの神々
獅子でしょうか?造形的にはのほほんとしてかなりユルさを醸し出していたように思います

同じくオームカレシュワルの巡礼路で見かけた神々です
マディアプラデッシュの神々
とても土着を帯びた雰囲気で、このあたりから自然石の造形を生かし見立てている事に気付き始めました

こちらの神様も自然石見立て系になりますでしょうか
マディアプラデッシュの神々
どこでも神事となると荘厳や精緻や神秘が付き物に思われますが、こちらは実にあっけらかんとして見えます

マヘーシュワルで出会ったガネーシャも素朴な見立て系に感じられましたが、いかがなものでしょう
マディアプラデッシュの神々

オームカレシュワルでのガネーシャ、もう造形として何とも言えず素敵
マディアプラデッシュの神々
プリミティブな感じがカッコイイです

こちらもガネーシャ(御存じかと思いますがガネーシャは象さんの形をした神様、日本で言う布袋様になります)
マディアプラデッシュの神々
ゆるくとろけるような造形です

マディアプラデッシュ州を旅して歩いて、出会う神々の特異さに気付き始めるともう楽しくて楽しくて
いつものインド旅以上に神様の姿を追い求めるようになってしまいました

ただインドでも旅人がかなり少なく旅人的に言えばマニアックな州となりますので
帰国後こちらの神々のいわれを調べようにもかなり情報が少なく検索かけてみてもほぼヒット無し
ですので今回は裏付けは無し、、添え文は単なるワタシの主観による感想文とお思い下さい

緻密を微塵も感じない大らかな神様造形はマヘーシュワルの散歩道での出会いです
マディアプラデッシュの神々
やりたい放題感があってどんどんのめり込んでしまいます

神々が祠に並んでおりましたが自然石見立ての原型のような風情です
マディアプラデッシュの神々
いわゆる荘厳神秘のセッティングでは無く、プリミティブかつゆるく明るくであると受けとめました

何も言うまい、、が、とても、かわいい、、、(神様に対して失礼に当たりますでしょうか、、)
マディアプラデッシュの神々
当然ですがヒンドゥーの民々は熱を帯びて拝んでいきます

もはや天真爛漫な自由さにLoveと言えます
マディアプラデッシュの神々

今回書きながらあらためてインドの奥行き懐の深さを感じずにはいられませんでした
旅人少なく荒涼とした、いにしえのデカン高原
マディアプラデッシュ州に再度入って私的調査を続行したくもなりました

おかげで日本に留まってこびり付いてくるクサクサ気分も少しだけですが晴れた気もしますし
相変わらずのベリーサンクスインディア、ということでまた次回


(Olympus E-5 E-P6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II )

旅回想[@2016]・カーリー周辺から 

旅回想カーリー周辺

前回のアジア旅から刻が経って旅が切れて来たようです
日本に長いこと留まっていると何も背負っているわけじゃないのにどうもずっしり肩が重くなって来てしまう、、、
これは困ったことなのですが、実際そうなのですから仕方がありません

自身の中の旅が切れてくると、、このブログでは旅回想がはじまるというルーティーン
毎度のことではありますが、、どうやらまたその時期がやって来てしまったようです

ということですので、とりあえず、、、
2016年初頭のインド旅からとりとめなく回想切り出しいつもの駄文添えでいってみます


【コルカタのカーリー女神寺院周辺から】

旅回想カーリー周辺

コルカタのカーリー寺院周辺はどこにでもあるインド街風情といえばその通りなのですが
ここがやっぱり他と違うのはカーリー女神寺院があることに他ならないわけです

旅回想カーリー周辺

コルカタに数日過ごしてやることも無くなると毎回なんとなくやって来てしまうのがこの辺りでもあります

お布施をせがまれるのが見えてますので寺院には足を踏み入れません、、いつもただ辺りを歩くだけです

旅回想カーリー周辺

聖地らしく周辺はお花に溢れて

ただ目的もなく歩いているのですが、引っかかるなぁ〜というシーンが点在しています

旅回想カーリー周辺

参道には土産物屋が軒を連ねて神様グッズをはじめ安物の指輪に腕輪、子供のオモチャなんかを並べています

旅回想カーリー周辺

ヒカリが格別にイイんですよね、、写真撮り屋からすると堪えられませんね

旅回想カーリー周辺

ヒンズーの重要聖地ですからどこか背筋がゾワッとするような聖地感に溢れていますが

正邪混在がベースのヒンズー教らしく、邪を排除して全て清くまとめてしまおうということもありません 

旅回想カーリー周辺

排除することなく同在しているということはコントラストが際立つということでもあります

旅回想カーリー周辺

正も邪も聖も俗も清いも汚いもその他もろもろ皆コントラスト、、互いがあってこその存在です

その意味でいくとこの辺りはどこも深い闇にあふれています

旅回想カーリー周辺

灯りに照らされないダークがあってこそヒカリがより美しさを増して見えます

旅回想カーリー周辺

自身が映画のシーンに迷い込んだのではないかと錯覚することはインドを旅しているとよくあることなのですが

コルカタでのこの辺りは知る限り異界感がアタマひとつ抜けています

旅回想カーリー周辺

そぞろ歩いて雑貨屋をのぞき込んでも、、、
そこには味わいあるもの美的に優れたものが詰まっていると見えて来ます

旅回想カーリー周辺

インドの方々に言わせれば「そんなつもりも無いし、そんなはずは無い」そう言うのかもしれませんが

極東の島国からやって来た旅人の目にはいつもそう映ります

旅回想カーリー周辺

(OlympusE-5 ZD11-22mmF2.8-3.5 ZD14-54mmF2.8-3.5II)



画像資産は山とありますので「2016年の旅から」ということで続けてみるかもしれません
いつもどおり、気が向いたら、、ですけどね (^^ )

この頃日記と覚えがき 


いやいや、、またまたのお久しぶりです

いつもこの時期は寒いので日本に出来るだけ居ないことにしましょうと
南方方面へ出掛ける様にココロ掛けているのですが
なんとなくこの冬はおとなしくしていようとの合意で進んで、、ひっそり過ごしております (^^ )

別段変わったこともありませんが、このところ老眼のせいか眼の調子が良くって
といった言い方も変ですが、、ひと頃かけていた眼鏡も使わずにこころもち焦点が合ってるような、、、

2月のいろいろ

まあ日々揺れる眼ピントがたまたま合っていると言うことでしょうからね、一時的なものでしょうけれど
それでも本が読めるのが有り難い、、手に入れたものの読めず積まれた本をまとめて読んだりしてるこの頃です

それではブログのそもそもは日記、ということで淡々と2月の日常などを


絵画教室の若手生徒さんの手も借りつつ土手の草刈り整地に取り掛かりました
2月のいろいろ

伸びすぎた木枝もバサバサ落としましたが
2月のいろいろ

ハサミを入れて掃除してこれらは家遊びのオブジェや教室の工作部材になったりもします
2月のいろいろ

土手からは形良い中型のキイロスズメバチの巣も出てきましたのでこちらも大切に保管です
2月のいろいろ

天気のいい日にはお手製の染め砂いろいろが干され、、これらはこれから砂絵マンダラの材料となります
2月のいろいろ

こんな有様を眺めつつにゃんこたちは暖かになって来た日差しを楽しんでいるようです
2月のいろいろ

ずっと以前の教え子がマダムとして立つイタリアンレストランに出掛けたりもして
2月のいろいろ

実家の父と相方のお誕生日ということでしたが、温かなもてなしに美味しく和やかな時間となりました
2月のいろいろ

両親の住む三浦海岸まで戻ってみると、早咲きの河津桜が満開でした
2月のいろいろ

駅前の出店屋台も終わった時間で人は引けていましたが
2月のいろいろ

ライトアップされた夜桜にしばし見とれるのには三浦のユルイ空気も丁度よく
2月のいろいろ

ぼんやりと春の先取りを楽しみました
2月のいろいろ

にわの梅花は今期まったくありません
2月のいろいろ

昨秋に大剪定しましたから来春以降の花が楽しみかな、といったところです


(Olympus E-5 E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5 ED50-200mmF2.8-3.5)

西伊豆小旅・5  


昨年末からポツリポツリ続けている西伊豆小旅ものですが、、まだもう少し続いてしまいます

西伊豆小旅

西伊豆松崎町にある「岩科学校」、、伊豆の最古にして日本で3番目に古い小学校建築です  

西伊豆小旅

明治の1880年竣工、重要文化財指定になっていて地元の子には「重文!」と呼ばれているそうです

和洋折衷、初期の洋風様式に地元スタイルなまこ壁が多用されたシンメトリーデザイン

西伊豆小旅

近年予算をかけて半解体の保存修理も経て建物コンディションも良好

材も出来るだけそのままに修復ということで枯れた木材な味わいに囲まれます

西伊豆小旅

かつて建築時の総工費中4割程を地元の方々の寄付金で賄ったそうです

西伊豆小旅

明治という新しい時代、これからは教育といかに人々が夢を抱いていたかをうかがい知ります

西伊豆小旅

校舎には古いものがいろいろと展示されていました

西伊豆小旅

どれもただ普通に使われてきた古いものですが、時間フィルターが掛かると造形に趣が出ているようにも感じます

西伊豆小旅

蚕で作られた町や村は日本各地にありますが、松崎もかつては松崎製糸場を中心に栄えていました
これだけ立派な学校が当時伊豆のはずれで建ったのはきっとお蚕さんのおかげなのでしょう

西伊豆小旅

こじんまり郷土史的展示で楽しみましたが、2階奥の和室「鶴の間」は特に印象に残りました

西伊豆小旅

地元松崎生まれの鏝絵職人「入江長八」作、、鶴は欄間を囲むように138羽飛んでいるのだそうです

西伊豆小旅

学校の和室と言うには暗さも素っ気なさも無く

明るく突き抜けたハイセンスぶりと当時の大らかな気風がよく出ています

西伊豆小旅

鏝絵はずっと以前同じ松崎の長八美術館で観てその時は肌に合いませんでしたが、、「鶴の間」は素敵でした
鏝絵は額に入るより壁に収まってこそ、ということかもしれません

それにしても昭和平成のとかく何でも壊して立て直せ的風潮の中、、よくぞ建ち残ったものです

かつてからこの地域の方々が繋ぐ意志と見識の賜物と思います


(Olympus E-PL6 ZD11-22mmF2.8-3.5)